2011.04.10

兵庫_天然療養泉 恵美寿湯

「明石の有馬温泉」
・・・という、雑誌に掲載されていた温泉の説明文を見つけ、
以前から気になっていた温泉

「天然療養温泉 恵美寿湯」

最近、関西のいい温泉を堪能してみることが
ちょっとしたマイブームになっているのです

大阪駅から最寄の駅まで約40分。
明石の海を眺めながら、コトコト電車に揺られてやってきました。


温泉は閑静な住宅街の中。
辺りには団地で遊ぶ子供の姿、開店を待つお母さん達の姿・・・
恵比寿湯概観_R

15時になりました。
さぁオープンです!
この時間に並ぶ方は皆、常連さんばかり。
慣れた感じで番頭さんに一礼して脱衣所に進みます。
(慌てながら私もその群れについて行くのです^^;)
恵比寿湯看板_Rふろんと_R

脱衣所は昔ながらの造り。
古き良き銭湯の風情が漂っていました。
P1120294_R.jpg

(浴室は広く、内湯の種類もジェットバス、水風呂など多いのですが。。
やはりホンモノの温泉を堪能したいので、
ここは敢えて、源泉風呂がある露天風呂だけをクローズアップします。)


【源泉が引かれている露天風呂】
左の緑っぽい色の湯舟は地下から溢れた源泉そのまま、28℃。
右の赤褐色っぽい湯舟は、源泉を加温したもので40℃ぐらい。
交互に入ることで温浴効果がアップするとされています。
恵比寿湯_R
※源泉名:湧昇の湯、泉質:含鉄ーカルシウム・ナトリウムー塩化物泉、泉温:27.8℃
(加温湯舟は40℃)、PH:6.0、色:(源泉風呂:うぐいす色、源泉加温風呂:赤褐色 
※緑から赤褐色へ・・・空気に触れると湯の色が変色します。)、香り:微かに鉄、
味:鉄と程よい塩の味。微かにエグミも。特記:源泉風呂は温泉の香りそのものだけど、
加温の方には消毒が施されているようで薬品臭が強いのが気になりました。


そうそう!恵美寿湯さんでは
まず、この2つに感激しました(^▼^)

浴槽の岩と岩の間から、「ざざ~ッ!!!!!!」と、
けたたましい音を出して、溢れ出す源泉のドバドバっぷり。
ほら、結構すごいでしょ?
どばどば横_R
P1120289_R_20110410140735.jpgどばどば_R

そして、

湧きたてホヤホヤの湯だからこそ見られる
大地の天然油「鉱物油」の膜

ご主人に伺うと、この「油膜」
新湯を張りたての時は、水面全体に層を成すようです。

本当は、この油、大地から獲れた天然のものだから
お肌に良いのだけど、常連さんが気持ち悪がるので
開店前に敢えて掻き混ぜ、溶かしているそうです。
P1120272_R.jpg油膜_R

源泉風呂と加温風呂の湯口。
加温風呂の湯口付近は、スペースがあるので
肩に湯を当て、打たせ湯するお母さん達がたくさん居ました。
P1120261_R.jpgP1120263_R.jpg

湯舟にこびり付いているオレンジ色の錆び色、
地層から出たばかりの緑色がかった新鮮な鉄泉・・・
独特のエグミ・・・
むしろ、有馬の湯より濃厚に感じました。

私は、無加工の源泉風呂(28℃)に
夏、浸りに訪れたいなぁと思いました。

・・・・・・・

帰り、フロントのロビーのショーケースに、
あるものが展示されてあるのを見つけました。

温泉を掘るときに使った、強力な掘削機械「ダイヤモンドピット」と、
明石近辺の地層を成す「花崗岩」という硬い岩盤だそうです。
ダイヤモンドピット_R花崗岩_R
※左上写真:強力な掘削機械「ダイヤモンドピット」
※右上写真:掘削の時に採取された「花崗岩」

現在では、ごくごく自然に170L/Lの含鉄泉がドバドバ湧出していますが、
温泉の掘削時は、この「花崗岩」が邪魔になり、途中で掘削を諦めようとした程
大変だったそうです。

「まさか、明石に(希少な)含鉄泉が掘れるとは!」
最初は驚きを隠せなかったようです。

こういう苦労があっての大地の恵み。
感謝しなきゃです

「銭湯で最高の贅沢を・・・」
銭湯で最高のぜいたくを_R
※上写真:最寄の駅に掲載されてあった看板。コピーが妙に気に入りました。

; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...
銭湯紀行は続くで。
下のボタンをクリックしてや!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...

「天然療養温泉 恵美寿湯」(てんねん りょうようせん えびすゆ)
住所:兵庫県明石市貴崎4-6-12
TEL:078-922-4978
営業時間:15:00~23:00(受付~22:30)
休業日: 月曜日(祝日の場合は翌日休)
料金:大人410円
アクセス:
(電車)JR林崎松江海岸駅徒歩4分
(車)第二神明道路玉津IC国道175号4.5km
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/274-e3b73efd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
鍬渓温泉が閉鎖された今となっては、播磨地域では貴重な
鉄泉ですね。
私的には、もう少し評価が高くても良いのにと感じていま
す。

Posted by 単純硫黄泉 at 2011.04.10 23:31 | 編集
単純硫黄さん

そうですね!
鍬渓温泉の閉鎖は確かに大きい損失ですね。
(泉質もさることながら、
掘っ立て小屋の雰囲気と言い・・・好きでした。)

恵美寿湯では経営されているご家族の方が
やっとの思いで掘れた源泉やその使用法について、
親切に説明してくださいました。
確かに泉質もいいですし、
もう少しクローズアップされてもいいですよね^^
Posted by YOOMI at 2011.04.11 09:56 | 編集
ほんと神戸界隈は街中の温泉とは思えないほど素晴らしいものばかりです。
そんな中で、私はここ恵美須湯と武庫川温泉が素晴らしいですね。
Posted by まだこれ at 2011.04.12 09:52 | 編集
まだこれ さん

リンクの件ありがとうございます♪

恵美寿湯さんの源泉風呂は素晴らしかったです。
温泉掘削時の苦労話しまでお伺いして帰りました(笑
武庫川温泉はまだ未湯で近々行ってみたいなぁと
思っています。

Posted by YOOMI at 2011.04.12 11:37 | 編集
最近まで、恵美寿湯、知らなかったんだよね。(・_・)
Posted by たるぽん at 2013.07.02 16:01 | 編集
たるぽんさん。

コメントありがとうございます^^
恵美寿湯、いいですよね。
大好きです♪
Posted by YOOMI at 2013.07.10 00:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する