2011.04.30

宮崎_あきしげゆ温泉_あきしげゆ

牧草畑とキャベツ畑が一面に広がる中、
ポツンと建ってる赤色の屋根。

まるで、「大草原の小さな家」の世界。
牧草畑_R

遠目で見た、その洋風の概観から一転し、
玄関前までくると、長年の年月を経て、
程よく朽ちた木で造られた山小屋風の建物。


そう、ここが「あきしげゆ」です。


ガラスの扉には、
「うすめず、沸かさず、飲んでよし、入ってよし」と謳った張り紙。
あきしげ概観_R

中へ入ると、丸太で造られた広~い休憩室があり、
その中に、ちょこんと座って「番頭」を務める、
優しそうな雰囲気のお母さんが迎えてくれます。
P1150179_R.jpg

さて。
お風呂に注目です。

一度に20人ぐらい入れそうな大きな浴槽、
薄い黄色の湯がひたひたまで溢れています。
shifukuonsen4 220_R

窓から差し込む太陽の光に照らされ、
その部分だけ、黄金色にきらきら光っているのが分かりますか?
この色、本当に美しいです。
shifukuonsen4 226_R

外に出ると圧巻

草原の中で湯浴みしている気分に浸れる露天風呂~
shifukuonsen4 242_R
こういうの、何て表現したらいいんだろう・・・?
とにかく、見た途端にうれしくなって
子供のように駆け込んでしまうようなお風呂♪なんです。

細いパイプの湯口から優しく注がれる黄金の湯。
少し水面が波打って美しいです^^
湯口_R
※泉質:アルカリ性単純泉、源泉温度:60℃(浴槽内42℃)、PH:8.6、色:半透明の黄色
香り:モール臭と微かな硫黄、味:少し硫黄の味、特記:手足に少し気泡がつく。


ぬるつる系で、びっくりするぐらい肌あたりの優しい湯
湯舟から’’地面を撫でる’’ように、穏やかに流れ出ます。
P1150232_R.jpgP1150227_R.jpg

手前に2つ、
コーヒーカップの形をしたお風呂でしょ。
P1150192_R.jpg


奥には樽風呂もあるんです。
ちなみに、私はコーヒーカップに夢中でした・・・(笑
たるぶろ_R


春の日差しが気持ちよく、うとうとしながら湯浴み。
「ん・・・なんだこれ?」
その時、ある張り紙(右下)を発見!

「露天風呂用の帽子!?」
風車?_Rむぎわらぼうし_R



P1150235_R.jpg



というわけで。。。
早速着用してみました^^
むぎわらぼうし入浴_R


肌に心地よい、ぬるつるのモール泉・・・
カントリー風の雰囲気・・・
どれをとっても、’’独特(オンリーワン!?)’’としか言いようがない。

だから、強く感銘を受けてしまうんです^^
これは、ツボに入るわ~!

; *:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...
昨晩帰還です^^
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...

「あきしげゆ」
住所: 宮崎県えびの市浦146
TEL: 0984-37-1171
料金:大人500円
営業時間:通年、 10:00~14:30(閉館16:00)
休業日: 毎月7~9日と9月27・28日
アクセス: JR吉都線えびの駅からタクシーで10分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/292-5982589e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
この日記を見ながら「そう!そう!」と頷いちゃいました~♪
広い空と見渡す限りの大自然…
日常を忘れ、のんび~り湯ったりと時間を過したい時にはいい処ですよね♪

あししげく(足繁く)通いたい名湯『あきしげゆ』は、宮崎の中では大のお気に入りです♪
Posted by くまのプー at 2011.05.02 13:08 | 編集
くまのプー さん。

あきしげは、九州温泉道でないと
出会えなかったなぁ・・・と改めて思います^^

あきしげ湯の独特な個性には驚きでした。
近々、もう1回行きたい~!

宮崎は、湯の個性が本当に違っていて
面白い。湯巡りしてても飽きないですね。
Posted by YOOMI at 2011.05.02 20:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する