2011.10.08

山口_長門湯本温泉_礼湯

長門湯本温泉 恩湯から少し坂を登ったところにある
「礼湯」

バリアフリーの共同浴場で、
「恩湯」と同様、温泉街の大事な湯脈となっています。

ロケーション的に目立たないところなのに
地元のお客さんの数は圧倒的に、礼湯の方が多かった。

後で聞くと、ここの共同浴場は
P1220071_R.jpg
湯本民や地元の方に最も愛されている共同浴場だそうなんです。

礼湯の源泉は、湯口に鼻を近づけない限り
硫黄成分など香りを楽しむ事が出来ない程、
上品で主張控えめな湯でした。
が、つるつるした感触だけは、(恩湯に比べ)更に強い。
P1220076_R.jpg
※源泉名:長門市有3号泉、泉質:アルカリ性単純泉、泉温:38.2℃(浴槽内約43℃)
PH:9.66、色:無色透明、香り:(湯口付近)ごく僅かな硫黄の香り、
味:殆ど無味、微かに硫黄、※源泉掛け流し、※成分総計:179mg/kg

長門湯本にある共同湯2湯、
分析表上、濃厚さはほぼ変わらないようですが、
入ったら明らかに特徴が違うのでおもしろいです。

好みにもよりますが、、、、
あっさり派なら「礼湯」
がつん派なら「恩湯」と言った印象でしょうか^^;

はしご湯して、比較してみたい2湯です!

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンを押してくださいね♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「長門湯本温泉 礼湯」(ながとゆもとおんせん れいとう)
住所:山口県長門市深川湯本2264
料金:200円
営業時間:6:00~21:00 ※第三火曜日は休み。
(12月~2月は、6:30~23:00)
アクセス:(車)中国自動車道美称ICから30分。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/398-54899609
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
礼湯、恩湯、どちらも湯舟が中途半端の深さだと思いませんでしたか?
オイラが立つとお湯はへそぐらい…立ったまま浸かるのか?とは思いますが、
肩まで浸かろうとすると、中腰の不自然な入浴姿になっちゃいます(笑)
Posted by くまのプー at 2011.10.09 07:48 | 編集
くまのプーさん。

うん、うん恩湯は確かに中途半端に深いかも。
(興奮しすぎて、あんまり深さの印象が薄くなってるんだけど。。)

あ、いいこと考えた!
人吉旅館みたく、浴槽の中に
ベンチを置いたらちょうどいいかも^▼^

Posted by YOOMI at 2011.10.10 09:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する