--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.08

鹿児島_吉松温泉_鶴丸温泉

過去記事にアップした吉松温泉卿「前田温泉」に続き、
とんでもなく特徴のある「湯」に驚きを隠せなかったのが
「鶴丸温泉」。

周辺は、
映画のロケ地に出てそうな、無人駅。
P1130637_R.jpg

そして、

広大な畑と農道。
お年寄りのデイケア施設もあり、散歩するお爺ちゃん、
お婆ちゃんともすれ違う、ほのぼのとした雰囲気です。
P1130643_R.jpg
P1130632_R.jpg

この時が止まったような集落にぴったり馴染む、
レトロな雰囲気の公衆浴場兼温泉宿。
それが「鶴丸温泉」です。

朝、駐車場に車を止めると、
浴室から、楽しそうな地元のお母さん達の話し声が響いてきます♪
P1130633_R.jpg
P1130634_R.jpg

【内湯】
壁には、立派な「鶴の絵」らしき(!?)鳥が描かれたタイル画。
そして湯舟には濃厚な焦げ茶色のモール泉
足を浸けると、湯面から足が薄っすら透けて見える程度の濃さです。
P1130596_R.jpg
※源泉名:吉松温泉 鶴丸温泉、泉質:炭酸水素塩泉、PH:8.3、泉温:65.8℃(浴槽内約44℃、色:濃い茶色。殆ど黒に近い。香り:高麗人参茶みたい。味:うん、これも高麗人参茶!


何に衝撃を受けたかたと言うと、、個性的な温泉の香り。
正直これまで匂ったことのない香りでした。

例えるならば、、、
「雨上がりのアスファルトの香り」??

もしくは

「高麗人参茶の香り」??
も~、とにかく、不思議な香りです!!
P1130599_R.jpgP1130605_R.jpg

地元のお母さんに混じって、1人湯舟の浸かっていると、
1人のお母さんが私に話しかけてこられました。

「ね~お姉さん。もう露天風呂行った?」

「え?露天風呂なんか、どこにあるんですか?」と、聞き返す私。

すると・・・
「これよ!」
お母さんが小さな小窓を指差して、そう言いました。
P1130614_R.jpg
♪窓のようで窓でない、露天風呂への入り口♪
(結構、見過ごす方、多いらしいです。。)

小さな窓をしゃがみながら、
通り抜けると屋外に立派な木造の露天風呂が~!
P1130615_R_20110507235523.jpg

露天風呂の色・感触は、内湯より濃厚に感じます。
※露天風呂:非加水・完全掛け流し。
P1130624_R.jpgP1130625_R.jpg
太陽に照らされた部分が、緑に変色して見えるのも、面白いです!
白い湯花の量も半端じゃない。
浮遊していると言うより、これは。
乱舞です、乱舞。。。

P1130630_R.jpgP1130620_R.jpg
鶴丸温泉の感想を一言で言うと、
「本当に出逢って良かった~」
この言葉に尽きる、個性的な湯でした。

しかし、
あのお母さんの一言がないと、
露天風呂へは入れなかった訳で。。。

お母さんに感謝です

=============================
鹿児島の旅は、まだまだ続きます~♪
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ぽちっと歓迎。
=============================
「鶴丸温泉」(つるまるおんせん)
住所:鹿児島県姶良郡吉松町鶴丸622-5
TEL:0995-75-2858
営業時間:6:00-21:00
料金:大人200円
アクセス:JR吉都線 鶴丸駅より徒歩約1分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/303-0233e159
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ここのモール泉は最高! 吉松の中でも大のお気に入りです♪

繊細で見事なタイル画…
私もず~と「鶴」だと思い込んでいましたが、ここのご主人に聞くと「鷺(さぎ)」だそうです。
鶴丸なのになぜ?…どうにも解せない。詐欺(サギ)に出会った気分。。。(笑)

んで、内湯の画像を見てまた疑問…男湯と女湯は交代制になったのかにゃ?
Posted by くまのプー at 2011.05.08 07:18 | 編集
くまのプーさん。

あの絵は「鷺」だったんですね!
またダジャレに吹いてしまいました(ー▼ー;)

>>内湯の画像を見てまた疑問…男湯と女湯は交代制になったのかにゃ?

実は、、、それには深い理由(てかハプニング)あり!
男性と女性の脱衣所を仕切る手押しのドアを、
トイレだと思いこんで、開けたら男性風呂でして(恥)
偶然、誰もいなかったんですけど。。。
掃除のお母さんが、その場面を見ていて、
笑ったついでに男性風呂を見学させてくださったんです。

Posted by YOOMI at 2011.05.08 12:28 | 編集
YOOMIさん、ちょっとご無沙汰でした。
精力的に温泉巡ってますね~♪

>本当に出逢って良かった~
そう言える温泉ってなかなかないですよ

>「雨上がりのアスファルトの香り」??
油臭なんて感じなのかな、気になる温泉ですね
入ってみたいですね
Posted by バカボンパパ at 2011.05.10 08:07 | 編集
バカボンパパ~ !
「雨上がりのアスファルトの香り」
・・・あは(笑)分かりにくいでしょ?
油臭でもないんですよ。。

温泉博士 4月号手に入ったので
パパのページ読ませていただきましたよ^^
湧出源泉の写真もリアルで素晴らしかったです!!
季節露天は福島県を代表する素晴らしい温泉ですね~。

ちなみに、
「二日前に止まってカラオケ・・・だったことも」
の写真の男性は、もしかして・・・パパですか?
Posted by YOOMI at 2011.05.10 13:31 | 編集
YOOMIさん、温泉博士見ていただきありがとうございます
季節露天は一度は入ってみてもいいと思いますので次回機会があったら回ってみてくださいませ。

カラオケの人は・・・実は私ですよ
特徴は身長183センチ 胴も長いぞ・・・アハハ
Posted by バカボンパパ at 2011.05.10 19:33 | 編集
おはようございます。
吉松。いいところだったなぁと思い出しながら読んでました。
鶴丸温泉の壁絵こんなにきれいだったんだとかんじました。
私の疲れもありましたが、とても混んでいてほとんど余裕が無かったですから。
それと、私が行ったときには50%の水で温度を下げているとありましたが、現在はどうなんでしょうか?
吉松では、泉質ではビジホ吉松温泉。雰囲気では、前田温泉が好きです。
Posted by まだこれ at 2011.05.11 10:22 | 編集
まだこれさん!

コメントありがとうございます^^
吉松の温泉は雰囲気も湯も独特で気に入ってしまいました!!
実は、鹿児島に行く前に、「マイナー温泉巡り」で「前田温泉」を
チェックさせていただきました。鄙びた浴舎がすごく魅力的で
「絶対行ってみたい」と思い早速、訪問です!
まだこれさんに感謝です♪

鶴丸は内湯のみ加水で温度を下げているようです。
比較的新しく出来た露天風呂は加水なしと聞きました。

ビジホ吉松というのもあるんですね。
知りませんでした。次の訪問課題にします^^
Posted by YOOMI at 2011.05.12 20:55 | 編集
バカボンパパ !

> YOOMIさん、温泉博士見ていただきありがとうございます
もう既に永久保存版で、手元に置いてあります^^

> カラオケの人は・・・実は私ですよ
> 特徴は身長183センチ 胴も長いぞ・・・アハハ

やっぱりそうですか^^凄く背の高そうな、
ダンディーな印象でした!
何と言っても、カラ桶で「・・・あれれ?」
みたいな、表情が良かったです!
Posted by YOOMI at 2011.05.12 21:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。