--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.01

鳥取_岩井温泉_岩井屋

以前からお料理が美味しいと評判を聞いていたので、
1泊して、鳥取の冬の風物詩「まつば蟹」でも
食べて帰ってくれば良かったのですが・・・

今回は日帰り入浴で行ってきました
「岩井温泉 岩井屋」

岩井温泉は鳥取最古の湯と言われていて、
その歴史は長く1200年です!
P1270591_R.jpg
※上写真:温泉街の入り口に建つ大きな門。

P1270589_R.jpg
※上写真:岩井屋さん外観。

P1270559_R.jpgP1270560_R.jpg
※上写真:岩井屋さん館内のコーヒーラウンジ。
お宿のロビーには、中庭を眺めるコーヒーラウンジなんかもあり、
インテリアもお洒落。ここに連れてこられたら、
殆どの女性がときめいてしまいそうな雰囲気です。


【長寿の湯】
こちらは、岩井屋さんの代表的な温泉。
浴室に入ると、まず天井の高さと湯船の奥行きの深さに驚きますが、
それだけじゃない!
こちらは、足元から温泉が湧く珍しいお風呂なんです。
P1270519_R.jpg
※源泉名:岩井温泉 第一源泉、泉質:カルシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉
47.6℃(浴槽内:約42℃)PH:7.3、無色透明、ほのかな石膏臭、鉱物味
感触:しっとり肌にしみ込む感じの優しい湯。成分総計:1.735g/kg

ほら!
温泉が湧くと10~20秒に1回ぐらいの間隔で
足元から気泡が浮かんでくるんです。
ぽこぽこ_R
※上写真:温泉が湧く時に出る気泡。この瞬間をカメラ
に収めようと必死でシャッターチャンスを待つのでした。

温泉自体は強い香りや味がある訳ではなく
肌に馴染むような優しい湯です。
P1270537_R.jpgP1270525_R.jpg
※右上写真:湯船の中央は板張りで深くなっており、立っても肩ぐらいまで浸かる深さ。
P1270530_R.jpgP1270526_R.jpg
※左上写真:壁際の湯口からも温泉(飲泉可)が出ていました。
※右上写真:天井が高く、しっかりした湯抜きもありレトロで優雅です。

岩井屋さんは、
温泉だけじゃなく、宿の雰囲気もいい。

帰りがけに「あ~、いいお宿でした♪」
って思わず、言ってしまうような素敵な宿です。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「岩井温泉 岩井屋」(いわいおんせん いわいや)
住所:鳥取県岩美郡岩美町岩井温泉
TEL:0857-72-1525
料金:(日帰り入浴)大人800円
営業時間:(日帰り入浴)12:00~19:00
アクセス:JR山陰本線鳥取駅→日交バス蕪島、長谷橋行き約60分岩井温泉下車徒歩1分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/445-31a54993
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
外観ですでに雰囲気がよさそうだな~ってわかっちゃう旅館さんですね~♪

お風呂と雰囲気が楽しめるなんて、一度泊まってみたいな~♪

村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2012.03.02 05:17 | 編集
足元湧出、素晴らしいですね。
夏なら渋御殿湯、冬なら蟹とあわせて岩井屋さんってとこでしょうか。
確か「長寿の湯」は、日帰りだと女性の特権ですね。

PS.後ろ姿の写真も雰囲気ありますが、
前向きの写真は「至福」感が一層伝わりますね(笑)
Posted by kate who at 2012.03.03 00:50 | 編集
フムフム…参考になります♪
こんな画像を見せられると岩井屋さんは外せないなぁ~!

と、思いつつ… 日帰りだと、オイラは、
YOOMIさんが吠えている湯舟には浸かれないんですよね。

どうしよう。。。

Posted by くまのプー at 2012.03.03 05:37 | 編集
はたぼー さん。

こちらの旅館さんは、
ほんと泊まりで来たいなって思いました!

はたぼーさんの自宅あたりからだと、
車だと距離的にキツイのかな?
ぜひいつか行ってみてください。
Posted by YOOMI at 2012.03.03 09:57 | 編集
くまのプー さん。

>こんな画像を見せられると岩井屋さんは外せないなぁ~!
↑(爆)
やっぱり!?煽り画像じゃないんですよ。
事前ルポです^^;
確かに、日帰りだと男子が長寿の方に入れないのは
かなり痛いですよね。

長寿の湯は余りにも気持ちよすぎて、
吠えてしまいました(笑)

さ~、どうする!?
Posted by YOOMI at 2012.03.03 10:01 | 編集
kate who さん。

>夏なら渋御殿湯、冬なら蟹とあわせて岩井屋さんってとこ
>でしょうか

最高の組み合わせですね!
ベストチョイスだと思います♪
「足元自噴」で、どちらも大好きな温泉です。

追伸のコメありがとうございます^^;
凄く嬉しいです。
岩井屋さんの温泉は、顔が自然にほころんだ
ので、正面の写真にしてみました(笑)
Posted by YOOMI at 2012.03.03 10:10 | 編集
歴史のある温泉は、建物の造りからして重みがありますね。
ここでカニ料理に舌鼓を打つなんてサイコーです!
足元自噴といい、ここは泊まりで行くしかないっしょ♪

度々、「勇次」で出没しますがただの変換ミスです(汗)
Posted by 湯次 at 2012.03.03 18:02 | 編集
湯次さん。

こんにちは♪
この間、湯次さんの蟹食べツアーの温泉ルポを
拝見し、蟹を食べ行きたいくなりました。
そうですね、岩井屋さんは泊まりでいってみたいです。

ところで、「勇次」って書かれていたのは、
ただの変換ミスだったんですね~^^
なんだ、何か意味があるのかと思ってました(笑)
Posted by YOOMI at 2012.03.04 13:31 | 編集
岩井温泉「岩井屋」
以前九州に遠征するときの前泊として海潮温泉「海潮荘」とどっちにしようか迷った末に海潮荘に泊ったのでなんとしてもまた泊りに行けねばと思っている宿です。

混浴露天風呂のある明石屋には入ってきました(^^)
Posted by きよちゃん at 2012.03.10 15:56 | 編集
きよちゃん さん。

九州に遠征する時の前泊が「海潮荘」って
ことは車で行かれたんですか!?
凄い長距離運転ですね~(@@)

日帰りで行っても十分だって思う宿もありますが、
岩井屋さんは泊まりたくなる宿でした。
また宿泊されたら、ルポしてください!
Posted by YOOMI at 2012.03.11 20:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。