2012.05.29

奈良_十津川温泉_ホテル昴

全国的にも珍しい温泉を使用したプール 兼 温泉保養施設
「ホテル昴」さん。

広大な緑の広場と山々に囲まれた立地から開放感もあり、
まさに「保養」とか「癒し」いう言葉がしっくり来る温泉施設です。

公営のホテルなので、お湯が気になるところですが、
新鮮な2本の湯が豊富に掛け流されていて、とっても気持ちいいです^^

十津川は、自宅からもそれ程遠くないのでよく行く温泉地。
この日も、ちょっと湯巡り兼息抜きに出かけました。
P1320064_R.jpg

宿の裏手には足湯や飲泉所もあり、
新鮮でたっぷりな湯量が伺えます^^
P1320067_R.jpgP1320068_R.jpg

【露天風呂】
湯に浸かりながら遠くの山の緑が眺められる
この露天風呂が一番のお気に入りです!
P1320090_R.jpg
※源泉名:十津川温泉(2号泉と7号泉の混合泉)、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉、
泉温:61.5℃(浴槽内約42℃) 色:微白濁の透明、香り:微かに鉄と硫黄、
味:微塩味・鉄の味、感触:十津川らしい、少しつるっとした美肌系。
湧出:毎分200L(男女内湯と露天と足湯の合計・・・わお^^)


その他・・・お碗型の温泉とか檜風呂など
一人用の露天風呂もあります。
大きな湯船よりも''つるつる''感が更に増すような肌ざわりです!
オンセン・アラカルト
P1320112_R.jpgP1320084_R.jpg
P1320099_R_20120529004119.jpgP1320097_R.jpg
※1段目左写真:陶器風呂、右:檜風呂。茶色の湯船だと湯が少し白濁して見えます。
※2段目左写真:露天風呂内にある飲泉所。湧きたてほやほや。
微塩味で硫黄や金気臭のする湯です。

【内湯】
内湯は少し温度が低めで入りやすいからかな?
こちらの方が常時、占有率が高かったです^^;
P1320109_R.jpg

【お風呂の後の食事】
そして、お風呂上りに楽しみなのが、
地元で獲れた山菜・川魚・蒟蒻(こんにゃく)をふんだんに使った定食。
P1320158_R.jpgP1320152_R.jpg

写真の左下にあるお雑炊に入っているのは餅のようなフワフワのもの。
「むこだまし」と言う、ちょっと変わった十津川の名産で、
お味噌と食べるとなかなかの美味です。
P1320155_R.jpgP1320153_R.jpg
※「むこだまし」:十津川村でつくり続けられてきた餅用の粟の一種。
婿さまが米の餅とまちがえたことが名前の由来。

「あまごの刺身」でしょ・・・
それと、どこの温泉地へ行っても注文してしまうのが「温泉で炊いたご飯」。
ほわっと硫黄の香りがする、もちもちした食感がたまりません。
P1320147_R.jpgP1320167_R.jpg

こちらの近くにあり、最近閉鎖した公衆浴場「わらびお」
の常連だったお婆ちゃんが営業最終日に浴場で、

「ここ(わらびお公衆浴場)が閉鎖したら・・・
明日からホテル昴に通わなあかんな~ 笑」
と、言っていたのを思い出したのですが、

「ホテル昴」さんも、新鮮な湯・気取らない素朴な雰囲気に
何とも言えず癒される温泉施設。
規模の差はあれど・・・どこか「わらびお公衆浴場」と共通する、

「毎日通いたくなる温泉」の要素を感じるんですよね 

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「十津川温泉 ホテル昴」(とつかわおんせん ほてるすばる)
住所:奈良県吉野郡十津川村平谷909-4
電話:0746-64-1111
営業時間:午後0時~午後5時
料金:(日帰り)大人800円 (1泊2食):11,300円~/1名
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/474-300ba8b7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
良いお湯に入って美味しい料理♪

たまりませんね~(^^♪

もう少し入浴料がお安ければいいのですが・・・
食事をしたら入浴料が無料とかね。

温泉パスポートを利用してそちらに行く機会があれば入ってみたいですね。
Posted by きよちゃん at 2012.05.29 07:16 | 編集
早速、「ホテル昴」行かれたんですね。

お風呂やプールも有り、家族連れでも楽しめそうですね!

十津川村は源泉掛け流し宣言をしているだけあって、公営施設でも随所に
拘りが有るんでしょう。
私の印象でも、全体的にホスピタリティのようなものが醸し出され
ている様に感じました。

お料理の「むこだまし」気になります。
Posted by 温泉大好きおとこ at 2012.05.29 10:29 | 編集
温泉大好きおとこ さん。


> 十津川村は源泉掛け流し宣言をしているだけあって、公営施設でも随所に
> 拘りが有るんでしょう。
うん、そうですね。公営施設は余り通わないけど、昴さんはお湯もいいし
通ってしまいますね^^博士も今度行ってみてください。

「むこだまし」・・・おいしかったですよ!
久々に、まったりしてきました。
あと、巨大な「しめじ」「ゆべし」とか十津川名産を味わうもよし♪です^^
Posted by YOOMI at 2012.05.29 20:36 | 編集
きよちゃん。

> 温泉パスポートを利用してそちらに行く機会があれば入ってみたいですね。

ご飯もなかなかおいしいですし、お湯もいいので、一度立ち寄ってみてください~
確か、、、、
過去の温泉パスポートに「ホテル昴」さん入ってましたよね??
今回新発売された号はどうなんでしょうか。
J遊人、私も購入しパスポートで他エリアも廻ってみようと思ってます!
Posted by YOOMI at 2012.05.29 20:40 | 編集
今回のパスポートには残念ながら「ホテル昴」さんは入ってないですね。
前回は記憶にありません(^^)
Posted by きよちゃん at 2012.05.29 21:58 | 編集
YOOMIさんほどご近所?ではありませんが、私にとってもホームグラウンドと言っても良いほど
お馴染の入浴施設です。

前にも述べましたように、最近、硫化水素臭が以前より幾分薄くなったような気もしますが、
熱交換器を利用した加水なしの源泉がのんびりと楽しめる良い浴場ですね。

忘れずに紹介していただきたかったのが、冷却した源泉を利用した水風呂替わりの低温風呂。
この浴槽のおかげで、かなりの時間、長湯が楽しめます。
Posted by 単純硫黄泉 at 2012.05.30 00:02 | 編集
露天、内湯とも十津川の泉質がよくわかる写真ですね。

十津川、GWに行きましたが、至る所で水害の傷跡が

痛々しく、気に入ってた神湯荘の川沿い露天は土砂で

埋もれてしまっていました。

昴は料理も良さげですね。次は昴に泊まってみたく

なりました。
Posted by kate who at 2012.05.30 21:58 | 編集
単純硫黄泉 さん。

こんにちは^^
大阪からも、それほど遠い訳ではなく豊富な源泉かけ流しの湯量と
自然を楽しめる贅沢な環境に居れるので、十津川はいいですよね!
私の家からも結構かかるんですが、和歌山より気軽に行けるのでお気に入りの温泉地です。

> 前にも述べましたように、最近、硫化水素臭が以前より幾分薄くなったような気もしますが、
温泉地温泉滝の湯あたり、十津川温泉ですと昴に行った時に
特にしっかりとした硫黄臭を感じました。成分表を見ると、硫化水素ガスやイオンは
ごくわずかなのに、なかなか、主張していますよね!

冷却した源泉を利用した水風呂替わりの低温風呂・・・・
そうだったんですか!あるのは知っていたのですが源泉を利用していたは
知らずノーチェックでした。6月にまた昴さんに行くので次回トライしてみます^^
Posted by YOOMI at 2012.05.31 17:20 | 編集
kate who さん。

こんにちは^^

> 露天、内湯とも十津川の泉質がよくわかる写真ですね。
ありがとうございます。
透明ではなく、うす濁りしていますよね。

実はGWに私も十津川に行っていおり(←ニアミスですね!)
神湯荘の露天風呂やつるつる乃湯の跡も拝見しました。
神湯荘の内湯付近(?)から熱々の源泉出ていましたが壊滅的でした。
あの露天風呂は、十津川内では珍しい開放感があり森林浴と入浴が同時に
楽しめるものだったので、とっても残念です(復興を期待したいです。)

「昴」さんのお料理も良かったですよ。
泊まりか、日帰り+食事でゆっくりステイしたい湯です^^
Posted by YOOMI at 2012.05.31 17:25 | 編集
こんにちは。

十津川は毎年6月の「かけ流し感謝祭」でお邪魔しております。
(タダだから。。。ってことでも無いんですが)
今年はまだ告知がありませんが、ホテル昴「星の湯」にもまた行ってみますね。
Posted by 國岡 at 2012.06.03 12:52 | 編集
國岡 さん。

はじめまして^^
2012年の感謝祭は、
2012年6月20日(水)~7月1日になるようですよ!
観光協会のページで告知ありました。

無料で開放されるなんて、関西では珍しい取り組みですよね。
ぜひホテル昴にもいってみてくださいまし^^
Posted by YOOMI at 2012.06.07 13:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する