2011.11.27

山形_蔵王温泉_おおみや旅館

蔵王で宿泊した
「おおみや旅館」さん。

「お値段も手ごろで、3つの自家源泉を
持っている。」と聞いて、宿泊を決めました!

他の旅館さんや共同浴場「上湯」の間を抜けた
路地の奥にひっそり建っているので、
初めて来たら、建物に気づかずスルーしてしまうかもしれません。

・・・が!

5つのお風呂が楽しめる
温泉好きには嬉しい宿なんです^^
おおみやはここ_R
※上写真:おおみや旅館。最奥のガラスドアの建物がそうです。

館内は広すぎず、アットホームな雰囲気が漂います。
和を基調にした内装からは、どこか''落ち着き''
が感じられ、半日の短い滞在でしたが、
ゆったりできました*(´∀`*)*
P1230225_R_20111127120953.jpg源泉風呂の暖簾_R
おおみやの部屋_R蔵王温泉げた_R
※1段目・左写真:玄関前のロビースペース、右写真:期待の源泉風呂への入り口。
※2段目・左写真:お部屋。窓を開けると共同浴場「上湯」が見えます。

おおみや旅館さんの浴室は、
総木造、大きなガラス張りの冊子で作られているのが特徴!
風情があって、凄くいい感じです^^

【浴室1】
一番のお気に入りは「玉子風呂」。
まん丸の湯船の形が玉子に似ていることから、
この名前がついたそうです。
たまご風呂(夜)_R
山の温泉は熱いお湯が多い印象がありますが、
温度は他より少し低く(39℃~40℃)ゆったり入れます。
木の床に温泉がサラサラと沢山溢れ出しているので、
うん、湯も新鮮^^
玉子湯口_R玉子風呂看板_R

玉子風呂の外の露天風呂。
温度が熱めで、油臭(?)のような、焦げたような
鼻をつく硫黄の香り
が湯船に篭っていました。
露天_R
※源泉名:(近江屋1号泉、2号泉他)泉温:52℃(浴槽内44~45℃ ※熱い時期は加水)、
PH:1.9、泉質:酸性・含鉄・硫黄ーアルミニウムー硫酸塩、塩化物泉、色:薄っすらは白濁。
香り:ほんのり硫黄臭、味:酸っぱさや渋みも優しい湯、成分総計:3847mg/kg


露天風呂では、新潟泊まりに来ていたお母さん二人と
仲良くなり、1時間ぐらい雑談していました。

「蔵王温泉」と言えば「おおみや旅館」に宿泊している
と言うコアなリピーターさん。

「こっちの湯は玉子風呂の湯と少し違うわよ~!」
露天風呂に入るなり、湯の香りを嗅いだり、舐めたり、
入念にお湯チェックをされていた様子を見ると。。

かなりの好きだと見ました。

今日、関西から電車に乗って一人で蔵王に乗り込んできた
と言う私に、随分、関心を持ってくださり話は大盛り上がり^^;

さて、話は温泉へ戻り・・・
もう1つの浴室に行って見ます♪

【浴室2】
「泡風呂」と「源泉風呂」と言う四角い湯船。
P1230447_R.jpg

「泡風呂」は、源泉地から管(1.5mの高低差)で
温泉を引いてくる際に、少し空気が混じり、
湯船の中で気泡が出来ることから着けた名前だそうです。
P1230427_R.jpg露天2(採用)_R
※左写真:泡風呂、右写真:露天風呂(湯船横の石垣から自然に温泉が湧いている!!)

温泉が石垣から湧出していたり・・・
山の上から湧出していたり・・・

しかも、
すべて自然湧出なんですよ


なんだか、
夢のような温泉旅館でした。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆


「おおみや旅館」(おおみやりょかん)
住所:山形県山形市蔵王温泉46
TEL:023-694-2112
料金:(日帰り)525円、(宿泊)プランによって異なるので、下記URLを見てね!
おおみや旅館HP
アクセス:JR山形駅から「蔵王温泉行きバス」で40分。バス停より送迎あり。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/413-9887b1c6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
温泉成分にアルミニウムが入っているんですね。
満月の夜に入るとお湯がキラキラ輝くのでは?

レトロな客室に泊ってみたいですね~
Posted by きよちゃん at 2011.11.27 19:52 | 編集
やはりレベルの高い湯ですな~~

おいらは、近場をディープに這いずりまわっております

隠し湯っぽい”寺尾野温泉”良かったですぞ~~
奴留湯から10分ほどのわかりずらい所です
・・・(行ってたりして・・)

Posted by ヒジカタくん at 2011.11.28 16:09 | 編集
きよちゃん。

アルミニウムが豊富に入っている湯って、
なんか渋い味がする印象があります。
きらきら光ってたのかな^^

おおみや旅館さんは良かったですよ!
お風呂がたくさんあって、
源泉や浴槽によって微妙に味とかも違って
飽きることがなかったデス!!
Posted by YOOMI at 2011.11.28 20:40 | 編集
ヒジカタくん !!

こんばんは^^
近場で「寺尾野」「奴留湯」ってのが羨ましいです。
実はね・・・どちらも先月に行ってきたんです。
弾丸で大分(耶馬溪・別府)と熊本行ってきて。

寺尾野は、しっかりした硫黄臭とぬるめの湯が
最高でした。あと脱衣所と浴室がドッキングしていて、
昔ながらの共同浴場の風情もあって。
一度浴槽に入ったら出るのが嫌になりました。
かなりハマります。
Posted by YOOMI at 2011.11.28 20:45 | 編集
お湯もさることながら…
まん丸の湯船や畳敷きの廊下もイイですね。
部屋でトドって、お風呂でトドって・・・
廊下でもトドってみたい(笑)

それに一人でも宿泊OKなのが嬉しいですね♪
でも、この雰囲気だとまったりと好きな人と…かな?
Posted by くまのプー at 2011.11.29 15:00 | 編集
くまのプーさん。

そうそう、おおみや旅館さんは、一人泊も心良く
受け入れてくださいましたよ。

お宿の方の対応と言い、
女性の一人旅に優しいお宿でした。

> 部屋でトドって、
できますね。

お風呂でトドって・・・
それも、蔵王だから。できますね!

> 廊下でもトドってみたい(笑)
えー!?それは邪魔でしょーーー(爆)
Posted by YOOMI at 2011.12.01 00:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する