--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.16

富山_地獄谷温泉_雷鳥沢ヒュッテ

「日本で2番目に高い場所にある温泉」
と言われる山の温泉に行って来ました。

標高2300m。
上りだと、大きく深呼吸しないと呼吸が出来ない程
酸素も薄く感じます。

道中「一面に広がる地獄」からは、
鼻を付く様な強烈な硫黄臭が漂い、タオルで口や鼻を覆わないと
咳き込んでしまいます。目も少し痛い・・・

「こんな濃厚なガスは初めて!」と、何度も叫びながら
ただ、ひたすら歩く。
天国を目指して・・・・
P1200574_R.jpg
P1200572_R.jpgP1200584_R.jpg
※写真右上:火山ガス濃度計測器。
濃度が濃くなると黄色や赤のランプが点灯するのですが、
この時は黄色のランプが点灯。ガス注意のアナウンスも流れていました^^;


辿り着いたのは「雷鳥沢ヒュッテ」
2000m級の高所にありながら、(半)露天風呂ならではの開放感を味わえる、
北陸の旅で一番心の残った温泉でした。
P1200595_R.jpg
P1200636_R.jpgP1200640_R.jpg

【ロビー】
P1200597_R.jpgP1200598_R.jpg

【お風呂】
お風呂は内湯(山の湧水を加温)と、
こちらの写真にある半露天風呂(源泉掛け流し)がありますが、
玄関前から、離れの湯小屋(半露天)が気になっていたので直行^^
P1200635_R.jpg
↑この見事なまでのロケーションったら、ないでしょう?
まるごと立山連峰に囲まれている!


扉を開くと・・・!
湯は、何と!!
泥が混じった、ミルキーグレー色
女湯は外から見えてしまうのを避けるために、簡単な囲いがありますが
P1200610_R_20110816122154.jpg
※源泉名:地獄谷温泉、泉質:単純酸性泉、泉温:81.3℃(浴槽内約45℃ ※加水して調整)
PH:2.69、色:ミルキーグレー(泥湯っぽい)、香り:泥臭、微硫黄
味:泥の味。余り、強烈な酸味や渋みは少ない、感触:程よいつるつる感。
※特記:成分総計918mg/kg
規定値には届かないものの、鉄(16.1mg/kg)とアルミニウム(43.8mg/kg)


その囲いから顔を出すと・・・
P1200629_R.jpgP1200628_R.jpg


視界いっぱいに、雲を被った立山三山が広がります^^
例えるなら・・・スイス?・・・いや、天国??
とにかく、別世界を感じさせてくれる!
P1200621_R.jpg
※上写真:半露天風呂からの眺望。
写真の中央には(無数の)カラフルなテントも見えます。
皆さん、美味しい空気を吸いながら、この付近でキャンプされているようです♪


「写真撮ってあげようか?」
「はい、お願いします^^」
山登り帰りに立ち寄り入浴をされていたお母さんに
デジカメを渡し、一枚記念に撮っていただきました。
P1200615_R.jpgP1200626_R.jpg
山の温泉に来ると、心が解れるからでしょうか?
普段よりも更に、入浴客の方々が親切で親しみ易く感じます。


すくい上げる程の泥は、浴槽の底に沈殿していませんでしたが、
手を浸すと、湯面からほんの数センチ下からグレー色の濁りで
見えなくなってしまう程、こっくり濃厚な湯。
ついつい、遊びたくなってしまうんです。
P1200619_R.jpgP1200616_R.jpg

日本一高所にある温泉「みくりが池」、「雷鳥荘」など、
「雷鳥沢ヒュッテ」の周囲には、同じ地獄谷から引き湯した
温泉宿が3つぐらいありますが、いずれの湯も泉質や個性が違っていて、
全部廻っても飽きないのが嬉しいです。

特に、ここ「雷鳥沢ヒュッテ」は
泥湯っぽい濁り湯・・・
半露天から臨む山の景色・開放感・・・
良い条件ばかりを揃えた、至福の1湯でした。

私の場合、日帰りだったので
室堂(みくりが池温泉の近くのバスターミナル)を10:30にスタートし、
山歩きしながら3湯浸かって15:30に戻って来ました。
一日がかりではありますが、3ヶ所全部を巡る価値は高いと思います^^

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンを押してくださいね♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「雷鳥沢ヒュッテ」(らいちょうざわひゅって)
住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺74
電話: 076-465-5727
営業時間: イン12時、アウト8時半 ※休業:4月下旬~10月下旬
料金: (日帰り入浴)500円、(宿泊)1泊2食付11000円~9500円、素泊まり6000円 ※相部屋
アクセス:バスツアーもお勧め→【立山室堂行き登山バスHP】
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/373-8a0c0855
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
立山に登られたんですね~!

実はおいら地元の立山町出身です。

室堂周辺の3湯を全て廻られたとはさすがですね!

温泉からの眺めも最高ですよね~♪
Posted by はたぼー at 2011.08.16 15:19 | 編集
はたぼーさん。

こんにちは!!
ええ、立山ご出身・・・なんですか?
じゃあ、あの辺りはよく行かれたんですね!
(故郷があんな綺麗な所なんて羨まし過ぎる。。)

私はみくりが→雷鳥沢ヒュッテ→雷鳥荘の順
で周りました^^;
雷鳥荘の喫茶が静かで、落ち着けたので
そちらでお蕎麦を食べてぐるっと一周。

登山コースとしては、一部かなり急な所もあり
ましたが、その分あの絶景を楽しみながら
Posted by YOOMI at 2011.08.17 10:13 | 編集
素晴らしい~!

九州には2000mを超える山が無いので、
とても羨ましく思いまする♪
特に半露天風呂からの眺望の画像を眺めていると、
大自然の中に引き込まれそうです。

そうそう!既にご存知かも知れませんが…
温泉の各種日本一だそうです。
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/index.htm
↑右下「温泉のトピックス」⇒「日本一の温泉」
Posted by くまのプー at 2011.08.17 11:31 | 編集
くまのプーさん。

おはうございます~♪
> 九州には2000mを超える山が無いので、
> とても羨ましく思いまする♪
そうなんだ~、知らなかったです。
九州って山には恵まれているけど確かに2000m級って
ないのかも(@p@)法華院で標高1,303mなんだぁ。

> http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/index.htm
> ↑右下「温泉のトピックス」⇒「日本一の温泉」
読みました~。別府はさすがですね!(2部門で1位。)
ちなみに「掘削深度日本一」ってのもあるんですね^^;
それはそれでお疲れちゃんですね。。

Posted by YOOMI at 2011.08.18 10:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。