2011.10.15

山口_湯田温泉_翠山の湯

新山口の駅から車で約15分。
車の往来が激しい道路の両脇には、
企業のビルや大型のホテルがずらりと建ち並ぶ。

新幹線に乗る前に、せっかく山口に来たなら
「湯田温泉にも、どこか一つ入ってみたい!」
と、何となく即決で向かったのが

ここ、
「湯田温泉 山水園」さん。

見たからに高級感漂う、4000坪を誇る日本庭園に囲まれた宿。
さすがに、宿の内湯は日帰り開放していないのですが、

実は、同じ敷地内に日帰り温泉施設があり、
宿湯と同じ上質な源泉を楽しむことが出来るんです^^
P1220174_R.jpg
※写真上:山水園さん。賑やかな湯田温泉の中心街から
少し離れたところにあり、宿の周りはほんとに静かです。

P1220193_R.jpgP1220180_R_20111015002929.jpg
P1220178_R_20111015002250.jpgP1220188_R.jpg
※写真1段目左右:日帰り温泉施設「翠山の湯」の玄関。
※写真2段目左:「翠山の湯」前には温泉汲み場もあります。右:「翠山の湯」のロビー。


【翠山の湯・内湯】
感激したのは上品な硫黄のアロマ
玉子臭と言うより、少しフルーティーって言ってもいいぐらい、
ええ香りです
つるっと滑るようなシルキーな肌触り^^も絶好調!
P1220185_R.jpg
※上写真:ゆったり広い内湯。
夜なので、写真が上手く撮れていないのは、すみませぬ汗汗

そして、一番お気に入りは。。。

【翠山の湯・露天風呂】
P1220184_R_20111015002727.jpg
※源泉名:中野一号泉、泉質:アルカリ性単純泉、泉温:26.1(浴槽内加温で約42℃)
PH:8.90、色:無色透明・無味、香り:硫黄のほんわり、いい香り。
湧出量:44.9L/分、成分総計:217mg/kg
※源泉掛け流し。加温あり。加水なし。

まん丸の浴槽から湯が静かにあふれ、コンクリートの床上を
ひらひら・・・と、
波打ちながら流れ出します。


その姿が本当に美しくって見惚れてしまうのです☆

硫黄アロマは鼻を癒し・・・
頭上に広がる星空に、目が癒される・・・
まさに''五感を刺激する湯''なんです。

入浴料金は、他と比べて少し割高ですが
銭湯のように、そこまで混みあうこともないですし、
ゆったり、まったり星を見ながらラグジュアリーな湯浴みを楽しめるなら、
これもまた、決して高くない値段だなぁ~と、

そう、思います。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「湯田温泉 山水園 翠山の湯」
(ゆだおんせん さんすいえん すいざんのゆ)
住所:山口県山口市緑町4−60
TEL:083-922-0560
料金:大人1600円
(山水園に宿泊の方は入浴料無料。)
営業時間/10:00~22:00(入館は21:00まで)
※定休日/毎月最終火曜日(原則として)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/400-976728ba
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
真ん丸な湯舟ってイイですよね。和むし記憶に残ります。

今まで料金高めなのでスルーしていましたが、
「まさに''五感を刺激する湯''」
「決して高くない値段だなぁ~」
なんて、YOOMIさんを言わしめる湯となると…
誘惑に駆られますね♪
Posted by くまのプー at 2011.10.16 18:35 | 編集
くまのプー さん。

うん、確かに1600円って金額的には
高いんですよね~(汗)

でも、自家源泉持っていて、
湯田温泉の特徴と少し異なるって聞いていて
興味本位で行ってみました^^

数泉で行くなら、もったいないですが、
ゆっくり閉め湯で入るならいいと思います☆
今度、行ってみてください~。
Posted by YOOMI at 2011.10.16 22:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する