2011.07.25

愛媛_湯之谷温泉

愛媛県西条市に入り、
国道11号線に沿って車を運転していると・・・

田んぼの向うに
「湯之谷温泉」

と、デッカイフォント・少し薄れた文字が見えてくる。
どこか昭和の大衆浴場の雰囲気も匂う。。
P1180834_R.jpg

痛んだコンクリートに、ペンキが剥げた屋根。
今度は小さく「湯之谷温泉
早速近寄ってみましたが、やっぱり何かいい雰囲気なのです^^
P1180788_R.jpg

玄関の扉は開けっ放しなので館内はとっても静か。。
外から蝉が「ジ~、ジ~ッ。」と、物凄い音で大合唱するのだけ聞こえます。
真夏の外気が入ってきて、蒸し蒸し熱~い
P1180793_R_20110725005748.jpg
※フロントの前には、木製のロッカー!多くの常連さん達に使い続けられた跡があるんです。


番頭さんが応対される木製の古い引き窓・・・
P1180823_R.jpgP1180790_R.jpg
1列に並べられた下駄・・・
P1180830_R.jpgP1180796_R.jpg
建物は昭和30年代に建てられたらしいのですが、
館内の装飾も、当時のまま「時」が止まったかのように感じました^^


「あ~、こんにちは。
今日は、いつもよりちょっと早いですね~。」

P1180816_R_20110725005949.jpgP1180818_R_20110725010011.jpg
廊下ですれ違う常連さんと従業員の方の会話も
日常の1シーンのように、ごく自然。

浴室と同様、唯一クーラーが効いている1F休憩室(大広間)には、
20人ぐらいの湯上りのおばあちゃん達が、
大きな木のテーブルを囲んで、何やら楽しそうに会話されていました。
地元のお年寄りの憩いの場になっているようです。

さて。
お風呂に行きましょうか??


【お風呂】
・・・あれ。空っぽ
P1180822_R.jpg
実はこちら旧浴槽なのです。

昔から西条の人々を癒し続いてた「ひょうたん型の浴槽」は、
(新しい浴槽を造ったたため)今は使われなくなり、
浴室自体は乾燥室となっているようです。

気を取り直して^^

【現役のお風呂】
2年前に造られた新しいお風呂です。
湯舟全体_R
概観から想像も出来ないくらい新しく綺麗なものでした。
個人的には、古い方に一度浸かりたかったけど・・・(笑)

全体的に、味や香りも殆どない、少しあっさりした印象
でしたが、よく見ると小さな白い湯花がたくさん浮遊していました。
P1180802_R.jpgP1180806_R.jpg
※源泉名:湯之谷温泉、泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉、
泉温:18.4℃(浴槽内約40℃/43℃)、PH:7.6
色:無色透明(加温の浴槽は、ほのかに白濁)香り:湯口に鼻を付けると、
硫化水素臭が微かにします。味:薄っすら塩味。感触:つるつる感はなく少し硬いです。


裏庭のボイラ室では、18℃と低い冷鉱泉
を薪で沸かされていました。
「加熱の掛け流し」
この拘りも、創業当時から変わらず受け継がれてらっしゃるようです。
P1180841_R.jpg


そうそう。
こちらのお風呂・・・何故か?

奥にあるサウナが大人気で、私が訪れた時も
常連さん5人中、5人がサウナINされていました。

サウナ室から出て来られたと思ったら、
そのまま水風呂に「ザブンッ!!」
と浸かって、またサウナ室へと消える

(お客さんが結構居ると言うのに、
誰も浴槽に浸かっていない不思議な光景

・・・と言う訳でですね、いつものように浴槽に浸かりながら
地元の方とお話ししたりする機会に恵まれずではありましたが、

1人ゆっくりと湯舟の腰を掛け、昔ながらの湯治場の湯
を独り占めできたということで、それはそれで満足なのでした!

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンを押してくださいね♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「湯之谷温泉」(ゆのたにおんせん)
住所:愛媛県西条市洲之内甲1193
TEL:0897-55-2135
料金:(日帰り入浴)大人360円、(宿泊)1泊2食付 5400円
営業時間:8:30~22:00
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/362-4d283860
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
全国に「湯之谷温泉」は多けれど…
18℃の冷鉱泉を「薪」で沸かしているなんて(驚)

いったい、一日にどれくらいの薪がいるのだろう?
ましてや一年ではどれくらいの量に・・・

ココは感謝して浸からねばなりませんね♪
Posted by くまのプー at 2011.07.26 05:20 | 編集
くまのプー さん。

> いったい、一日にどれくらいの薪がいるのだろう?
> ココは感謝して浸からねばなりませんね♪

さすがプーさん、いいご指摘ー^^
感謝して入らねばなりませんね!
何となく薪で沸かすと聞くと、昔の五右衛門風呂を
思い出しワクワクします。(私だけかなぁ)

あの九州の湯之谷とは又違いますが
ジモ泉っぽい感じがよかったですよ~
Posted by YOOMI at 2011.07.26 23:39 | 編集
こんばんは~。。。

ひさしぶりのライブでのコメです!
宿泊客はお遍路さんばかりでした。
今起きているのは自分だけでしょうね(汗)
温泉は、確かに、入った時はあまり特徴の無いお湯でしたが、
上がった後の今は、お肌ツルツルで結構気に入りましたよ!

でも、ひとつ、やってしまいましたぁ~
朝風呂が宿泊客も8時30分からなんですよ~(泣)
明日、得意先に9時でアポ取ってまして・・・
これじゃ朝風呂に入れないよぉ~・・・
常盤荘にしてけば・・・と後悔してます。
悲しいので、もう寝ます!!

今回もいいお湯、ありがとでした!
Posted by 湯次 at 2011.10.27 01:25 | 編集
またまた、久しぶりのライブです!
上のコメ見るとちょうど一年ぶりですが、
改装されて、お風呂以外は、
古さを残しながら、今風のオサレ感を取り入れられていて、
凄く変貌していますよ~
機会があればぜひ泊ってくださいなぁ♪
Posted by 湯次 at 2012.11.15 04:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する