fc2ブログ
2009.07.06

新潟_関温泉

ソムリエツアー第2弾は「関温泉」です。

ここは妙高山登山口の標高900メートルにある温泉で、2キロメートル山をあがると燕(つばめ)温泉があります。

講習で温泉ソムリエ家元が言っていた言葉がどうも気になりました。

「関温泉はナトリウム-塩化物泉・炭酸水素塩泉で、炭酸水素がお肌の要らない角質を取り去り、
塩化物泉が肌をコーティングして保湿する・・・まるでリンスINシャンプーみたいな温泉です。」

ほんとう?



実際に捜査するため家元自らが運転するワゴンに乗り込み関温泉へ出陣。
マイクでガイドしながら器用に運転されますね~グーbb
バスからは滝の絶景がみえちゃうんです。
バス


バスはぐんぐん山を登り。。。

漸く着いたよー。中村屋旅館さんです。ここには、関温泉の旅館でも数少ない野天風呂があるんです。湯の色はお楽しみハート歴史を感じる鄙びた旅館ですが、館内はきちんと整備、清掃されており、それでいて自慢の本格派温泉があるんだから、かなりそそる旅館だと思います。

「すみません、お風呂入りにきたんですが・・・」とソムリエ仲間の仲良し4人組で現れ、一番のりで露天風呂へ直行!・・・と思いましたが、間違って内湯に走っていきました(恥)!
なかむら
こちらが内湯です。おお~、みごとな赤褐色で!

関温泉は(上述しましたが)ナトリウム-塩化物泉・炭酸水素塩泉の湯。
PHは6。泉温は48.4℃、かなり熱いです。熱いほど濃い温泉と授業で習いましたが、じっくり堪能することもできず熱すぎて浴槽からすぐ出ちゃいます。

薄い鉄の味と臭いがします。かなり塩化物質が濃いのかお肌はしっとり、ツルツルになり大満足。色は有馬温泉と色は似ているけど、大分こっちのほうがしっとりします。
ふろうちゆ



うわ。通称:リンスインシャンプーがどばどばシャンプー
湯口


こちらが外湯です。
右下の写真は野生の赤い温泉に興奮する女の子4人ソムリエです。
ケロリン洗面器を持っているのが私です。

皆、出身地や職業はばらばら。でも好きな事する時心は一つuttori-sq

ONSEN たのしい イェイ !
関露天



じゃあ、ソムリエご一行お宿に帰ります~
ばいばい


かなり山奥のひっそりした温泉地なので、本気で保養したい時には絶好のロケーションだと思います。お湯は、かなりいいしね。たぶん1週間も居ればお肌はリセットされると思います。


新潟・・・ああ、グレード高い絵文字名を入力してください


「関温泉 中村屋旅館」
住所:〒949-2235 新潟県妙高市関温泉 
TEL: 0255-82-2308 FAX :0255-82-2341
交通(車の場合) 上越自動車道 中郷ICより15分
営業期間・時間 :通年(野天風呂は4月下旬~11月下旬)
料金 :日帰り入浴:500円/日帰り休憩付入浴(部屋休憩3時間、昼食付):3,200円~宿泊:1泊2食付8,500円~

※日帰り入浴する際は一旦連絡したほうが良さそうです。






スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/37-ccc9973f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
新潟の名湯を紹介いただき…
気持ちが焦ってきました。いい温泉ありますねぇ~
来年、春まで詰まっている予定のどこに組み込もうかと、思案しております。

YOOMIさん、いいね。
良い行動をなされていますね。素敵☆

でも秘湯は、なんでケロリンの湯桶なんやろね♪
Posted by 如水です at 2009.07.06 05:57 | 編集
YOOMIさま

早速、トップページのリンク貼って頂きありがとうございます。

こちらも、YOOMIさまのブログのリンクを貼らせて頂いても宜しいでしょうか?

温泉ソムリエ仲間の方もブログを開設されたそうで、応援して行きたいです。

博士より

Posted by 博士 at 2009.07.07 10:02 | 編集
熱そう・・・e-258
湯の華廊みたいなぁ~ 笑

お盆は燕、関、雨飾を巡ってみるわ~♪
(時間あれば蓮華もリトライ) 

10/10~12の連休、島根行かへんv-362v-364
あのパラダイスが恋しくなってきたわv-530v-353
Posted by まぁこ at 2009.07.08 09:56 | 編集
>まあこ様

いぐ~、いぐいぐ~!!
10/10~12の連休ね。
まだまだ発掘しがいあるよね、島根は。
日の出、湯乃上館とか?場所ぜんぜん違うけど(笑)
Posted by YOOMI at 2009.07.08 21:50 | 編集
>焦っている如水さま

> でも秘湯は、なんでケロリンの湯桶なんやろね♪

うーーーん。ケロリン桶は最早、秘湯情緒を演出するには欠かせないアイテムになったのではないでしょうか。予定が春まで詰まっているのは、驚きです。
如水さんこそ、すごい行動力ですよー。
お互い温泉には目がないですよね笑
Posted by YOOMI at 2009.07.08 21:54 | 編集
> 博士

リンクOKでございます。
ぜひぜひ、博士の知人の温泉マニアさんも至福Blogに遊びにきてもらってください。
でも博士はHighペース(出張≒温泉)で温泉出かけられるから、すぐ追い抜かれそう~

もっとBlog頑張んなきゃ!
(・・・といいつつ、いつも更新が遅い)
Posted by YOOMI at 2009.07.08 21:58 | 編集
YOOMIさま
コメント遅くなりましたv-7
忘れられない二人でダッシュしたこの道のりv-48
次回のツワーも一緒に参加しようね

三女
Posted by いけがみ旅館三女 at 2009.07.17 09:54 | 編集
コメントありがと~!!次回のツアーもいくんだ!?わたしも、平日なのにもう行く気になってた(笑)

21期仲良しメンバー(特に夜ご飯で仲良く喋った仲間たち)皆くればいいのにね。次はダイエット系だから身になるよ!
Posted by いけがみ三女さま at 2009.07.19 21:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する