2011.12.10

山形_滑川温泉_福島屋

「滑川温泉 福島屋」さん。

標高850m、吾妻連邦の山奥にある湯治宿。

米沢八湯は、1つ1つが山を挟んで距離が離れているので、
1泊2日の短い日程の中で廻るには、
ど~しても、目的地を絞らなきゃならず、

東北の仲間から「湯が良い!」と聞いていたので、
こちらに行くことにしました。

湯の良さもさることながら、湯治場の情緒を味わったり、
低料金で自炊ができたり・・・と。
温泉ファンには根強い人気がある宿のようです。
P1230549_R.jpg
比較的近い所にある「姥湯温泉」とは異なり、
日帰り客の出入りもやや控えめ。
「山の秘湯」の印象を強く感じました。
P1230696_R.jpgP1230698_R.png

【内湯】※混浴
長方形の御影石の浴槽は定員10人ぐらいの広さなのですが、
豪快に新湯が溢れ出ているんです!!
そう、この贅沢な湯使い・・・わざわざ遠征した喜びを感じます。
P1230589_R.jpg
※源泉名:滑川温泉、泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉、泉温:53.6℃
(浴槽内約44℃)、PH:7.2、色:手足が透ける程度の微白濁ブルー、
香り:玉子臭、味:薄っすら玉子味、感触:想像以上に優しい湯。ツルツル感もあります。
※溶存物質:1086mg/kg
福島屋内湯_Rとくとく_R
湯の華_RP1230586_R_20111210214340.jpg
溶き玉子の様な湯の華もふわふわ舞っていて♪


【露天】※混浴
さあ、いよいよ楽しみにしていた渓谷沿いの露天風呂!
湯船までは、宿舎から外履きに替え、川沿いを1分歩いていきます^^
P1230646_R.jpg福島屋露天風呂の看板_R
目の前は、黄金色や朱色に染まった木々~
色鮮やかな紅葉トンネル。
わたしの地元では決して見ることができない貴重な光景です。

P1230681_R.jpg
P1230654_R.jpgP1230655_R.jpg

KOHYO ONSEN
P1230648_R_20111210220128.jpg
露天で一緒だった福島県のお父さん。
紅葉をバックに、モデルになっていただきました!

今年も、こんなに寒くなっちゃいましたが。
みなさん、季節外れの紅葉温泉、お楽しみください^^


☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「滑川温泉 福島屋」(なめかわおんせん ふくしまや)
住所:山形県米沢市大沢滑川15番地
TEL:0238-34-2250 or 090-3022-1189(衛星電話)
料金:(1泊2食)9,800円~、(日帰り入浴)500円 
※湯治料金は要問い合わせ
営業時間:9:00~16:00 ※4月下旬~11月上旬まで。
アクセス:東北新幹線福島駅乗り換え、奥羽本線峠駅下車、車(送迎)10分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/414-bb3754bb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こちらも鄙び感がいっぱいで良さげですね♪
連続登場のタイムリーな熱い湯で、
見ているだけで心地よいです!
福島のお父さんが羨ましい・・・

今から、道後・常磐さんに行ってきます!
Posted by 湯次 at 2011.12.11 11:39 | 編集
豪快に溢れだす湯量に想像以上に優しい湯…イイですね♪

人吉での数泉を終えたばかりなので、
今はこんな宿でゆっくりしたい気分です。
でもここは、冬季閉鎖なんですね。
Posted by くまのプー at 2011.12.11 17:13 | 編集
私がここに泊ったのはもう14年も前(^^)
玄関前の写真や混浴の内湯の写真を見る限り当時のままの姿ですね~

私が泊ったところは江戸時代に建てられたところで部屋には鍵がありませんでしたよ。

また泊りに行きたい♪

おっとその前に大平温泉に泊らないといかんな~
Posted by きよちゃん at 2011.12.12 21:11 | 編集
湯次さん。

湯次さん、熱い湯がお好きなんですね^^
この季節は、熱い湯が恋しくなるんですが、
が。
未だに私は44℃以上の湯に入るのに、
歯を食いしばります。

> 今から、道後・常磐さんに行ってきます!
えええええ~!また行かれるんですか?
はぁ、私も又行きたいですー。常盤さん。
てか、愛媛にまた行きたい♪

そういや、湯次さん。小藪温泉行かれてましたね^^
「先越されたぁ~!」って思ってました(笑)
Posted by YOOMI at 2011.12.13 23:27 | 編集
くまのプーさん。

人吉&吉松&岩戸の数泉、湯疲れさまです^^
鶴丸を見た瞬間・・・
興奮気味にコメントさせていただきました!
黒湯は堪能されたのでしょうか?
あの何とも表現しにくい香りを嗅ぎたいです。

男女の脱衣所を繋ぐ、手押しのドアから
間違って男風呂に行った思い出が懐かしいわーん。。
Posted by YOOMI at 2011.12.13 23:32 | 編集
きよちゃん さん

こんばんは♪
14年前に行かれてたんですか??^o^;

う~私はその頃、温泉にのめりこんでなかった
なぁ。

江戸時代に建てられた部屋なんかも
あるのは知りませんでした。
それ、興味あります!!
開湯が寛保数年って言うだけありますね~。
Posted by YOOMI at 2011.12.13 23:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する