--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.10

長野_渋温泉_横湯荘

毎年、1年に1回は渋温泉付近を訪れるのですが
路地裏を探検していたときに偶然見つけた、
妙に気になるお宿があるんです。

路地裏の目立たない位置に建つのに、
周りを凌いでオーラを放つ、その「鄙びた湯治宿」に、
思いきって電話してみました。
(ちなみに、温泉の情報がネットなどで余り公開されていないのです。)
P1250706_R.jpg
※上写真:横湯荘の概観。白地に墨文字・・・このシンプルな看板が好き

「はい、横湯荘です。」
「あの・・・すみません。
少しお伺いしたいんですが、館内に温泉ってございますか?」
「はい、大変熱いですけど、男女各1つづつ、ありますよ^^」

よしっ (^∀^)
P1250701_R.jpgP1250693_R.jpg
1日前に滑り込み予約しちゃいました。
入浴のみ不可なので、それも宿泊の決め手!
※右写真:お部屋。期待していたより遥かに広く、清潔で新しいのにびっくり。
※左写真:玄関には外湯巡り用の鍵や下駄が並べてあり、温泉街の情緒たっぷり。


繰り返すようですが。。

余りにも情報がなかったので、
一体、どんな温泉なのか・・・(個人宅風?はたまた、温泉旅館風?)
と~っても気になっていた訳です。


温泉は玄関から階段を下ったところに2つありました!
P1250642_R.jpg
※源泉名:地獄谷荒井河原、泉温:57.7℃(浴槽内約50℃ めちゃくちゃアチイです!)
泉質:ナトリウム・カルシウム―硫酸塩・塩化物温泉、PH4.0、無色透明・無臭・微かに塩味。
※分析表不掲載のため、上記はあくまでYOOMI調べ。

掃除機のホースみたいな長い湯口からは、
チョロチョロと高温の湯が注がれます♪
P1250654_R.jpgP1250648_R.jpg
身体がジンジン・・・熱さで痛い
これは修行だ。。
P1250683_R.jpg

男湯です。
赤い小さなタイルが敷き詰められた湯船。
いたってシンプルなのですが、素朴で味がある
P1250644_R.jpg
ゆっくり湯船に腰を下ろすと、
「カランコロン、カランコロン・・・」
渋温泉街の路地を歩く人の下駄の音が鳴り響きます。

浸かりながら、耳を傾けたくなる美しい音色。

夕食は豪華です!
自家製の手打ち蕎麦や、刺身、豚のすき焼き風などなど。。
お膳に乗りきらない程、わんさか出てきます(汗)
後に出た、お汁や海老は(お膳に乗らないので)畳の上へ。
P1250619_R.jpg
こんにゃく、大根、きのこなど具がたっぷりのお汁は絶品。
厳しい渋の冬、冷えた体を温めてくれます。
P1250636_R.jpgP1250633_R.jpg

横湯荘。
華やかな宿が建ち並ぶ渋温泉街の路地裏で、
存在こそ目立ちませんが、
湯治宿の情緒やコスパ、バツグンの宿でした。

お肌ツルツルで物腰柔らかな女将にも
また会いたくなります^^よ。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「渋温泉 横湯荘」(しぶおんせん よこゆそう)
住所:長野県下高井郡山ノ内町渋温泉
TEL:0269-33-2845
料金:(宿泊)1泊2食付き6,450円~12,750円
※入浴のみ不可。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/419-51bc8000
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
温泉街にひっそりと佇む鄙びた宿♪
当たり外れが大きいだけにゾクゾクします( ̄ー ̄)ニヤリ
YOOMIさんの行動力には脱帽です!
50度ですか・・・
ジンジンするお湯はけっこう癖になりますが、
行くならこの時期でしょうね
Posted by 湯次 at 2011.12.10 09:36 | 編集
湯次 さん。

ちょっとだけ、道後温泉の「常盤屋」さん
にも共通するインスピレーションを感じました!
素朴だけど、風情がある温泉宿は、
大好きです。(多分、湯次さんも!?)

当たりか、はずれか?
宿に着くまでの期待感がいいんですよね。
しかし熱かった~(><)
Posted by YOOMI at 2011.12.11 00:07 | 編集
渋温泉だけになかなか渋いお宿ですね~

しかし50℃とは・・・
まさに修行ですね(^^)

渋温泉では「ひしや寅蔵」に泊ってみたいな~
Posted by きよちゃん at 2011.12.12 20:54 | 編集
きよちゃん。

こんばんは~^^
鄙び系好き、民宿好きなら「横湯荘」
はドンピシャだと思います!
なかなか、知られていない感じも気に入って
しまいました。

「ひしや寅蔵」って、9番湯のすぐ横にある?
少し路地の奥まったところにあるから
独特のひっそり感がありますよね?
Posted by YOOMI at 2011.12.16 01:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。