--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.09

長野_鹿教湯温泉_町・高梨共同浴場

長野県にある古くからの湯治場「鹿教湯温泉」

私が初めて行ったのは約10年前。
東京駅から長野新幹線に乗り、
「上田」と言う駅で降りたのを覚えています。

その当時の記憶では「山奥にひっそりと佇む小さな温泉街」
と言うものだけで、今ほど温泉にしっかりと向き合っていなかったのです。

しかし、今になって温泉仲間からの評判、
「国民保養温泉地」に指定されていると言う事実も知って、
もう一度訪れてみたいと思いました。
(※大塩温泉、霊泉寺温泉とともに丸子温泉郷
として保養温泉地指定されています。)


そやけど。。
P1190475_R_20110809161025.jpg
この日は人生初の車中泊。
早朝5時に寝むたい目を擦りながら
立ち寄ったので、周りの景色などの記憶が一部飛んでいます(笑)
その辺り、ご了承を^^;

車から降りて、まず嬉しくなったのは、
道の脇を勢い良く流れる温泉(捨て湯でしょうか??)
湯量の豊富さを感じました。
P1190427_R.jpgP1190476_R.jpg

そして、見落としそうな脇道を入ったところにある共同浴場
「町・高梨共同浴場」へ。
P1190428_R_20110809111153.jpgP1190431_R.jpg
建物と建物の間の細い路地を抜けると・・・
奥に隠れるようにして、その共同浴場はありました。

アルミドア!
亀裂の入ったコンクリート!

長年、地元の方に愛され続けた、何か・・・手垢的なモノを感じます^^
P1190429_R.jpg

無人なので、料金箱に「ちゃりん!」と、
200円を入れて浴室へ向かいます^^
P1190450_R.jpgP1190436_R.jpg
朝一だったからでしょうか、中に入っても温泉の注がれる音と、
蝉の声しか聞こえない静かな共同浴場でした。

【お風呂】
「じゃぼ~んッ!!」
と、熱めの湯に身を埋めると、
さっきまで眠かった目が一気に冴えました。
P1190439_R_20110809112804.jpg
※源泉名:鹿教湯2号、3号、4号、5号、6号混合泉、泉質:単純泉、
泉温:47.9℃(浴槽内約43℃)、PH:7.87、色:透明
香り:湯口に花を近づけると微かに石膏臭と硫黄臭

硫酸塩泉系に近い単純泉なので、滑りがある訳ではなく、
しっとり肌にしみ込んでいく感触の湯でした。
湯上りは、お肌がモチモチしてました
P1190467_R.jpg

ボコボコ析出物が付いて「髭」みたくなったライオン湯口。
やっぱり、いつ見てもライオンの湯口には愛着を覚えます^^
P1190455_R.jpgP1190457_R.jpg
P1190444_R.jpgP1190443_R.jpg
浴槽に腰を掛け、ほっと一息つくと
隣の男湯から地元の方同士の会話が聞こえてきます。
何気ない生活の1シーンと言った感じで。

ここ高梨共同浴場には、
少し別府の古き良き共同浴場に共通する風情を感じました。
しかし、新鮮ないいお湯だったなぁ~。。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンを押してくださいね♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「鹿教湯温泉 町高梨共同浴場」
(かけゆおんせん まち たかなしきょうどうよくじょう)
住所:長野県上田市西内885-1
料金:200円
営業時間:早朝 - 21時00分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/371-129a1f19
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
写真にもきちんと写っていますが、町・高梨地区の共同浴場ですので、浴場名から“町”を
省略しないでくださいね(笑)。

鹿教湯温泉はどこも共同源泉を利用しているのですが、湯の香もしっかり感じられて、ここ
の湯は絶品だと思います。
周辺の温泉地の中では比較的規模の大きな温泉街ですが、歓楽的な色合いもなく、自然にも
恵まれた湯治にはぴったりの良いところです。 
Posted by 単純硫黄泉 at 2011.08.09 19:57 | 編集
単純硫黄泉 さん。

> 写真にもきちんと写っていますが、町・高梨地区の共同浴場ですので、浴場名から“町”を
> 省略しないでくださいね(笑)。
こんばんは!
「町」は、やっぱり必要なんですね。修正しときました^^;

> 周辺の温泉地の中では比較的規模の大きな温泉街ですが、歓楽的な色合いもなく、自然にも
> 恵まれた湯治にはぴったりの良いところです。 
歓楽的な色合いがないって言うのは
湯治には大きなポイントですよね!
日常に疲れた時なんかに、ふらっと行きたくなる場所です。
こんなに、いい湯だったなんて10年前には気づきませんでした。。
Posted by YOOMI at 2011.08.09 23:54 | 編集
人生初の車中泊とのこと…とうとうやっちゃいましたか(笑)
眠れましたか? でも十分お気を付けて!

「朝5時に寝むたい目を擦りながらの立ち寄り」…
さぞかし早朝の一番風呂は気持ち良かった事でしょう♪
それに車中泊だと、どうしても早起きするので、
一日が長く…有効に使えるのがいい♪

寝ボケていても…
鹿教湯温泉では、きちんと「かけ湯」して浸かりましょう…(イマイチ…苦笑)
Posted by くまのプー at 2011.08.10 05:11 | 編集
そうそう、1つ言い忘れていました。

人生初という車中泊。くまのプーさんも仰っていますが、お一人、
あるいは女性だけという時は、くれぐれも気をつけてくださいね。

以前、窓ごと割られて・・・という話も耳にしていますので。
Posted by 単純硫黄泉 at 2011.08.10 21:55 | 編集
くまのプー さん。

とうとうやっちゃいました(笑)

>眠れましたか?
いい質問です!寝る時間が3時間ほどしかなかったので
熟睡とまでは^^;

>車中泊だと、どうしても早起きするので、
>一日が長く…有効に使えるのがいい♪
うんうん。
「一日ってこんなに長いのか~」と思いました。
だから夜の8時には宿で爆睡でした。

最後のダジャレは、個人的には好きです^^
苦笑と言わず、座布団一枚!!!!
Posted by YOOMI at 2011.08.11 00:16 | 編集
単純硫黄泉 さん。

お気遣いありがとうございます(涙)
窓ごと割られたケース・・・・!?
そうなったら、もう逃げ場がありませんね。

今回は無事に帰ってこれましたが、
駐車場所など気を付けるようにします!
たぶん、次からは安い民宿に泊まると思いますが^^

それにしても、
男性の温泉仲間の話しを聞くと、
自由に長距離運転+車中泊+朝風呂を楽しめる
男性がたまに羨ましくなります^^
Posted by YOOMI at 2011.08.11 00:21 | 編集
こんばんは~

ひっそりと佇む共同温泉というシチュエーションがサイコーですね。
素朴な湯船にライオンの湯口が、哀愁を漂わせているのもいいでね。
Posted by 湯次 at 2011.08.12 02:22 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2011.08.12 21:22 | 編集
お盆でやんす!

どこの湯に入ってますか?
おいらは、初盆で・・しばらく浸かれて
いません・・・

しかし、パワフルに入ってますね!
見習わなければいけませんね

Posted by ヒジカタくん at 2011.08.14 10:43 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2011.08.15 12:05 | 編集
ヒジカタくん。

> お盆でやんす!
↑なんか、いい冒頭文~。
そう、お盆でやんす!!なんですよ。
わたしは北陸廻ってきましたよ。
富山とか石川とか、あと・・・福井とか!

この時期、湯巡りしたとしても
宿や施設が臨時休業。。。なんて所も多々ありましたよ。
平日に有給をとって、出かけるのがベストかもしれません。
また遊びにいきます~^^
Posted by YOOMI at 2011.08.16 00:24 | 編集
湯次さん。

> ひっそりと佇む共同温泉というシチュエーションがサイコーですね。
湯の質も大事ですが、シチュエーション如何で印象変わってきますよね!
こちらの温泉は、あくまでも地元の方が対象なんで、
分かる人だけが分かるって言う場所にあるんでしょうね。
湯も新鮮でよかったですよ^^

Posted by YOOMI at 2011.08.16 01:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。