2011.09.25

島根_木部谷温泉_松乃湯(食事篇)

今回、木部谷温泉で嬉しい発見があったのは、
間欠泉だけじゃない!

ご飯も一品一品手作りの
「田舎料理」で美味しかったのも印象に残りました。

「山の宿の食事」と言うのは、物流の問題もあるため、
ある程度、お腹が満たせれば十分だと思っていた私、

しかしながら、松乃湯は女将が
味付け・素材にも拘って作られているようで、
その先入観が覆りました。

食事は朝・晩とも食堂でいただきます。
席へ付くと、女将さんや女性スタッフさんが
順々に出来立ての暖かい料理を運んできてくれます。

【晩ごはん】
海・山・川全てが揃う島根県。
「刺身」「山菜の煮物」「鮎の塩焼き」
素材が豊富に織り交ぜられていました。
P1210972_R.jpgよるごはん。_R
※写真左上:食堂 ※右上:この日、夕飯になぜかお赤飯^^

島根は、お魚が新鮮なのだー!
「刺身」&「鮎の塩焼き」
P1210961_R.jpgP1210963_R.jpg
「茶碗蒸し」&「山菜の煮物」
P1210964_R.jpgP1210962_R.jpg

右下の白い豆腐の様なものは、
ゴマと牛乳で作られている
んです。
「猪なべ」&「ゴマ&牛乳豆腐」
P1210970_R.jpgP1210968_R_20110925130610.jpg
女将に「この白いもの、寒天ですか?豆腐ですか?」と、尋ねると
「これ??・・・ふふふ。秘密。食べてから当ててみて♪」
と、逆に質問されてしまいました。

突然質問を投げかけられたので、真剣に考えてみる。。
食べながら悩んだ末、女将に答えを言ってみると^^
見事、大当たりでした!

【朝ごはん】
朝ごはんも豪華だったぁ!
島根の温泉宿に来るといつも思うんだけど、
安価で品数豊富な食事を出してくれる宿が多いです。
松乃湯もそうだし。例えば、、湯抱温泉 日の出旅館とか。。
P1220008_R.jpg

玉子焼きは葱がたっぷり入ったホワホワ
お味噌汁は、柚子のスライスが入っていて、
甘い味噌にほんわり柑橘系の風味^^
P1220009_R.jpgP1220011_R.jpg
ほんとに、ほんとに美味しくて
ご飯をお代わりしまくりました^^;

もともと小学校の先生をしていたと言う女将。
やはりその名残もあるのでしょうか?
お客さんに対しても、(生徒に接するかのように)
一人一人愛情がこもっているように感じます。
それも、ごくごく自然体で。

宿の方との触れ合い、
暖かい田舎料理と、本格的な温泉。

これだけあれば、言うことありません^^
よね?

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンを押してくださいね♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「木部谷温泉 松乃湯」(きべたにおんせん まつのゆ)
住所:島根県鹿足郡吉賀町木部谷
TEL:0856-79-2617
料金:1泊2食 7500円、(日帰り入浴)400円 ※半日の入浴は650円
営業時間:7:30~19:30 
※お風呂は、毎日浴槽を空にして、女将が一人で掃除しているため19:30までだそうです。
アクセス:JR広島駅下車、中国自動車道「六日市IC」から2時間。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/393-8b0b1cae
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
新鮮で美味しい海・山・川のお料理が食べれるなんて、最高ですね~(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

温泉もお料理もいいと、ほんと幸せな気分になりますよね♪

心温まるおもてなし、素敵なお宿ですね^^

村ポチ☆

Posted by はたぼー at 2011.09.25 17:54 | 編集
はたぼーさん。

コメントありがとうございます^^
温泉もさることながら・・・
手作りの家庭的な料理に癒されました。

玉子焼きに葱がたっぷり入ってるのは
島根県独特なのでしょうか?
凄く美味しかった~!
Posted by YOOMI at 2011.09.26 00:15 | 編集
旅先で当地のものを食すのも旅のもう一つの楽しみですよね。

そもそも、ホテルや旅館に泊まっても、ほとんど素泊まりのオイラは、
夜は赤提灯や居酒屋で済ますことが多いのですが、
知らない土地では「ここの名物って何ですか?」と聞くことも多々
これがきっかけで、カウンター越しにお店の方と会話が弾むコトもしばしば…
素晴らしいお湯と出会うだけでなく、人とのよい出会いも湯旅の楽しみです。
(今回は真面目にコメントしました。…笑)
Posted by くまのプー at 2011.09.27 06:45 | 編集
こんばんは~。。。

温泉&地産地消の旅ほどの贅沢は、
他ではなかなか見られませんね。
それが、手作りならなおさらですね。

今夜の宿泊先も手作りでグッドでしたよ~
Posted by 湯次 at 2011.09.28 00:14 | 編集
くまのプーさん。

コメントのどっかに駄洒落が入ってないか、
探してしまいました(笑)

> 知らない土地では「ここの名物って何ですか?」と聞くことも多々
私も同じですー!人との出会いは湯旅に欠かせない。
だから、いちいち食事中も女将に
「これって何ですか?」って話しかけたくなるんです。
(邪魔になったかな。。笑)

殆どの女将に1回で顔を覚えてもらえる
プーさんの’’出会い上手’’には勝てませんが。。(笑)
Posted by YOOMI at 2011.09.28 00:19 | 編集
湯次さん。

今夜の宿は羨ましい~。
にじ鱒の煮付けが食べたいです。。
四国に出張はいらないかな?(笑)

松乃湯も温泉&地産地消に癒されました。
Posted by YOOMI at 2011.09.28 00:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する