2011.05.31

宮崎_湯穴温泉

再び九州篇^^に戻ります。

アップが全然出来ていない宮崎の温泉。
ここを紹介しなくては!!

コッテコテッ・・・ガッビガビ・・・になっていて
析出物が1つの芸術品みたいになってる温泉。
「湯穴温泉」 ←「つ・あ・な」と読みます。

これまで、宮崎の温泉と言うと、正直余りイメージが
湧かなかった私。

しかし、宮崎に入って1湯目が「湯穴」だった私は
個性的な茶色い湯の魅力に、完全に見方が変わりました
P1140951_R.jpg

丁度、霧島方面から宮崎に入った時の写真。
この日は晴天!新燃岳も綺麗に見えます。
おお~♪初の宮崎だ。
P1140948_R.jpg

宮崎弁の陽気な女将さんと少し話しをした後、
早速、浴室へ。

おおお~!最早、湯舟は丸みを帯びてて
原型がどんなだったか分かりません^^;
向かっての右の小さい浴槽が源泉の冷鉱泉、左が加温された浴槽です。
P1140967_R.jpg
※カルシウムー炭酸水素塩冷鉱泉、泉温:22.5℃(広い浴槽は加温して40℃ぐらいになってます。)、PH:6.2、色:土色の茶、香り:土系のような匂い、微かに鉄、味:加温の浴槽は味を余り感じなかった。特記:湧出量:30L/分(自噴)
※源泉浴槽にある蛇口をひねれば飲泉でき、シュワシュワ炭酸が味わえるらしい!お馬鹿な私は気づかず飲みそこねたらしい 

重炭酸土類らしい土色の湯面には、
(カルシウムの成分でしょうか??)
白い成分で膜が張られたようになっています。
P1140964_R.jpgP1140962_R.jpg
※右上写真:白い膜が張った湯面、
※左上写真:浴槽の淵・・・だけど析出物でもう原型が分からんー(笑)

P1140967_R_20110531193722.jpgP1140971_R_20110531193753.jpg
※右上写真:22.5℃の源泉浴槽


ほら!パイプっていうか・・・
恐竜の首みたいになってます σ(^_^;)
P1140963_R.jpgP1140966_R.jpg
P1140970_R.jpg

泉質は少し違いますが、
関西で言うと、和歌山でお馴染みの「花山温泉」を思い出します。
↓花山の記事はコチラ。
【過去記事URL】花山温泉

・・・ね、
似てるでしょ??

成分をもっとシンプルにして、
もっと飲みやすい味にしたのが
「湯穴の出汁」と言ったところでしょうか。。
(花山は超しょっぱい&えぐいので)

とにかく、来れて良かった~!

; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...
愛のクリックをお待ちしています^^
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ここです↑ 
; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...; :*:・。,☆゚'・:*:・。, ...

「湯穴温泉」(つあなおんせん)
住所: 宮崎県都城市吉之元町4518-9
TEL:0986-33-1380
営業時間 8時~19時 ※火曜休み
料金:大人300円
アクセス:日豊本線 都城駅から22km、車50分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/328-84956c0d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
女将さんは気さくで良い人なのですが、宮崎弁はオイラは半分は意味不明…
それでも会話は成り立つから面白い(笑)

何度か帰りにペットボトルに入れた冷やした源泉を頂きましたが、
ふたを開けるとプシュと炭酸音がして口の中はシュワシュワ~、
でもゴクゴク飲めるあまり癖の無い味です。
そして誰にも必ず言う言葉…「これ飲むと元気になるから頑張って!」
だからかな?…福岡や熊本などの遠方からの常連さんも多いらしい。

宮崎は「あきしげゆ」もそうですが、人の良いおばちゃんが多いですね。



Posted by くまのプー at 2011.06.01 05:47 | 編集
くまのプー さん♪

(爆)~!!!
癒し系女将の魅力にとり付かれて、遥遥福岡や熊本からも
来られてる訳ですね^^それは、おもしろいです。
…「これ飲むと元気になるから頑張って!」
と宮崎弁で言われたら、「は、はい ♥」って
素直に返事しちゃいそう。。

あきしげゆの女将も同じようにまた行きたくなる
魅力を持っていますよね!

口の中で音がするほど、炭酸が効いてるんですね~
何故、飲まなかったんだーー!!(後悔・・・)
Posted by YOOMI at 2011.06.01 21:50 | 編集
帯状疱疹後の神経痛に効果があると、
お聞きしていますが ?

Posted by 脇別府和廣 at 2012.12.02 21:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する