2011.08.20

富山_雷鳥温泉_雷鳥荘

室堂平付近の立ち寄り温泉シリーズ、
最後は「雷鳥温泉 雷鳥荘」です。

①みくりが池→②雷鳥沢ヒュッテ→③雷鳥荘(お昼ごはん)→①みくりが池
の順に湯巡りをしていたのですが、

①→②までは平坦や下りの道が多く、
周りの自然を撮影したり、観察したり・・・
かなりの余裕っぷりを見せていた私。。。

ところが②→③の行程に来て、
予想外の急勾配&アップダウンで遂に酸素自体が薄く
はっきり言ってKNOCK OUT!!でした。
妙に心臓がドキドキし、疲れが早いのが分かります。
雷鳥荘を目指す_R
細い登山道の脇に倒れこむようにして、
何度か休憩をとっては、歩き、また休憩を繰り返しました。

雷鳥荘外観_R
30分以上続く急勾配をひたすら上って、やっと山小屋に到着!
この写真を撮った瞬間は既にヘロヘロで、記憶が余りありません。。


雷鳥荘の中にある喫茶。
心地よい音量のジャズのBGMと、香ばしい珈琲の香りに誘惑され、
店内に入ってみました。最も落ち着ける雰囲気だったところで、
早速こちらで昼食をとることに^^
雷鳥荘の喫茶_R
P1200653_R.jpg
さっきの山登りで、かなりのカロリーを消費したと思われるので、
(いつもだったら、先にお風呂♪・・・なんて言ってるんですが)
一番先に腹ごしらえ♡ ♥

お風呂は1階が湧水を(熱交換器で)暖めたお風呂。
2階は、間近に地獄谷を見渡せる開放感抜群の源泉掛け流し風呂があります。
浴場看板_R

【2階の源泉掛け流し風呂】
硫黄臭漂う酸性の湯。
乳白色がかった水色で程よくツルツルした感触など・・・
「みくりが池温泉」と少し特徴が似ているように感じました。
・・・が、浴室の造りは大きく違います。
雷鳥荘のお風呂は、浴室が広く浴槽の正面にある大きな窓は、
折畳式オープンサッシなので、冷たい高原の風を味わい
ながらゆったり湯浴みを楽しめます。やっぱり高原に来たら美味しい外気を味わいたい^^
雷鳥荘浴槽(採用)_R
※源泉名:地獄谷温泉(3)雷鳥温泉、泉質:単純酸性泉、PH:2.3(実測)、
泉温:62℃(浴槽内約42℃ ◆加水して温度調整)色:乳白色に近い水色、
味:酸味と硫黄、香り:硫黄、感触:少しつるつる
雷鳥荘(縦)_R雷鳥荘湯口_R
お風呂で、剣岳等、幾つかの山を歩いて2日間かけ、
(7時間歩いて途中山小屋で1泊した後、更に7時間歩いたらしい。)
雷鳥荘までたどり着かれたお母さんと一緒でした。

「主人が山登りが好きだから、よく一緒に。」

室堂平の3湯(約5時間の山歩き)巡り
後半戦で、かなりパンチをくらった私は、
「2日間・・!?しんどくなかったですか?」
と当たり前の質問を投げかけてみました。

「ええ、しんどかったわよ~。
途中、山小屋で一泊したわ。」とお母さん。

長い道のりの途中に、温泉のご褒美が待っていないと、
「私には決して真似出来ないなぁ~」と、改めて山登りの厳しさを
痛感するのでした( ̄ー ̄;タラ・・・

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンを押してくださいね♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「雷鳥温泉 雷鳥荘」(らいちょうおんせん らいちょうそう)
住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺125
TEL:076-465-5777
料金:(日帰り入浴)大人:600円、(弁当)1000円 
営業期間:4月20日~11月25日、07:00~20:00(時期により変動あり)
アクセス:バスツアーもお勧め→【立山室堂行き登山バスHP】
料金:(1泊2食2名利用)9,975円~14,700円、(1泊2食相部屋)8,800円
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/375-0a84e759
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
山登りのペースってむずかしいですよね。

早く目的地に行きたくてペースを上げたら

最後にバテバテになった経験、おいらもあります。


雲の上の温泉巡り、おつかれさまでした。

よい温泉巡りになってよかったですね^^

村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2011.08.20 22:10 | 編集
私も数年前まで、室堂からみえている景色、温泉につかって山眺めてるだけで、まさかその山に自分が登る事になるなんて思ってなかったのに、登っちゃったので、YOOMIさんも是非是非♪ってか登られてそうな気がします(笑)
雷鳥荘の喫茶雰囲気いいですよね~☆くつろげますね!!
Posted by ☆arie☆ at 2011.08.20 22:28 | 編集
はたぼーさん。

こんにちは~♪
>早く目的地に行きたくてペースを上げたら
>最後にバテバテになった経験、おいらもあります。
分かります、一定のペースを崩さないことは大事ですね!
バスの時間が決まっていたので
何故か断崖絶壁に近い急勾配を猛ダッシュする、
と言う結果になってしまいました。

「雲の上の温泉巡り」
なんか素敵な言葉ですね。
ほんとに室堂平3湯は上の表現がぴったりです。
富山には、まだ行きたい所が残っているので
また遊びに行かせてもらいますね!

> 村ポチ☆
村ポチ~。
ありがとうございます!
Posted by YOOMI at 2011.08.21 11:55 | 編集
☆arie☆さん

室堂から臨む、あの更に高い山に登る・・・!?
私出来るかしら^^;雷鳥沢ヒュッテの背後に
大きな山とキャンプ場があって、
山頂に人が歩いてるのが見えたんだけど、
あの辺りなのかな、って推測してます。。

雲より更に上だったので
圧倒されました(( ;゜Д゜))

雷鳥荘の喫茶は、テラスもあって凄く好きです。
あそこで2時間ぐらい休憩しました(笑)
↑かなりバテていた。。
Posted by YOOMI at 2011.08.21 12:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する