2011.11.09

山形_大平温泉_滝見屋旅館(温泉篇)

赤や黄色の紅葉トンネルを車で、抜けていきます。
約15分間。
「急げ、急げ・・・日が暮れてしまう!」
途中2_R

さあ、駐車場に車を止めれば荷物を持って、
今度は山道を歩いて下ります!
P1230792_R.jpg

「ざっく、ざっく・・・・」
滑らないよう、
落ち葉をゆっくりと踏みしめながら急勾配を下る。
30分間、も、なんですよ!
途中、絶景スポットやケルンにも遭遇。
こんな道をずっと2_R絶景スポット_R

息が切れてきたころ、
谷底に建つ赤い屋根の宿が見え、
また少しの元気を貰います^^
見えた~_Rつり橋をわたれば_R
P1230820_R.jpg
足元にある板の隙間から、
微かに見える谷底に目をやらないようにし、
宿までの最後の難関、つり橋をわたっていこう。

「ついたーーーー!!! 大平温泉 滝見屋」
山形県は吾妻連峰の奥にある、
歩いてしか辿りつけない秘湯の宿です。
滝見屋概観_R

「山の夜は早いです!
夕方5時までには必ずおいでくださいね。」

と、予約時に電話ごしで交わした
女将さんとの約束を守れました ふぅ~。
露天風呂への道しるべ_RP1230827_R.jpg

【女性専用露天風呂】
滝見屋さんに来て、一番の楽しみ♪
それは、
手を伸ばすと届きそうなほどの渓流きわきわ露天風呂!
女性専用_R

宿の敷地内には、露天風呂が幾つかあるのですが
女性専用露天風呂から眺める、
紅葉の鮮やかさや、んん・・・・何と言っても~
満天の星空は世界観が変わります^^
女性専用露天から見える_RP1240080_R.jpg
※写真左上:女性専用露天風呂脇の渓流、右上:貸切露天風呂

【混浴露天風呂】
混浴露天風呂は宿泊者だけの限定。
消しゴムのかすのような湯の華が無数に舞い、
強めの硫黄の香りがする極上湯を楽しめます。
P1230973_R.jpg
※源泉名:
◆大平1号源泉(泉温:62.8℃)泉質:カルシウムー硫酸塩泉 ※露天風呂
◆大平2号源泉(泉温:53.5℃)泉質:含硫黄ーカルシウム・硫酸塩泉 ※内湯
浴槽内:約40℃~42℃、PH:7.4、色:透明、香り:石膏臭、しっかりとした硫黄臭
味:ほとんど無味、微硫黄、成分総計:(1号源泉)1150mg/kg、(2号源泉)1181mg/kg、


湯花_RP1240047_R.jpg
※写真左上:湯花、右上:数秒に一回、塩ビ管から温泉が噴射する打たせ湯
P1240039_R.jpgP1230981_R.jpg
※写真左上:混浴露天のすぐ前にある小滝、右上:湯船から、少し遅い紅葉。

ここまで来れば、
電話の音も聞こえないのです。
(アプローチの山道から既に、圏外だから^^;)

川の音と、湯がジャブジャブと溢れる音
だけを楽しむのが本当の贅沢だと実感させてくれます。

大好きな東北で
久々に山篭りしちゃいました。
つづく・・・
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/408-df6623de
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは~。。。

これはまたスゴイ秘湯に行きましたね。
夜になったら遭難しそうですし、
雪が降ったら大変でしょうね。たどり着けるのかなぁ。
Posted by 湯次 at 2011.11.09 00:55 | 編集
素晴らしい風情だこと(メモメモ!)
特に夏の渓流わきの露天って好きなんですよね。
渓流に飛び込めば、火照った体を冷ますのに最高♪

…でもココは難関だなぁ~
この吊り橋…オイラの体重を支えられるのかぁ~(心配?)
ココまで来て引き返すなんてのは…勘弁ですもん(笑)
Posted by くまのプー at 2011.11.09 05:23 | 編集
歩いてしかいけない、
山、
硫黄、
絶景、
めっちゃひかれます!!いってみたいです♪♪
Posted by ☆arie☆ at 2011.11.09 08:07 | 編集
YOOMIさん、毎度で~す♪
わぉ~大平に車で行ったのね、お疲れ様でした。
ここの道は、車で行ける温泉としては難度が高いです
私の車はミニバンタイプなので切り返しをしないと曲がれない所が二か所ぐらいあり対向車が来たらどうしょうかなとハラハラドキドキで心拍数が上がりますね

米沢は秘湯が多くあり何処を回っても面白い湯めぐりができるスポットです。あとどの辺を回ったのかレポート楽しみにしてますね。
Posted by バカボンパパ at 2011.11.09 22:59 | 編集
湯次さん

こんばんは~^^

冬期は11月の初旬から休業されるんです。
だから、遭難は間逃れますよ!

今回は泊まりで行ってきたんでよかったですが、
日帰りだったら、結構大変だろうな~と
思います。
Posted by YOOMI at 2011.11.10 23:37 | 編集
くまのプーさん。

つり橋は、5人まで一度に乗れる強度が
あるから大丈夫っす!

渓流沿いの露天風呂は夜に満天の星空を
見ながら入るのが、めちゃくちゃ気持ちいいです。
遠方から来ただけある、
感動を与えてくれますよ^^
Posted by YOOMI at 2011.11.10 23:39 | 編集
☆arie☆ さん

山の達人☆arie☆ さんなら大丈夫!
雷鳥沢ヒュッテよりは難関じゃないですよ(笑)

ほんと、山、硫黄、絶景に癒されました。
あと、ご飯も美味しいので、
言うことなしでした!!!
Posted by YOOMI at 2011.11.10 23:40 | 編集
パパ

毎度です~!
行きの山道は一回では切り返せないカーブが
何度も続きますね。対向車が来てもミラーが
ないので、分かりづらいのもハラハラしました。

今回は初、山形なので、王道を湯巡りしてきました。
あと、共同浴場も少々^^
またレポート順次アップします~!
Posted by YOOMI at 2011.11.10 23:43 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2011.11.11 14:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する