2011.05.11

鹿児島_紫尾温泉_しび荘(食事篇)

お食事は、奥の静かな食事処でいただきます♪

テーブルに付くと、びっくり!
綺麗な器に、豪華なラインナップ・・・
宿泊代は、1万円でお釣りが返ってくるぐらいの値段。
味の評判は聞いていたけれど、、正直ここまでとは、
期待していませんでした
P1130935_R.jpg


紫尾山だから、山のもの尽くし・・・
かと思いきや、
海・山しっかり織り交ぜられた品々でした!

海がそんなに遠くないからでしょうか?
刺身類が新鮮
P1130936_R.jpg

あと、これも絶品!
鹿児島の郷土料理「きびなごの刺身 with酢味噌」。
上品な味ですが、青物ならではの旨みのあるお魚です。
P1130948_R.jpg

「きなこ豚」と「黒毛和牛」をじゅ~じゅ~焼きます
鹿児島で湯旅を始めてから、毎日が「豚」尽くしです^^
P1130944_R.jpgP1130946_R.jpg

鹿もみじ刺し(左)に、猪ボタン鍋(右)
P1130943_R.jpgP1130941_R_20110510164016.jpg

デザートに「凍らした干し柿」(左)に、
自家製ひのひかり(右)
この干し柿のほのかな甘さと、
アイスクリームのような歯ごたえがハマりました。。
P1130954_R_20110510170427.jpgP1130951_R.jpg

過剰なサービスや気取ったところはないんだけど、
シンプルな中に、
旅の人を癒してくれる要素が、しっかりあります^^


例えば、
これまで幾つかの温泉宿を廻った方が、
しび荘を再訪して、
「やっぱり、しび荘いいよなぁ。」
と、言ってしまうような、そんな宿なんだと思います。

食事に関しては、特に。。。
「こんなに豪華でも大丈夫なんですか?」と、
思わず言いたくなる程、量も質も素晴らしい宿でした。

; *:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...
山の宿は、癒される~
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...
「旅籠 しび荘」(はたご しびそう)
住所:鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾2168
TEL:(0996)59-8001
営業時間:(日帰り入浴) 8:00~21:00
料金 :(日帰り入浴)大人300円 /(宿泊):1泊2食付8,760円~
アクセス:(電車)JR鹿児島本線 川内駅よりJRバス利用45分
(車)九州自動車道 横川ICより60分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/306-4e0de981
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
「過剰なサービスや気取ったところはない」…フムフム!
「シンプルな中に、旅人を癒してくれる要素がある」…なるほど~♪
ココも、そしてすぐ近くのくすのき荘といい…
料金を考えると「儲かってまっか? 大丈夫?」と思ってしまうほど!
素朴さはあるものの、期待以上のしっかりと満足感が得られる料理が出てくる・・・
だからこそ…
車で走ると1分もかからないほどのごく狭い温泉地であるにも拘らず、
温泉通や旅好きには人気があるのかも知れませんね。
Posted by くまのプー at 2011.05.11 16:25 | 編集
くまのプーさん。

そうだ、そう。
もう一つプーさんお勧めの宿「くすのき荘」!
家に帰ってから、温泉宿関連の愛読書を読んでいたら、
その宿が載ってました。ご主人が誌面で
「紫尾は、女性が一度入ったら虜になる湯」
とおしゃっていましたよ。
(私も虜になった1人ですが。。)

しかし、紫尾の料理は地産地消だから
成り立つのかしら?凄い、コスパですよね。

Posted by YOOMI at 2011.05.12 21:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する