2011.07.21

愛媛_道後温泉本館

道後温泉本館。
ついに、行ってきました^^

夜の道後温泉界隈を散策~~♪

駅前の時計台(放生園)
道後駅前_R
浴衣を身に纏った人達が足湯
しながら笑顔で集っています。
幸せそうな風景をパシャリ


道後温泉駅前
道後駅_R
大勢の人で賑わい、
絶えず混雑しているのに
驚くぐらい落ち着く街でした。


商店街の前にある「柳の木」
P1190060_R.jpgP1190065_R.jpg
浴衣のお父さんが柳の下で撮影しているのも、
何だか絵になります^^


道後温泉本館 西側
道後本館1_R
「唐破風造りの屋根」とレトロな「ガス灯」・・・
建物全体から出る雰囲気は凛々しもあり、優雅でもあり、
無言で見惚れてしまいます


道後温泉本館 北側(坊ちゃん広場前から)
道後本館2_R
2階と3階の休憩室の簾が見えて、
ここからの眺めもええです


本館南側にある「玉の石」
今回の道後訪問で見たかったものの一つです。
玉の石_R
柵で覆われてる中に、丸い石があるのが見えますか?
道後の湯に浸かって見事に病気が治った
少彦名命(小さな神様。温泉の神、酒の神として信仰された。)
が、石の上で踊ったそうです。

道後温泉を発見した
と伝えられている「白鷺」

白鷺_R
こういう場所へ来ると、
つくづく「温泉」は日本の素晴らしい
文化遺産だなぁと思います♪


・・・さて。お風呂ですが。
私はお手ごろな価格で「道後温泉」の特徴
を味わいたかったので1階「神の湯」に浸かりました。
P1190105_R.jpg
御影石で出来た重厚感たっぷりの浴槽と、
浴槽の真ん中に置かれている湯釜(湯口)
の穴から湯が注がれ、

釜の下から湯を自分の肩や背中に当て
神経痛や凝りの部分を癒すお婆ちゃんなど、
総勢20人ぐらいの方が、湯を求めて群がっていました。

うーん。その光景は。。
「お風呂屋さん」、「銭湯」に来たと言うより、
「千と千尋の神隠しの湯屋の1シーン」
を観ているみたいなんだなぁ。
P1190106_R_20110720165044.jpg
源泉名:道後温泉第1分湯場、泉温:44.6℃(浴槽内約43℃)、PH:9.1
無色透明・無味・無臭 ※消毒あり、掛け流し。

お婆ちゃんに習って、私も肩に湯を当ててみましたが
結構熱くて、肩にジーンと効きます。

期待していたような''独特のヌルヌル感''は
余り感じられませんでしたが、
歴史を感じながら、掛け流しの熱い湯に浸かるひと時は
まさに「至福」の一言なのでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
↑応援宜しくお願いします^^

「道後温泉本館」(どうごおんせんほんかん)
住所: 愛媛県松山市道後湯之町5-6
電話:089-921-5141
料金:
【霊の湯 3階個室】1500円(大人) 【霊の湯 2階席】1200円(大人)
【神の湯 2階席】800円(大人) 【神の湯 1階】400円(大人)
営業時間: 6:00 ~ 22:00
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/359-17a2042e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
私も2度訪れ、神の湯で入浴しています。

4面それぞれに表情の異なる浴舎は、1994年12月に近代和風建築として国重要文化財に
指定されているだけあって、風情と風格を併せ持っていて、この建築物を見るだけでも
訪れた甲斐がありますよね。

神の湯は、朝一番から夜遅くまでいつも賑わっていて、写真どころではありません。
花崗岩の御影石で造られた湯船に、庵治石の大きな湯釜から無色透明の湯がたっぷりと
掛け流されていましたが、残念だったのが、県条例による塩素系薬剤の投与。
あれだけの入浴客ですから、仕方のない措置かもしれませんが、やはり塩素臭が少し気
になり、お湯だけなら「椿の湯」の方が上でした。
Posted by 単純硫黄泉 at 2011.07.21 20:09 | 編集
九州温泉道で、米屋別荘には行かれませんでしたか??

湯が独特で、背戸と呼ばれる迷路みたいな路地が特長の
杖立温泉 宿泊したのは何度かありますが、温泉と町並み
目的は今回がお初でした!

朝晩は涼しいですよ!エアコン無で寝てました(^^)V

鄙びな世界が残っていますよ
Posted by ヒジカタくん at 2011.07.22 11:38 | 編集
単純硫黄泉 さん。

>神の湯は、朝一番から夜遅くまで
>いつも賑わっていて、写真どころではありません

全く同じ状況でした^^;
地元の方は1番風呂に行かれるので開店の
6:00から1地時間後ぐらいが最も空いている
と、宿の方から教わり7:00に行きましたが
それでも20人ぐらい!さすが人気の浴場です。。

塩素臭は、人から聞いていたよりも、
それほど強い物ではありませんでしたが、
「湯」本来の独特の滑り、香りなどを楽しむことは
困難でした。

なので、本館では風情を楽しみ、
宿湯で何も加えない源泉かけ流しの湯を楽しみました。
Posted by YOOMI at 2011.07.22 11:56 | 編集
ヒジカタくん

> 九州温泉道で、米屋別荘には行かれませんでしたか??
米屋別荘は行きたかったんですけど。。
その日は積雪で、福元屋さんからノーマルの車では
危険かも・・・というアドバイスを受け、
そのまま、黒川・シンフォニー方面へ向かい・・・
杖立は、廻れずでした^^

あの路地見たら、杖立やっぱり行きたくなりました。
Posted by YOOMI at 2011.07.22 12:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する