2011.09.26

島根_津和野塩井戸

山口県との県境、島根県津和野町にある「塩井戸」

地元の方によると、その昔この辺りは湯治場だったそうで、
湯小屋がなくなった今も浴槽が残ったままなのだとか。
(その実態を知るのは90歳代の地元の方だけらしいです。)

川の近くに車を止めて、探索していると・・・
農作業から帰ってきたばかりのお婆ちゃんが
声をかけてくださいました。

「どこへ行きたいの?」

「川沿いのお風呂・・・あ、塩井戸です!」

「ああ、塩井戸?この川沿いの道を真っ直ぐ。。。
いいや!私が一緒に行ってあげるわ!」

案内してもらえると言うので、一緒に畑を歩く。
お婆ちゃんの育てている自慢の野菜や栗の木
を見せてもらいながら^^

「ほら、栗が落ちとるじゃろ?土産に持っていき。
これはな、猪の足跡じゃ。猪が栗を食べに来よるんじゃ。」
P1210860_R.jpgP1210861_R.jpg

「これは、小豆の実♪
玉ねぎのいい匂いもするじゃろ??」
P1210901_R.jpgP1210904_R.jpg

「これは、茶畑じゃ!
近所の人が栽培しとるんよ。」

お婆ちゃんは、とっても嬉しそうに私に話してくれます。
P1210862_R.jpgP1210864_R.jpg
彼岸花が生い茂るのを横目に
細い道を二人で辿り、河原に出るのでした。

「あった!!」
川に向かって、ちょこんと突き出した湯船は、
随分立派な造りでした。
P1210867_R.jpg
※泉質:含二酸化炭素ーナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・塩化物泉?(推測。)
泉温:20℃弱、色:白濁した黄土色、味:塩井戸と言うだけあって・・・かなりしょっぱい
微かな甘み・鉄味、香り:鉄臭

P1210869_R.jpgP1210882_R.jpg
※写真右上:黄土色の鉱泉が気泡になって湧きます。
※写真左上:うろこ状の析出物に覆われ丸みを帯びた岩。(・・・と言うよりカボチャ

P1210892_R.jpgP1210880_R.jpg
※写真左上:お婆ちゃんに撮ってもらった記念写真。
※写真右上:早速、足を突っ込んでみた。

以前は、お婆ちゃんや地元の方が有志で
湯船を清掃していたので、入る方も多かったらしいですが

最近では放置されているそうで、
「にゅる、にゅる、にゅる・・・
温泉成分などが溜まって、滑りになっていました^^;

P1210890_R.jpg
お婆ちゃんの息子が小さかった頃は、
よく、この河原で遊んだあと、塩井戸に入ったそう。
そんな思い出話を聞きながら、また二人でテクテクと歩いて帰りました。
ありがとう!お婆ちゃん

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンを押してくださいね♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/394-93cd1305
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
やさしいおばあちゃんですね^^

ほのぼのした会話がとってもいいです^^

湯船は放置状態だそうですが、いつまでも残してほしいですね。

村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2011.09.27 23:55 | 編集
はたぼー さん。

> やさしいおばあちゃんですね^^
お婆ちゃんが生き生きと野菜を説明する姿が、
今回凄く印象に残りました!
島根を旅すると毎回人とのふれあいがあります。

今は放置されていますが
あの露天風呂、また今の子供たちが
浴びる日がくるのかなぁ。。
Posted by YOOMI at 2011.09.28 00:52 | 編集
さすがにこの状態だと全浸かりは躊躇しますね(笑)

おばあちゃんとのコラボ…とてもイイですね♪
YOOMIさんの人柄に、ついおばあちゃんも嬉しそうに話をしたのでしょう♪
Posted by くまのプー at 2011.09.28 06:15 | 編集
はじめまして。私は長崎とその隣県を中心に湯巡りしている、なかおっち@長崎という者です。津和野は秋の風情が感じられていいですね。あのようにとげに包まれた栗の実を、猪はどうやってとるのでしょう?YOOMIさんは全国の温泉に行っておられるようですね。波間の湯茜や脇浜共同浴場は私もお気に入りで、毎日のように通っていますよ。
Posted by なかおっち@長崎 at 2011.09.28 10:46 | 編集
くまのプーさん。

> さすがにこの状態だと全浸かりは躊躇しますね(笑)
そうなんです。。
実際に湯船の状態を見て、パスしました。
あと、冷泉が苦手な私にとっては勇気が要ります。。
(冬の赤川荘の露天風呂も足だけ浸けてギブアップ 笑)

島根に行くと、
いつもおばあちゃんやおじいちゃんと出会って話をします。
優しいんです、みなさん^^
Posted by YOOMI at 2011.09.29 10:00 | 編集
なかおっち@長崎さん。

はじめまして♪
コメントありがとうございます。
こんなブログを書きながら、
あちこちの温泉を廻っています。

さっそくなかおっちさんのブログに
遊びに行かせていただきました!
九州の名湯からジモ系までカバーされていて、
抜け目のないルポで驚きです。。
特に関心が高い阿蘇小国エリアはとっても参考になり
見入ってしまいました^^;

「波間の湯茜」「脇浜共同浴場」は、
違った個性でどちらも衝撃的でした。
長崎では壱岐の湯本温泉も大好きです!

近々また「九州」に行ってロストしたところとか、
気になるところ(共同湯系)をもう一回じっくり廻ろうと
思っています。ぜひぜひ今後もお付き合いさせてください^^
Posted by YOOMI at 2011.09.29 10:16 | 編集
ここに入ればきみもネ申だったかも…
「だっちゅ~の!」のようなポーズしている場合じゃないっちゅ~の(笑)

話は変わり、おいしいとこひとり占めじゃないですか!^^
しかし1~2時間って言ってたひと、あいまいすぎ。
ふつーに1時間以内で行けますので来年にでもぜひ♪
Posted by 永遠の36歳 at 2011.10.25 23:19 | 編集
永遠の36歳さん。

ちょっと、入るには勇気が要りました^^;
何人かで行っていたら、お掃除もありだったかな。
(↑言い訳ですけど 笑)

てか、O.A.予想以上に流れてましたね。
後半の安比のシーンは予想外でした。
今年も行けなかったから来年こそ、行きたいなぁ。
takema氏は、私のすぐ後ろでしたね^^
Posted by YOOMI at 2011.10.26 23:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する