2009.08.16

愛知県_湯谷温泉_はず木

愛知県の奥三河、湯谷温泉にある「はず木」さん、

「はず合掌」「和のリゾートはず」「湯の風 はず」「はず別館」などご家族で1宿1宿個性を持つ、

さまざまな温泉旅館をこのエリアで経営なさっています。


この「はず木」さん、雑誌で見てずっと行きたかった処なのですが、ふとしたきっかけで、
今回急遽お邪魔することになったのです。

この偶然とも言えるきっかけに感謝感謝ですペコちゃん
古民家を基調にした心安らぐ和風の旅館。夕暮れの中の外灯が綺麗!
P1050331_R_20090814001816.jpg




到着が少し遅くなったにも関わらず、大女将ご夫婦まで出てこられ、笑顔でお出迎えしてくださいました。ウェルカムティーのお茶とお菓子をいただいた薄暗いロビーには、いくつもの絵万灯が飾られています。地元のアーティストの方がデザインされたそうで、オーナーでもある息子さんが「日本の和の心を取り戻したかったんです。且つ電気を使わなくても済むし、プチ・エコプロジェクトなんです話が変わる・・・」と旅館に飾られたのがきっかけを笑顔で話してくださいました。
はずまんとう4



ロビーでコーヒーやウェルカムドリンクをいただきます。川のBGMが絶えず流れて、窓からはマイナスイオンが混じった(!?)涼しい風が吹き込んできます自然全館5室でこじんまりとしていて、天井もわざと低く作られているので、まるで人のお家に遊びに来たような安心感があります。1人旅は、私・・・したことないけど、ここなら来れそうですねあせっ
ここに居たら時間の流れが止まるなぁ。。




さてさて早速夕食です。
はず木のお料理は、その純日本風テイストな宿の趣からは想像できないんですが、
なんと中国薬膳料理!上海一流ホテルのシェフを本国からわざわざ宿の厨房に招いたそうです。ダチョウのお肉やスッポン、アワビなどの素材を体に優しい木の実や薬草で煮たり炒めたり・・・ハオチーですさとと-モモ
プレゼンテーション5






温泉は湯谷源泉から各旅館に配分されているそう。湧出してるところで一旦50℃ぐらいに温められて、「はず」にたどり着くまでにお湯は丁度いい温度になってるんだって。

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉。黄褐色に輝いてるでしょ星味はちょっとショッパイ!でも体はしっとり温まるお湯はーと


夜の温泉風景。
P1050348_R.jpg

こんな可愛い湯治客まで来てますアンパンマン
P1050361_R.jpg








朝は朝で「朝風呂」ねッ。
お風呂
館内を散歩。ロビーにはあまごや鮎も泳ぐ澄んだ川を見下ろすテーブルがあり、
ほんのり日差しが差し込みます。
館内1


そして、今朝も朝ご飯を待つ小さなお客さんがここには居ますさとと-にわとり
P1050372_R.jpg







自然のお客さんがいっぱいで、心が豊かになる宿でした。

作られた田舎風を演出する旅館が多いけど、このお宿は凄く自然体。

だけども宿のオーナーの心遣いや拘りが隅々に感じられる。


本当の意味で居心地の良い処でしたおやすみ…

絵万灯、ありがとうございました。
うちのお家の玄関に飾ってあります。


ブログランキングに参加しています
下のボタンを2つクリックしてね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「はず木」
住所:〒441-1631 愛知県新城市豊岡字滝上45-1
TEL: はづ予約係/0536-32-1211(受付時間 8:00~22:00)
アクセス:東名豊川ICからR151経由で車で約40分/JR飯田線湯谷駅下車徒歩3分。

日帰り入浴付昼食プラン:
(11:00~14:30) 6,300円、8,400円、 10,500円、 12,600円 (税・サ込・1名あたり)
日帰り入浴付夕食プラン :
(17:00~21:00) 8,400円、10,500円、12,600円、15,750円、18,900 (税・サ込・1名あたり)
※料金はお食事により変わるらしいので確認してくださいね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/41-7b4b0d79
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
YOOMI'S san

こんばんわー!
いつもブログをちょくちょく拝見させていただいてます。
お盆休みは大分でYOOMI'Sさんに大分秘湯情報を!と思ってたのですが、結局実行出来ずで・・・・。
しかし、ここは外観も中の感じも絵万灯のアイデアもステキングです!
でも、何といっても食いしんぼの私はどうしても薬膳料理が気になりましたが・・・・(笑)
Posted by まめしばやっこ at 2009.08.16 23:47 | 編集
YOOMIさんらしい温泉チョイスですね。良い温泉です。
いつも情報源は何なんだろうって思います。温泉バイブルは結構持っているのですが、いつもその枠外からUPされるので、感心しています。流石です、師匠ッ!

でもエコ…真剣に考えていかなくてはいけないテーマですよね。
Posted by 如水 at 2009.08.17 07:05 | 編集
>まめしばやっこ 様

コメントありがとうございます!
ぜひ薬膳料理一度試してみてくださいね。
渓谷と川の音を見に行くだけでもヒーリング効果抜群です。

大分はリアル温泉天国ですよね。大分で行ったことある宿といえば、
別府の「かんなわえん」ぐらいです。
私にとってはまだまだ未開の地ですので、お薦めがあれば是非教えてください!ちなみに今「神丘温泉」、かなり気になってますv-346

Posted by YOOMI at 2009.08.17 10:42 | 編集
>如水さん

ログ拝見しましたが、
お仕事で忙しい葉月だったようですね!

わたしのアップする温泉、そんなに王道から逸れてます!?(笑)
ちなみにMyバイブルは皆がよく見る「自遊人」「CREA」「一個人」「松田先生著書もろもろ」「インターネット」・・・・と、あと温泉好きの親友M子の知恵袋です(^ u ^)この人もまた結構すごい(自遊人)なのです。

盆明け一日目お仕事頑張りましょう!!


Posted by YOOMI at 2009.08.17 10:51 | 編集
逸してないですよ。
ホメてるのよ。

そんなに度々温泉へ行けない私なんかは、どうしてもメジャーな秘湯を求めてしまうのですが、YOOMI師匠は、確実に鄙びた場所をチョイスして、100%満喫なさっているので、凄いな…って、ビビってるんです(笑)

M子様もご活発、なかなかの素敵レディですね。ログへお邪魔しようかな♪
Posted by 如水です at 2009.08.17 23:16 | 編集
鄙び系とラグジュアリー系と、どっちも交互に行きたいですよね。
でも、最近鄙び系Onlyになてきてる(笑)。

でも、いろいろ行った結果、庶民的で肩肘張らなくて、宿の人の心遣いが何気なく感じれるような宿が私には合うような気がします。キャラクターに合った旅館が一番ってことですね。

如水さんも、マニアック系宿探して教えてねe-461


Posted by YOOMI at 2009.08.18 12:22 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2009.08.20 02:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する