2011.12.05

長野_渋温泉_臨仙閣

憧れの「臨仙閣の湯」に遂に入ってきました!

■臨仙閣との出会い。
【過去記事はこちら】

長野の渋温泉にある「金具屋さん」の隠し湯と、
勝手に私は呼んでいるんですが。。
(現在は宿やお風呂の営業はされていないので。)

細い路地裏にひっそりと構える木造の浴舎といい、
脇の塩ビ管から流れる廃湯と湯気といい、
通るたびに心をくすぐられてました。

あ、そうそう。
ちなみに、「臨仙閣」は今年7月になんと!
建物と浴室が、国登録有形文化財に認定されたそうです
りんせん概観_R

玄関。ピンクのエキゾチックな照明。
「ささ、初潜入ですぞ。」
りんせんかく玄関_R
中は、薄暗く、怪しい雰囲気すら感じます。
地下の階段を下りて、また上がる・・・と、
P1250716_R.jpgP1250799_R.jpg


りんせんかくの湯!
高い湯屋造りの天井、湯船に突き刺された太い柱・・・・
やったぁ~、これこれ(涙)
りんせんかく①_R
りんせんかくにはいったにょん_RP1250735_R.jpg
※源泉名:比良の湯、薬師の湯、とんびの湯混合泉
泉質:ナトリウムーカルシウムー硫酸塩、塩化物泉、泉温:57.7℃(浴槽内42~3℃)
PH:4.03、色:笹濁りっぽい透明、味:鉄味、微苦味と塩味、成分総計:1204mg/kg


三角の湯口は塩の粒のような丸い結晶に
覆われていました。
P1250732_R.jpgP1250772_R_20111205005341.jpg
P1250750_R.jpgP1250777_R.jpg
木造の和のテイストに、アンティークっぽいランプが
あしらわれ、なんか居心地がいい空間です


そして、「熱の湯」。
丁度こちらは時間的に男性専用になってました。
・・・なため、当然、入れませんでしたが、
上林源泉を引いており、違った感触を楽しめるようです。
P1250781_R.jpg

再訪で念願かなって、帰りはニヤニヤが止まらない・・・
( ̄ー ̄)♪♪

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/417-c67a41c4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
またまた、ハードルの高い温泉ですね!

>(現在は宿やお風呂の営業はされていないので。)
ということは、もう入れないってことですか。
興味津々の温泉ですね。


Posted by 湯次 at 2011.12.06 20:48 | 編集
ニヤついているYOOMIさんの顔が目に浮かびますね(^^)
私も入ってニヤつきたいです。

金具屋は私も待月荘に泊って源泉見学ツアーに参加して湯の華いただいてきましたよ♪
Posted by きよちゃん at 2011.12.06 21:30 | 編集
一応、金具屋の名前と場所は知っていますが、庶民には敷居が高い気が…(汗)
臨仙閣…
中年ギャグ浮かびましたが自粛しときます(笑)


それより、なんですか次記事はっ!!!(;´Д`)ハァハァ
Posted by 永遠の36歳 at 2011.12.06 22:54 | 編集
金具屋には泊まったことがありますが、源泉ツアーやこんな隠し湯があるなんて知りませんでした^^;

YOOMIさんうらやましいな~。

村ポチ☆

Posted by はたぼー at 2011.12.07 04:03 | 編集
ここの雰囲気はイイ~!
(画像に目が、釘付け+ボルト締め+協力接着剤…)


「帰りはニヤニヤが止まらない・・・」
      ↑
何だか、腹が立ってきた…(笑)  羨ますぃ~♪
Posted by くまのプー at 2011.12.07 10:17 | 編集
湯次さん。

期間限定のイベントの時だけ開放されるんですよ^^
よかったら、一度、アタックしてみてください。
館内も浴室も、不思議な魅力がある温泉です。
湯も濃厚で、ガツンときますよっ!


Posted by YOOMI at 2011.12.10 01:45 | 編集
きよちゃん。

きよちゃんも、待月荘に泊まっておられたんですか!?
しかも源泉ツアーも参加ですか!
凄い、偶然^^

いただいた湯の華は氷砂糖みたいな固形の
ものでしたよね??帰りに袋が破れて、湯の華で
リュックの中が真っ白になりました(笑)
Posted by YOOMI at 2011.12.10 01:48 | 編集
永遠の36歳さん

> 中年ギャグ浮かびましたが自粛しときます(笑)
臨仙閣に、臨戦体制・・・
とか言わないでくださいよ(笑)
それは商標登録とっていますから。

次の記事は、、三連ほにゃらら・・・
Posted by YOOMI at 2011.12.10 01:50 | 編集
はたぼーさん。

あるんですよ、隠し湯!
私も去年知ったんですけど、その昔は宿として
営業されていて入っている方もいるみたいです。

あ、源泉ツアーは面白いですよ。
間欠泉みたいなワイルドなのも見せてくれますし^^
お土産は湯の華なんです♪
Posted by YOOMI at 2011.12.10 01:52 | 編集
くまのプーさん。

>(画像に目が、釘付け+ボルト締め+協力接着剤…)
ボルト締めになっていただけましたでしょうか♪
ここは、本当に入ってみたかった一湯だったので
感激の余り、凄い長湯してしまいました。

浴室までに、一度地下に下りるアプローチにも
心がくすぐられます。。
Posted by YOOMI at 2011.12.10 01:55 | 編集
こんにちは。
ここ、2000.11.12 に訪れた時は廃業していて、金具屋の買収前でした。 写真を拝見しましたが、エエ雰囲気ですねぇ~。
「源泉名:比良の湯、薬師の湯、とんびの湯混合泉」他の成分表を撮ってありましたら、DMにて配信して頂ければ幸いです。
Posted by 齊藤@群馬 at 2017.01.26 09:44 | 編集
齊藤@群馬 さん

メールにてお送りしました!
Posted by YOOMI at 2017.02.02 14:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する