2012.04.07

新潟_咲花温泉_湯元館

今年の3月、個性的で印象に残る温泉が数多くある
新潟(下越)の温泉を廻りましたが、中でも特に心地よかった温泉
「咲花温泉 湯元館」さんのお風呂です。

咲花温泉街は団体のお客様も多く、
特に土日ともなると、その忙しさから幾つかの旅館さんに
日帰り入浴をお願いして、フラれ続け・・・
やっと出逢ったのが湯元館さんだったってわけです。

ここ湯元館さんは、泊まりのお客様が多かったのにも
かかわらず、快く迎えてくださいました。
(ありがとうございます!感謝。)
P1270882_R.jpg
※温泉街の奥に建つ「湯元館」さん。辺りは硫黄の香りに包まれています。

【お風呂までのアプローチ】
私がなぜ、心地よかったかと言うと・・・
P1270910_R.jpgP1270912_R.jpg

浴場までの廊下沿いにある、
この背丈以上の大きな硝子窓から臨む、
雄大な「阿賀野川」の風景が目を癒してくれるから
阿賀野川の流れは、ゆっくり、大らか。
だから、なおさら癒し効果があるのかもしれません^^
P1270883_R_20120407144434.jpg

お湯だって、極上なんです!
''ジュエルグリーン''と言ってもいい
美しく輝く緑色で、湯面からは、ほんわり硫黄の香りを放ちます。
目にも肌にも優しい、癒しの湯そのものでした^^
P1270908_R.jpg
源泉名:咲花温泉6号井、泉質:含硫黄ーナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩温泉
泉温:50.2℃(浴槽内:48℃)、PH:7.8、色:薄緑色、香り:硫黄臭、微かに油臭
味:硫黄の味と苦味、硫酸イオン:324mg、硫化水素イオン:9.6mg、
チオ硫酸イオン:2.4mg、遊離硫化水素:1.8mg、成分総計:1163mg

湯口付近をクンクンすると・・・
油臭っぽい香りもします。
P1270890_R.jpgP1270904_R.jpg
P1270888_R_20120407143135.jpg

咲花温泉は、

硫黄のアロマ(所謂、上品系^^;)がしっかりあって、
独特のつるつるした感触もあります。

主張するんだけど、し過ぎない湯の特徴に
その''居心地の良さ''を感じるんです。
ほんと、きもちいい!

はしご湯もいいけど、もったいないから
''一日泊まって、じっくり浸かりたい湯''
としておきたいです^^

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「咲花温泉 湯元館」(さきはなおんせん ゆもとかん)
住所:〒959-1615 新潟県五泉市咲花温泉3049−1
TEL:0250-47-2131
営業時間:9時~21時      
料金:大人600円 
スポンサーサイト

この記事へのコメント
阿賀野川の悠久の流れを眺めながら温泉に浸かる。

あ~なんて素敵なお風呂でしょう!

時を忘れて、いつまでも浸かっていたくなりますね~♪


村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2012.04.07 23:23 | 編集
花咲温泉かと思ったら咲花温泉でしたね(^^)
近くの五頭温泉郷はそうでもないけど月岡温泉はまた緑がかったお湯でしたよね。

忙しくても快く迎えていただくとほんとにありがたいですよね♪
Posted by きよちゃん at 2012.04.08 08:38 | 編集
色付き温泉はイイですね♪

九州の青湯も好きですが、
九州人のオイラは、透明感のある鮮やかなグリーンは憧れです。
Posted by くまのプー at 2012.04.08 18:14 | 編集
はたぼー さん。

川を見ながらの露天風呂は、
わたし、一番好きです!

しかも咲花は、緑色でつるつる感も
あって、硫黄の香り漂ういい湯でした~!
幸せ。
Posted by YOOMI at 2012.04.16 22:31 | 編集
きよちゃん。

月岡も同じ緑がかった湯でしたが、
油臭がもう少し強い、そして苦味のある
濃厚な湯でした。

咲花の方がもう少し優しい感じがしました!
五頭温泉卿と距離は近いのに、
全く違う湯なのが深いですよね、新潟。
Posted by YOOMI at 2012.04.16 22:33 | 編集
くまのプー さん。

プーさんに言われて気づきましたが、
九州の温泉で緑の湯は珍しいんですよね。

奥湯の郷みたいな真っ青なブルーも好きですが、
緑色もリラックスできて、いいですよね^^
Posted by YOOMI at 2012.04.16 22:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する