2012.02.25

山形_蔵王温泉☆共同湯めぐりの旅。

蔵王の共同浴場めぐりの追憶です。

まずは「かわらや」さん。
メインは日帰りの温泉施設ですが、少人数なら宿泊可能だそうです^^

こちらの温泉は、偶然「川原湯共同浴場」と勘違いして
お邪魔したことがきっかけで知りました。

「あの~、川原湯共同浴場さんでしょうか?」
玄関の扉を開けて、中に居た女将さんらしき女性に伺う。

「いえ、うちはかわらやです。」

「すみません!失礼しました。」
自分の勘違いに気づき、焦って玄関を出ようとしたその時、

ちょっと待って!
せっかくだし、うちの湯も見るだけ見てって♪
うちも、すのこの下から自噴する温泉なの。
浴室を見てから入浴を決めてもらってもいいわ!」

と、自信ありげな口調で女将さんに入浴を強く勧められたので、
なんだか、気になり。。

【すのこの湯 かわらや】
P1230153_R.jpg

やってきました、
「すのこ浴場

まだ新しい木の香りがする長細い浴槽で、カランが別部屋になっています。
乳白色が濃厚過ぎて、透けては見えませんが、
足元では確かに「すのこ」が敷かれてるのを感じます。
P1230179_R.jpg
イメージしていた、足下からプクプクと湧く「気泡」を感じることは
出来ませんが、浴槽から静かに湯が溢れ続けているのを見ると、
すのこの下の源泉から確かに温泉が湧いているのでしょう。
P1230157_R.jpgP1230173_R.jpg
※源泉名:かわらや源泉、泉温:48.1℃(浴槽内約43℃)、
泉質:酸性・含鉄・硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物泉、PH:1.7
色:少しブルーがかった乳白色、味:渋柿のような強烈な渋み・酸味、香り:硫黄臭

酸性明礬泉特有の強い酸味と渋さ(+濃厚さ)と言い、
総木造でこじんまりとした浴室と言い、
外湯の中では一番お気に入りになりました。
思わぬ発見です♪


【川原湯共同浴場】
そして、かわらやさんと隣接しているのが、
川原湯共同浴場のすのこ風呂。やっと辿り着きました!
P1230188_R.jpg

こちらも「すのこ」の下にある源泉から、
空気に触れることなく湧く温泉です。
P1230191_R_20120219122337.jpg
※源泉名:蔵王温泉 川原湯共同浴場、泉質:酸性・含鉄・硫黄ーアルミニウム
ー硫酸塩・塩化物泉、泉温:48.1度、PH:1.45 

湯面から、くっきりと「すのこ」が見えるので、
なんだかワクワクするのですが。
壁際の細い塩ビ管から絶えず水が注がれていたため、
特徴がやや控えめに感じたのが残念でした。


【下湯共同浴場】
朝風呂を兼ねて行ってきました。
他の共同浴場と比べて、底に湯の華がどっさり沈殿しており、
掻き混ぜると、乳白色に変わります。
東北通の温泉仲間が「ここがお気に入り!」と言っていたは
こういうポイントなのかな~と思います。
P1230339_R.jpg
P1230384_R.jpg
※源泉名:蛇荒川折口・インキョ・上の川混合、泉質:酸性・含硫黄ー硫酸塩・塩化物泉
泉温:56.9度(約42℃)、PH:1.8、色:青みがかった乳白色、香り、味:硫黄臭
P1230371_R.jpgP1230351_R.jpg
かけ湯の貯湯槽の底にも湯の華が大量に沈殿しています。


【上湯共同浴場】
こちらは宿泊していた「おおみや旅館」さんのすぐ前にあります。
他の共同浴場に比べて、湯の温度がかなり熱かったです。。
P1230333_R.jpg
P1230310_R.jpg
※源泉名:大湯1号、泉質:酸性・含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩・塩化物温泉
泉温:54.0度(約44℃)、PH:1.6、色:青みがかった乳白色、香り、味:硫黄 
P1230323_R.jpgP1230317_R.jpg


2月に入ってから、インフルエンザなどで
山形の再訪プランが企画倒れになってしまいました。。

そんな悔しい想いを抱きながら、
去年訪問した蔵王温泉の追憶にふけています(笑)
(ちょっと記憶が飛んでいる部分もありますので、お許しください^^;)

いま、とっても行きたい山形です。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/412-81cc85bc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あら!間違って訪問しちゃったのに外湯の中で一番よかったなんて、思わぬいい浴場との出会いでしたね^^

きっと温泉の神様が、YOOMIさんにめぐり会わせるよう仕組んだのでしょうね^^

どの浴場も木造のスタイルが趣あっていいですね~♪

村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2012.02.25 19:54 | 編集
蔵王温泉は、大露天風呂と湯の川のルポを拝見した際にも気になっていましたが、
共同湯も、いずれも趣があってイイですね!

屈指の強酸性とお聞きしておりますが、お肌は大丈夫でしたか?

Posted by くまのプー at 2012.02.26 03:27 | 編集
おばんです!
はじめまして、のらさんつながりで拝見してました。

川原湯は中を修理してからカナリ無粋になってしまいましたが、お湯自体はたぶん一番新鮮です。上から注いでいる沢水で若干温度調整してますが元々透明です。沈殿している細かい湯の花をワラワラすると白く濁ったりします^^

湯船は、今なら「かわらや」さんの方が風情あるかも^^;
Posted by 放浪番頭 at 2012.02.27 21:16 | 編集
「かわらや」さんは共同湯ではありませんが、とても素晴らしい所です。火災で宿が焼失した後もがんばってまずは日帰り温泉から営業中。

みなさんでここも盛り上げていっていただければと思います。
淘汰されるべき宿や施設も多いですが、ここはいつまでも残ってほしいと思う場所です。久しぶりに行ってみるかな~。
Posted by ごまちゃん at 2012.02.28 12:41 | 編集
はたぼーさん。

こんばんは♪
蔵王はどの共同浴場も木造の風情ある造りで
感動しましたよ!

かわらやのお母さんに引き止められた私は
幸せものです^^
Posted by YOOMI at 2012.02.28 21:33 | 編集
くまのプー さん。

そうそう^^蔵王は大露天風呂は絶景だし、
共同浴場は風情たっぷりで、
ほんとに大好きになりました!

そうそう。
強酸性と聞いてたので、私の肌はやばい・・・
と恐れていたのですが大丈夫でした(セーフ)
塚原の方がピリピリした感触がありました。
Posted by YOOMI at 2012.02.28 21:36 | 編集
放浪番頭 さま

おばんどす^^
のらさんのページで何度かコメント拝見しております(笑)

川原湯は中を修正してから、湯船の内側に排湯溝があって
微妙にオーバーフローしなくなったと聞きました。

沈殿している湯花で白濁したりするんですか!?
ずっと群馬から来られた入浴客と話しこんでいたので、
ワラワラするの忘れちゃいました Σ(゚Д゚;)
Posted by YOOMI at 2012.02.28 21:44 | 編集
ごまちゃん さん。

コメントありがとうございます!
「かわらや」さんは、実は焼失された後、
日帰り温泉を営まれていることを知らなかったのですが、
5年前ぐらいの自遊人で、焼失前の姿が掲載されていて
一度泊まってみたいと思っていたところでした。

浴室の落ち着き、湯の感じ・・・
ほんとに良かったです!
湯上りは、お母さんと二人で話し込んでました(笑)
Posted by YOOMI at 2012.02.28 21:50 | 編集
蔵王温泉は大露天風呂にしか入っていないので機会があればゆっくり泊ってみたいですね♪

行くなら「さくらんぼ狩り」も兼ねて行きたいな~(^^♪
Posted by きよちゃん at 2012.02.29 21:48 | 編集
おひさです!!

さすが 東北って感じですね

いつかは、行ってみたいもんです

Posted by ヒジカタくん at 2012.03.01 15:36 | 編集
ヒジカタくん

おひさしぶりです^^
蔵王は共同湯の風情もあって、何より湯も硫黄臭たっぷりの
乳白色で、もう一度行きたくて日々回想しています(笑)

Posted by YOOMI at 2012.03.03 09:29 | 編集
きよちゃん。

「さくらんぼ狩り」いいですね!
山形へはもう少し雪解けになってからでしょうかね?
(次に行く機会をひそかに狙っている・・・笑)

蔵王の大露天風呂もこれらの共同湯も
また違った趣きがあり、蔵王は全部楽しめました。
あ~また行きたい!!

Posted by YOOMI at 2012.03.03 09:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する