--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.01

三重_トロッコで行く温泉「湯ノ口温泉」

九州へ旅に出る前、
4月の中旬に行ってきた温泉です。
インパクトの強い温泉だったので、
記憶が消えてしまわないうちに書きたいなぁと^^

和歌山の川湯温泉から車で少し走ると、
千枚田や渓谷など、とんでもなく美しく・静かな秘境に辿りつきます。

ここに、な・なんと!
昭和時代、鉱山で作業用として活躍したトロッコに
乗って行ける、知る人ぞ知る湯治場があるんです!!

「トロッコに乗って秘境の湯治場へ!??」

聞くだけで、好奇心を掻き立てられます♪

小鳥のさえずりが美しい、
無人駅「瀞流荘駅」で湯ノ口温泉行きトロッコを待ちます。

P1120949_R.jpgトロッコ案内_R

(ホ~ホケキョの声を聴きながら、待つこと20分・・・)

あ、トロッコが来た~!
トロッコと言うからには、屋根もドアもない簡素な造り
を想像していたのですが、実際は遊園地の子供用電車
みたいに綺麗に改造されてました。

トロッコが来た!_RP1120969_R.jpg

(ここからは、乗車の模様を動画でお楽しみくだされ^0^)
↓↓
【動画】トロッコ。湯ノ口温泉到着の瞬間

乗車中は、ガタ揺れ・・・
大地の凹凸を感じるリアルなトロッコでした!
窓もあったので、車内は寒くもなく快適でしたよ^u^;

約10分間のトロッコの旅が終わると、
徒歩で湯ノ口温泉の山荘まで向かいます。
到着!_R
ご苦労様でした、運転手さん!
P1120977_R.jpgP1120976_R.jpg

川沿いにデーン、と建つ
木造の鄙びた山荘。
これが「湯ノ口温泉」です。
湯ノ口概観_R

お風呂へ直行します~。

半透明の黄緑色に見える湯が、
岩と岩の間から外に溢れ出しています。
ところどころに、鉄錆びのような析出物が・・・
ゆのくち内湯_R
※源泉名:新湯ノ口温泉、泉質:ナトリウム・カルシウムー塩化物泉、泉温:45.7℃(浴槽内約44℃。露天は更に低い。)、PH:8.0、色:半透明の黄緑?、香り:余りしない、味:少し塩味。微かに硫黄。感触:ぬるぬる、と言うよりもサッパリしている。湯は柔らかい。特記:源泉の湧出量1200L/分、供給量320L/分

露天風呂の湯は、不思議と玉虫色がかったブルーに見えます。
これまた、縦長の大~きな湯舟なんですが、
湯は常にひたひた・・・・
湯量の豊富さを感じるです、ハイ(;´-∀-`)ゞ
露天_R
P1120989_R.jpgP1120990_R.jpg

ちなみに、こちらは湯治棟専用のポリバス!
湯治浴場_R
写真提供:Thanks!博士。

帰りにご主人と話しました♪

「湯ノ口温泉」は、
昭和50年代鉱山の閉山と共に、掘り当てられた源泉が平成になって
枯渇してしまったため、平成20年に本格的な掘削を行い、
(初代の源泉に変わって)新たな源泉を掘られたそう。

その結果、
温泉の湧出量(現在:1200L/分)や美肌効果があると言われる
メタケイ酸の量(現在:42.0mg)が以前と比べて大幅に増え、
さらにパワーアップした温泉に生まれ変わったようです

「いや~、以前の源泉と今の源泉を比べるお客さんが多くってね^^;
特に、関東からのお客さんは今の湯のほうが凄く良くなった!!
と褒めてくださるんですよ~。関東人の好みに合う温泉なのかな(笑)」

と、笑いながら話されていました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
「温泉」と「アヒル」のボタンを
プチっと、クリックしてくだされば、嬉しいのですがヾ(ーー; )


「湯元山荘 湯ノ口温泉」(ゆもとさんそう ゆのくちおんせん)
住所:三重県熊野市紀和町湯ノ口10番地
TEL:0597-97-1126
料金:(日帰り入浴)大人400円、(宿泊)バンガロー1棟6000円~
※寝具3組含む。 ※10泊以上は1泊につき1000円割引。
アクセス:(電車)JR熊野市駅から三重交通バス瀞流荘行きで45分、
終点下車、トロッコ列タクシーで10分
(車)紀勢道大宮大台IC~国道42・311号91km
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/295-1f7aadd8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
露天…いい色だなぁ♪

それにしても湧出量1200L/分、供給量320L/分
…ということは3分の2は捨て湯? モッタイナイネ!

トロッコ列タクシー?(笑)で10分とのことですが、
このトロッコの出入口の扉は狭そう、挟まりそう、つっかえそう。。。
オイラは乗車拒否されるかも・・・
Posted by くまのプー at 2011.05.02 11:14 | 編集
くまのプー さん。

そうそう、3分の2は・・・
多分、湯治専用のポリバスへ?
それでも、余るよな~。
・・・調べときます!

このトロッコの扉、ほんまに小さいです。
今、思わず、プーさんが1人でトロッコに乗っている
姿を想像してしまいました^^;
可愛い過ぎますぅ。
Posted by YOOMI at 2011.05.02 20:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。