2011.05.17

熊本_人吉温泉_新温泉

あれやこれやと、散らばってお届けしております。
至福温泉日記。
次は、(続)人吉の温泉紀行でございます


「新温泉」
昭和6年から創業。今も当時のまま受け継がれている
古きよき路地裏温泉です
P1130410_R.jpg

何だ、何だ何だ
この昭和初期の雰囲気漂う脱衣所!?
P1130414_R.jpg
バケツから顔を出してる男の子の看板は、
レア過ぎるでしょ!?

肩たたき椅子も、うちわも
超ヘビー級の鄙びを演出。
P1130418_R.jpgP1130416_R.jpg
※脱衣所にあった品々・・・。どれもこれも骨董品のよう。

「こんなに1つ1つの物が、まるで時が止まったかの様に、
当時のまま原型を留めている銭湯、まだ残ってるんや

と、いうのが正直な感想です。

【浴槽1】
お風呂は小さな石が敷き詰められたコンクリートの浴槽。
P1130442_R_20110517195049.jpg
ぬるめの薄茶色(紅茶色)の湯は、つるつるしていて、
ほんまに、めちゃめちゃ肌に心地いいです。

【浴槽2 浅めだから寝湯用?】
後ろの窓張りが、たまらなく風情あり^^
P1130421_R_20110517200640.jpg
※泉質:アルカリ性単純泉、泉温:42℃(浴槽内40℃ ぬるめで超適温^^)
PH:7.86、色:紅茶色(モール系)、香り:モール臭、微かに硫黄臭、
特記:11月~4月まで加温。湧出量:40L/分


新温泉の床や浴槽は、
アスファルトのような独特の素材で出来ています。

小さなコンクリートの突起がいっぱい出ているので、
常連さんの中には、ビニール製のお風呂用マットを床に敷いて
体を洗う方もおられました。
P1130427_R.jpgP1130435_R.jpg
P1130422_R.jpgP1130430_R.jpg

私が訪問した時、ちょうど地元の2人の女性が
熱く会話を交わしながら、入浴されていました。
どうやら、議題は「人吉市の選挙」みたいです。

突然2人の会話が止まり・・・
1人のお母さんが、ちらっと私の方を向かれました。

「あれ、、あんまり見すぎたかな????」
と内心焦る私。

と、お母さんが一言。
「よかと?ここの温泉♪」

「あ、はい。よかです!」




「新温泉」(しんおんせん)
住所:熊本県人吉市紺屋町80-2
TEL:0966-22-2020
営業時間:6:00~9:00、13:00~22:00 ※休み:第一月曜
料金:大人300円
アクセス:(電車)JR肥薩線人吉駅から徒歩7分 (車)九州自動車道人吉ICから約3km
; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ボタン、クリック、お願いします♪
; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/302-6e365f47
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
上から2枚目の写真の中で、左側の絵のようなスタイルで温泉を溜めて入る大人を知ってます(爆)


>後ろの窓張りが、たまらなく風情あり^^

ガラス壊すなよ!(笑)
Posted by 永遠の36歳 at 2011.05.17 22:34 | 編集
建物も浴槽も全て創業当時のまま…
こんな風情タップリの温泉に入れるのは嬉しいですね。
このままずっと変わらずに残してほしい一湯です。

ただひとつ…オイラが歩くと板張りの床がミシミシと悲鳴を上げるのが…
なんだか「痩せろ!」と言われているようで。。。(笑)
Posted by くまのプー at 2011.05.18 05:36 | 編集
脱衣所の広告看板の絵柄は
同じ商店ですが男湯と違いますね

創業当時の状態で営業を続けてる
今も地元の人に愛され大事にされてる
それが良い温泉の証じゃないかなと

悪けりゃ客も来ないでしょうし

店主の方、地元の人々に感謝です。
Posted by no spa no life at 2011.05.18 09:46 | 編集
永遠の36歳 さん。

> ガラス壊すなよ!(笑)
爆笑~^^よく分かってらっしゃいますね。
クラッシャーYOOMIですから。

バケツに入ってる大人は36歳さんの
ことでしょ??
Posted by YOOMI at 2011.05.18 15:08 | 編集
くまのプーさん。

大丈夫です^^;
私の時もミシミシいってましたから。。
(つまり痩せろってこと?)

しかし、新温泉辿りつくのが大変でした。
細い路地を入っていくので、何度周りの人に聞いたことか。

Posted by YOOMI at 2011.05.18 15:09 | 編集
no spa no life さん。

> 脱衣所の広告看板の絵柄は
> 同じ商店ですが男湯と違いますね。

そうなんですか!?
看板が、一番印象に残ってます。
あれも昭和初期のものなんでしょうね。

常連さんたちは、皆さん、何十年と通われてるようですね!
やっぱり自分の地区の温泉(新温泉)が一番良い!と、
自信を持っておしゃっていました。
Posted by YOOMI at 2011.05.18 15:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する