2009.08.09

岡山_湯の瀬温泉

「あそこの温泉は岡山一だよ。わしは倉敷からいつもこちらに通うとる。」
と、私たちに自慢げに語る自称「湯の瀬温泉ヘビーユーザー」のおっちゃん。

ここは岡山県加賀郡吉備にある「硫黄鉱泉 湯の瀬温泉」。
まさに鄙びた秘湯中の秘湯です。

岡山指折りの温泉大好き友人に連れられ来たこの温泉。
私が思っていた岡山県のイメージを覆す、超上級秘湯宿でした。
(温泉ミシュランがあったら 鄙び度 3つ☆)
P1050044_R.jpg

くすんだ金色で書かれたガラスのドア文字・・・(=レトロ感)
ドアを開けても「こんにちはぁぁ」って大声出さないと旅館の方が出てこないだろうなって想像がつく人の気配のなさ・・・(=静寂ともゆう)
よいですねnico
P1050050_R_20100926104443.jpg P1050048_R.jpg


中はこんな感じだよ。
概観は温泉宿っぽいけど、中は友人の家の応接間みたいにアットホームな感じです。
P1050058_R.jpg P1050075_R.jpg
P1050074_R.jpg

じゃじゃーん、これが浴室です顔(きらきら)
箱は意外に小さくて、地元のひとたちがギュウギュウ詰めに座ってからだを洗っている。
P1050068_R.jpg

ここでも、体を洗っていたおばちゃんが私たちに熱い口調でここの温泉のうんちくを話し始めましたメラメラ

「おねえちゃん、ここの温泉の効能知ってるか!?
私はな、この温泉に通ってから悩んでいた神経痛がすっかり治ったんだよ!」
どうやら、湯の瀬温泉は縄張り意識の強いユーザーに愛され続けた、いわゆる「ジモ専」らしい。

・・・・もしくは?

通い続けることによってRoyaltyが強くなっていくのかしら・・・?不思議な温泉だ。
P1050066_R.jpg P1050063_R.jpg


ドアを開けると、とにかく硫黄の臭いがぷんぷんします。
色は無色。味は殆どありません。

PHは9.3のアルカリ性単純温泉。しっとり濃くのある、トロトロしたお湯です。
(なんだか、料理の評論をしているようにも思えちゃいますね(笑))
湯治すると神経痛リウマチに特効があるそうです。

泉温は27.1℃ですが、40℃くらいに加温されています。


湯の瀬温泉旅館の裏にある「湯の瀬温泉卿キャンプ場」です。
P1050090_R.jpg
次はキャンプ場でBBQ、横に流れる川で魚釣りをする、そして湯の瀬温泉旅館で入浴して、
って楽しみ方もありかなと思います。日帰り入湯でも温泉は21:00まで開いてるから遅くてもOKだしね。


湯質も確かに良いんですが、それより何より、
「懐かしい故郷に帰ってきたような気分に浸り、そして心が洗われる」
そんな温泉だと思います。
P1050069_R.jpg

ブログランキングに参加しています
下のボタンを2つクリックしてね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「湯の瀬温泉旅館」
住所:加賀郡吉備中央町豊岡下1534
交通 :JR岡山駅から中鉄バス小森温泉行きバス約1時間30分湯の瀬温泉下車。
    山陽自動車道岡山総社ICから車で約1時間。
電話番号:0867-35-0539
営業時間:9:00~21:00 不定休
入浴料金:500円
宿泊料金:10,000円(税込み)/1人あたり
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/40-96ebc9be
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
岡山で硫黄臭いお湯はホント珍しい!貴重なお湯かも!
加温無しの掛け流しだったらパーフェクトなんだけどねe-50
このままの雰囲気で続いてほしい、そんな湯処・湯の瀬温泉e-266

ちなみに住所は、、加賀郡吉備中央町豊岡下1534
市町村合併で住所変更してるみたいよ~。
(ちなみに我が実家も政令指定都市になって北区!!未だに慣れへんわ~e-330

Posted by まぁこ at 2009.08.09 18:48 | 編集
まあこsamae-51

あ。。住所間違えてた!?
私としたことが。本当に岡山ツアーありがとね。
まあこの見つけてくる温泉はいっつも何かびっくりがある。
(特に大中山ね笑)

また、いっぱい行こうね。
Posted by YOOMI at 2009.08.12 19:53 | 編集
これまた凄いお湯ですね。
硫黄とPH9.3が、無知な私の中ではかみ合いません(汗)
是非とも入りたい温泉です。
毎度毎度YOOMIさんの記事には感謝です!

写真も綺麗に撮れてますね。
最後の一枚はデジイチですか?
Posted by 如水です at 2009.08.13 09:49 | 編集
如水さん♪♪☆☆

如水さん、鋭いですねv-11

硫黄は含んでいるんですけど、規定値に達さない微量だから「硫黄泉」(=酸性泉)にならないんじゃないかな。

ところでデジイチって??
これまで、写真の画素数が重過ぎるから、一旦PPTに張替えして→WEBページとして保存→JPG変換という順番で写真を編集してアップしてるんです。
でも編集するとアップした時もの凄く画像が劣化しちゃうんで少し困ってます。

最後の一枚は、たまたま画素数が低かったのでPPTに張替えせずにJPGをそのままアップしました。(そしたらやっぱり綺麗!)
一眼レフも買ったのでもっと活用したいけど、何かいいやり方あったら教えてくださ~い。

YOOMIより





Posted by YOOMI at 2009.08.13 12:31 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2009.08.13 13:18 | 編集
こんばんは~。。。

2夜連続、YOOMIさんの記事のおかげで、
ヌルヌル温泉を楽しませてもらってます!
鴨鍋も旨かった。

当日で予約が取れたので、他に宿泊客がいると思ったら、またまた貸し切りでした。
お風呂も貸し切りでしたよ。

最近、YOOMIさん頼りで新規開拓を怠っており、反省中・・・
Posted by 湯次 at 2011.09.28 23:27 | 編集
湯次 さん。

えー!?
次は・・・・岡山に移動ですか!!?

昨晩に引き続き「ぬるつる系」ですね。
そのすぐ近くの小森温泉と言う温泉もあり、
記事にはしていないのですが、湯治場っぽい古い浴室
と家屋がいいですよ^^
Posted by YOOMI at 2011.09.29 10:26 | 編集
ただ今、湯の瀬温泉に泊まって、こたつに入りながらコメしてます(笑)
5か月ぶりですがリピートしてしまいました♪
急遽、倉敷で仕事になり、
今回も一人なのに、当日予約で泊めてもらえました。
更に硫黄臭がきつくなったような気がしましたよ~
(多分気のせい・・・)

やっぱり、おばあちゃんちに来たようで、
落ち着きます♪
Posted by 勇次 at 2012.02.29 21:11 | 編集
勇次さん。

コメ見逃していました!!
ごめんなさい^^;

またまた「湯の瀬」に泊まられていたんですね!
私も長い間、行っていないのですが、
硫黄臭が強くなってると聞けば気になります。

湯の瀬の湯を独り占めできる意味でも
泊まりは羨ましいです。
Posted by YOOMI at 2012.03.04 13:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する