--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.16

和歌山_川湯温泉公衆浴場&河原の散歩。

6月に入って雨続きなので
5月のカラッとした空と、ほのぼのする写真をお届けします^^

和歌山は、川湯温泉をめぐった時の写真です。
朝から河原を散歩してみました。
P1120908_R.jpg

河原に降りると・・・
「おや!?誰か居る。」
かも_RP1120917_R.jpg

3羽の鴨が日向ぼっこ中でした
こんな愛らしい風景とも出会える。
「独特の平和な空気」は、川湯の魅力の1つだと思います^^
P1120898_R.jpg
「グヮッ、グヮッ。気持ちいいグヮッ。」


【川湯河原の露天風呂】
まずは河原を散策。
途中こんな岩造りの露天風呂もありました。
私が訪れた時は、湯を張っている途中。
3分の1ぐらいしか溜まってませんでした。
P1120911_R_20110615224847.jpg

河原を覗くと、ほら!
水面に輪っかが見えますか?
「ぷくぷく・・・・.。o○ 」
P1120912_R.jpg
川底から湧き出ている川湯ならではの源泉。
掘ったら、暖かい湯が出て一人用の湯船が出来るのかと思いましたが・・・
掘っても、掘っても冷たくて入れません(><)

この日は、雨が降った直後で若干増水気味ですが、
冬になると降雨量が少なくなり、川をせき止めることで
有名な「千人風呂」になる!
・・・なんて想像できませんでした。


【川湯公衆浴場】
川湯温泉街の丁度中心に位置する公衆浴場です。
源泉は、川の「上」から「中」、「下」全部で3種類あるそうですが、
公衆浴場は、その中でも最も浅いところ(地下約7m)から湧いている「中」に当たります。
P1120943_R.jpg

公衆浴場の前の川底にはパイプが引かれてありました。
ここから湯を浴場に送ったり、付近の宿に分けるそうです!
P1120927_R.jpg

川沿いをうろうろしていたら、
公衆浴場の前で、掃除をされていた番頭さんと目が合い、

「おっちゃんとこ、いっぺん、入ってみるか!?
入ってもうたら、良さが分かるわ。料金は、後ででエエデ!」


と、関西人らしい太っ腹ぶりにノックアウト。
細い通路を通り、吸い込まれるように浴場へ^^
P1120929_R.jpgP1120941_R.jpg

朝一なので、お客さんは誰もいないよう。
広い湯船を貸切で使わせてもらいました。
P1120930_R.jpg
※源泉名:川湯温泉(共同浴場)、泉質:単純温泉、泉温:49℃、PH:7.3、色:無色透明、香り:殆ど無臭、味:なし、湧出量:川の水と混ざって測定不能。

源泉の匂いや味は、
近くの松屋さんやみどり屋さんに比べてやや弱めな印象ですが、
熱めの新鮮な湯がザブザブ出て、朝から目が「シャキッ!」と、覚めました。
P1120932_R.jpgP1120937_R.jpg

帰りに約束通り、番頭さんに料金を支払い
その場を立ち去ったという訳です^^

*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:* 。o○o。.★.。o○o。.☆.。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
明日は晴れるといいのだが。。。
↑↑↑↑↑↑

*:..。o○☆○o。..:*゚*:..。o○☆○o。..:* 。o○o。.★.。o○o。.☆.。

「川湯公衆浴場」(かわゆこうしゅうよくじょう)
住所:和歌山県田辺市本宮町川湯1423
TEL: 0735-42-1633
営業時間: 午前8:00~午後9:00 ※休業日:木曜日(祝日の場合は翌日)
料金:大人(中学生以上)200円
アクセス:(電車)JRきのくに線紀伊田辺駅から龍神バス本宮大社前行きで1時間40分、川湯温泉下車すぐ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/287-bda50101
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
浴場の入り口にステンレスのシンクがあったでしょ。

あそこで、
軽食の食器とかを「源泉」で洗っているのよ。

ぜ~~~~たく!!!
Posted by ドン at 2011.06.18 14:40 | 編集
ドンさん。

ドン姉、返信遅くなってごめんなさい!
昨日旅先から戻りました^^

あのシンクで食器を洗ってるんだ!?
知らなかった(@@;)
川湯と同じく岡山の奥津とかもそうですけど、
源泉で食器洗ったり、洗濯物をするのは
本当に憧れる~!!



Posted by YOOMI at 2011.06.19 19:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。