--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.10

コトシノシメ☆野湯(!?)

毎年、ベストシーズン「秋」になると・・・

「厳しい寒さが到来するまでの残り少ない期間、
あとどれだけの山系温泉や野湯に行けるだろーか?」
と、考えてみる。

こんな、居ても立ってもいられないような、
わさわさした気持ちになってしまうのです^^
(温泉好きの方!賛同してくれます・・よね??笑)

そんな訳で、私もシメ・ノユ(野湯)を楽しんできました。
岐阜県は塩沢温泉 湯元山荘跡地。

現在宿は廃業されていますが、
今でもこんこんと、笹濁りの湯が湧き続けています。
ろてん看板_R

橋を渡った先が、湯元山荘。
P1220549_R_20111010221543.jpgP1220557_R.jpg
ごぼごぼ_R川岸から_R
「ゴボ・・・ゴボゴボ」
濃いー炭酸ガスと共に塩ビ管から飛び出してきます。
鼻を付けると、咳き込んでしまうほど。


人々の手で守り続けられた、
極上・露天湯!
塩沢温泉2_R
※含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉(同じ源泉の七峰館分析表)
泉温:39℃(浴槽内29.8℃)、PH:7.7、色:白濁した笹色
香り:強烈な炭酸臭、微かな鉄の匂い、味:炭酸味、鉄、塩味(お出汁風味)

湯船からの眺望。
皆さんにも、はじまったばかりの
高山の紅葉をおすそ分け~
P1220591_R.jpg

湯温、景色、人の少なさ・・・
余りに快適要素が揃ってて、湯船から出れません!
この温泉が野湯(無料)だなんて有難すぎなのです。
「いい湯だな♪」
P1220594_R.jpgはいった!_R

同浴していた方も一緒に、
「あははん♪」
P1220574_R_20111010214321.jpg

この日は、塩沢温泉の愛好会の方が
直前に清掃をされていたらしく、
湯船の底は滑りなど一つもない綺麗さでした。
P1220541_R.jpg
※上写真:塩沢温泉愛好会のマナー遵守の看板。
湯船の横に3本並べて立てかけられた清掃用のブラシも置いてありました。

大事にされながらも、どこか寂しげにも見える
湯元山荘の木造家屋と湧き続ける露天湯。
未だ営業しているのかのようにも、思えてきます。

「今もなお愛され続けている温泉(宿)が
廃業してしまったのは、何故なんだろう?
当時は、どんな宿だったんだろう?」
とか。

素朴な疑問が頭を駆け巡ります。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「塩沢温泉 湯元山荘(跡地)」
(しおざわおんせん ゆもとさんそう)
住所:岐阜県高山市高根町池ヶ洞字塩沢 
TEL:実質的に野湯なのでなし。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/401-beefbe83
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
私は断然内湯派なんですが、露天・野湯系ではここのお湯が最高に
好きです。

でも、これからの季節。冬眠前の熊にくれぐれも用心して下さい。
Posted by 単純硫黄泉 at 2011.10.10 23:35 | 編集
YOOMIさん、毎度で~す♪
>温泉好きの方!賛同してくれます・・よね??
もちろん賛同ですよ!!直ぐに反応してしまう・・・アハハ

東北でも山の温泉は、あと一か月もしない内に冬眠です
今が紅葉で一番良い時かも

>同浴していた方も一緒に、
おいおい、バッタ君か・・・アハハ
でもとても綺麗な露天風呂ですね。野湯とは思えない
なんかもったいないですね
Posted by バカボンパパ at 2011.10.12 07:03 | 編集
おいらの家から比較的近い場所に、こんな素敵な野湯があるなんて知りませんでした~!!

これはぜひ行かなければいけませんね!!

YOOMIさん、気持ち良さそう~~♪

村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2011.10.12 23:26 | 編集
単純硫黄泉 さん。

熊・・・?
確かに、注意書きがあったような気がします。。

塩沢温泉は、大分で言うところのヘビン湯ぐらい
地元の有志によって、綺麗に保たれていました。
泉質も炭酸ガスが含まれていて、特徴的ですし
わたしも大好きです!
Posted by YOOMI at 2011.10.12 23:29 | 編集
パパ

パパ☆おばんです~!
賛同してくれますか。嬉しいです~^^

こちら西日本は東北ほど、
野湯や山の宿が多いわけではないので
出張ベースになってしまいますが^^

去年もいまごろ(最も紅葉が美しく温泉ピーク)に
秋田、岩手、青森、福島に巡業に出てました。
乳頭の黒湯まで一人歩いた山道の紅葉が、
忘れられません!そして11月は二岐温泉の(シーズンぎりぎり)
の紅葉。
ああ~、今年もタイミング探していきたいなぁ!
塩沢も野湯にしては立派な湯船で泉質も良かったですよ!
Posted by YOOMI at 2011.10.12 23:40 | 編集
はたぼーさん。

こんばんは~!
ぜひ行ってルポしてください。
野湯の決めポーズ、楽しみにしてます^^

ほんとに、気持ちいいの一言でした。
温度が低いので、行くんなら10月中がお勧めデス!
いつも、ありがとう☆ポチ☆
Posted by YOOMI at 2011.10.12 23:43 | 編集
廃宿に残された露天って、どこか侘しさを感じるんですよね。
近年、良泉の老舗宿が閉鎖するとの情報をよく見耳にし、もう入れないのかと残念な想いをしております。
でも、ココは有志で守っている…素晴らしいコトです。
機会があれば、お訪ねしてみたいお湯ですね。
Posted by くまのプー at 2011.10.13 05:11 | 編集
くまのプー さん。

>廃宿に残された露天って、どこか侘しさを感じるんですよね。
そうなんです!
その当時は、管理する人がちゃんと居て、
お風呂を楽しみにしてくれるお客さんがたくさん居て・・・
きっと、繁盛期(全盛期)みたいなのがあった訳で。

わたしたちは、
そう言う1シーンを想像してしまうからでしょうね。
Posted by YOOMI at 2011.10.15 13:09 | 編集
いい感じの露天風呂が素敵すぎます!

やっぱ若い美人の入浴画は絵になりますねね~♪
(ちょっと褒めすぎか? 笑)

そのうちぜひ仁王立ち姿でも披露してくださいませ☆

Posted by 永遠の36歳 at 2011.10.21 23:12 | 編集
永遠の36歳さん。

あ、やっぱり野湯で参戦してくださいましたね!?
ありがとうございます。

露天、いい感じでしょ?
東北の野湯に負けないぐらい、
個性的でいい湯でした。

> そのうちぜひ仁王立ち姿でも披露してくださいませ☆
裸で仁王立ち、手に牛乳・・・
そんなんどーっすか?(笑)
Posted by YOOMI at 2011.10.22 17:21 | 編集
こんにちわ。

あのすれ違った車、YOOMIさんがいたのですね!!
確か3台で来ておられましたよね?ビデオカメラを回してた方かな?
邪魔な位置に車を停めていてスミマセンでした^^;

塩沢温泉はYOOMIさんの記事を見てから、絶対年内に行こうと思っていました。
前日に近くの濁河温泉に行ってたので、帰り道に立寄っていたところでした^^

それにしても偶然というか残念というか。
もう少し、滞在していたらYOOMIさんに逢えていたのに・・・
でも、またいつかどこかの温泉で偶然逢えるかもしれませんね^^
そのときを期待して、村ポチっと☆
Posted by はたぼー at 2011.11.23 16:22 | 編集
はたぼー さん。

ご挨拶したかったので、残念です~!!

「気づいてくださるかな?」って思って
ずっと助手席から見てたんです(笑)←怪しい^^;
本当に一瞬すれ違っただけだったから。
カメラを回していた3台のうち1台に乗っていました。
テレビ番組の撮影だったんです。

濁河温泉にも行かれてたんですね!
私もその日、同じ小坂温泉卿に行ってました^^
ほんまに、超・ニアミスです!

いつか、お会いできる日を楽しみにしてます♪
Posted by YOOMI at 2011.11.23 16:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。