--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.13

大分_耶馬溪_やかた田舎の学校

モール泉が多い印象の耶馬溪では珍しい
炭酸泉を楽しめる施設にいってきました!

「やかた田舎の学校」

もともと小学校だったこの施設。
廃校になってからも、校舎はそのままに
地域の活性化を根ざした農業体験施設
として生まれ変わり、

現在は、地元の方々が当番制で
蕎麦打ち体験や稲刈り体験などを行っています。

・・・と、言っても、私が一番楽しみにしていたのは
温泉なのですが^^
P1240377_R.jpg
※上写真:概観。夜は照明がないため、探すのに苦労しました。
P1240375_R.jpgP1240382_R_20111211095323.jpg
※上写真:二宮金次郎像。やっぱりありました!


田舎の学校の客室は、全て学年の名前!
「1年、2年、5年・・・とか 笑」
ちなみに、私が泊まったのは1年生の部屋。
中に入ると''教室''ではなく、畳敷きの立派な''客室''なんですよ。
P1240372_R.jpgP1240357_R.jpg
P1240339_R.jpg
※上写真:私が泊まった1年生の部屋から見た風景。
P1240343_R.jpgP1240344_R.jpg
教室もちゃんとあるんですよ!
でも、何故か天井にはミラーボール・・・・
ファンキーな教室です^^;

【お風呂】
到着したのが真夜中だったにも関わらず、
宿直のお父さんが門の鍵を開けっぱなしにして、
しかも、温かい湯を張って待っていてくださっていたんです。
うるうる・・・感謝です
P1240243_R.jpg
※源泉名:やかた冷鉱泉、泉質:含二酸化炭素ーナトリウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉
 泉温:20.0℃(加熱蛇口は44℃ぐらい。非加熱蛇口は22℃前後)、PH:6.2
 色:空気に触れると緑がかった黄色に。香り:鉄の香りとしっかりした硫黄が混ざり
合ってました。味:鉄、※炭酸水素イオン:1380mg/kg、
遊離二酸化炭素:1300mg/kg←意外(驚)!成分総計:3267mg/kg

加熱と非加熱の蛇口が分かれているので、
冷鉱泉の蛇口を捻れば、炭酸風呂を楽しめるんです
P1240249_R.jpgP1240313_R.jpg
P1240309_R.jpgP1240311_R.jpg


そうこうしているうちに、、、
3分ぐらい経過。

すると!

「あわ。 あわ。」
あわあわ(横1)_R
余裕で泡文字が書ける量の泡がみっしり
手足につきます。


朝は、給食当番のお父さんが手作り料理。
地元産の野菜や米が豊富に使われています。
素朴な家庭料理ですが、素材一つ一つが新鮮。
(学校の給食も、こんなだったらなぁ~ 笑)
P1240353_R.jpg
ご飯(大分県産ヒノヒカリ)も粒が光ってました。
P1240360_R.jpgP1240365_R.jpg
※左上写真:給食で使っていた、銀色の入れ物もありました。懐かし~。
※右上写真:コーヒーカップはアンティーク風でおしゃれ。


炭酸たっぷりの温泉も、

校舎そのものを活かしたの宿の造りも、

そして、
夜中に到着する私を職員室で待っていてくれた、
温かいお父さんのお人柄も、

深く深く心に刻み込まれていきます。
九州の湯巡りの拠点として、また行きたいです。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「やかた田舎の学校」(やかた いなかのがっこう)
住所:大分県中津市本耶馬渓町東屋形510番地
TEL:0979-52-3115
料金:(1泊1人あたり) 2625円~、(朝食)700円~ ※税込み
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/420-e6f23994
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
いいね、いいね~デカいポリバス♪
夏に炭酸風呂ねっ…φ(。_。)メモメモ

なんか悪さして夜中に職員室に立たされなかったの?(笑)
Posted by 永遠の36歳 at 2011.12.13 09:58 | 編集
この記事はある意味スクープですね♪

童心を思い起す学び舎、
ココのおじさん達の温かさ、
炭酸泡付きの気持ち良さ、
そしてコスパも…

素晴らしいです。

堺まちゃあきなら…☆☆☆!
Posted by くまのプー at 2011.12.13 20:21 | 編集
ここ、めっちゃいいですね!
校舎そのまま、温泉、
そして、大分!!
あーいってみたいデス。
YOOMIさんのブログでもきになってた、かるかや山荘に近々行く予定にしてま~す♪♪
Posted by ☆arie☆ at 2011.12.13 23:16 | 編集
流石、温泉処、大分!
いろんなお湯が楽しめますね~
こういう施設は、いつまでも大事に使っていってほしいものです。
北海道にも元中学の校舎を浴槽にしていた温泉がありましたが、
最近、立て替えたようで寂しいものがありました・・・
Posted by 湯次 at 2011.12.15 21:18 | 編集
永遠の36歳 さん。

デカポリバスそそるでしょ!?
うん、夏ならあそこは冷泉のまま入ったら
気持ちいいかと。
おじちゃんが、たくさんお風呂の説明してくださいますよ^^

> なんか悪さして夜中に職員室に立たされなかったの?(笑)
いや、昔はよく立たされたけど・・・笑
さすがに、いい年なので。。
Posted by YOOMI at 2011.12.16 01:20 | 編集
くまのプー さん

☆3つありがとうございます!
耶馬溪の巨匠は、本当にすばらしいです。

> ココのおじさん達の温かさ、
フレンドリーなんですよね~!?
なんか、商売っけがなくて、ホスピタリティを
思う存分感じるので、泊まっていて楽しい。

> 炭酸泡付きの気持ち良さ、
これも凄かった!
結構な量でした、炭酸ガス。
モールと硫黄の混ざった香りも好き。
Posted by YOOMI at 2011.12.16 01:25 | 編集
☆arie☆ ちゃん

どもども^^コメントありがとうございます。
最近、温泉はいってますか?
蒲田の黒湯に行ってたんやね。

おぉ~、近々佳留萱山荘行くのですか!
いいなぁ。雪見露天になるといいですね~
私はね、こちらは真冬にいったことないんですが、
冬もまた景色よさそう。。
Posted by YOOMI at 2011.12.16 01:28 | 編集
湯次さん。

常盤さんからお帰りなさい♪
もと小学校とか中学校の校舎を利用した温泉施設って
何箇所かありますよね?北海道にもあるんだぁ?

客室は旅館風で廊下は校舎そのもの、
の使い分けがまたいいです!
ほんと、いつまでもこのままであって欲しいですね。
Posted by YOOMI at 2011.12.16 01:31 | 編集
耶馬溪にこんな素晴らしい炭酸泉があったとは・・・

今度九州に行く機会があれば入りに行こうと思います。

こんな学校いいな~(^^♪
Posted by きよちゃん at 2011.12.16 07:27 | 編集
きよちゃん。

そうそう、意外でしょー?
耶馬溪で1000mg/kgを超える炭酸は思いつかなかった。
だから、ぜひ行ってみようと思ったんです!

教室にミラーボールな学校・・・
それから、温泉付き( ̄ー ̄)
入学したいわ~(笑)
Posted by YOOMI at 2011.12.17 00:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。