2009.11.01

島根_斐乃上温泉_民宿たなべ

「民宿たなべ」に着きました。

まさか飛び込みでお邪魔するとは、私たちも想定外のプランにわくわく♪

地元の方が通う温泉なんだから、まず間違いなし。と見た。
P1010164_R.jpg

「民宿たなべ」から歩いてすぐの「千通山」は出雲神話スサノオノミコトが天高原から降臨されたとされる伝説の山だそうで、毎年シーズンになると多くの登山客が訪れるらしい。
登山道にはカタクリの群生が見られるそう。
概観はお宿までのアプローチが深い緑に包まれていてホント気持ちがいい。
P1010100_R.jpg

P1010127_R.jpg

こんにちはぁぁ。こちらは概観ね。
なんか「民宿」ていうより「お宿」っていうほうが近いかも!って思いました。
玄関も全て純和風の木造で、中も綺麗に磨かれていました。
P1010125_R.jpg

お宿の周りは、深い緑に包まれていて、ロビーの囲炉裏つきテーブルからは、
紅葉を迎える前の最後の深緑を演出している木々、山々が見られます。
落ち着くなぁぁにこ
P1010118_R.jpg
P1010124_R_20091101140212.jpg




こちらがお風呂です。
実は、この斐乃上温泉。「日本三大美肌湯温泉」の一つらしく、
お湯はお肌がしっとり・すべすべなるアルカリ性の湯だそうです。
日本三大美人の湯は聞いたことあるけど、美肌の湯って!?初耳・・・
私も初めて知ったんだけど「日本三大美肌湯温泉」と「日本三大美人の湯」ってのが2つあるみたい。

●日本三大美肌湯温泉は・・・
嬉野温泉(佐賀)・喜連川温泉(栃木)・斐乃上温泉(島根)

●日本三大美人の湯は・・・
川中温泉(群馬)・龍神温泉(和歌山)・湯ノ川温泉(島根)
P1010104_R.jpg
露天風呂からは山々が一望できます。
温度も少しだけ加温されていて入りやすかったです。36度ぐらいかなぁ?
アルカリ性単純温泉。源泉温泉は26.5度だそうです。
たなべ露天_R

こちらは内湯。内湯は40度ぐらいに加温されていて、少し熱め。
でも、露天風呂よりぬめり感があってお肌がすべすべになってきます。
P1010116_R.jpg
ちょうど、登山客の常連さんがいらっしゃいました。
彼女は定年退職を迎えるご主人と二人暮しだそうで、島根の松江から1年に数回民宿たなべに通っているそう。
「主人とは、たまのお休みにここに来てゆっくり温泉に浸かって、お宿のご主人の小さいお子さんとお話するのが楽しみなんです。料理も新鮮な岩魚と山菜を使っていて本当に美味しいんです。」
なるほど、常連さんが多いんですね。
P1010115_R.jpg

夕食です。噂どおりの美味でした!
P1010133_R.jpg
近くで養殖しているやまめのお刺身。
P1010134_R.jpg
鮎の塩焼き。
P1010135_R.jpg
山菜と野菜の天ぷら
P1010139_R.jpg
手打ち蕎麦。
P1010141_R.jpg
そしてやまめの卵 with 白いご飯
(これは、宿の方の超お勧め料理です。イクラみたく、こってりしつこくなく、食べやすい。)
P1010145_R.jpg

このボリュームと美味しさだけで、なるほど常連が多い訳だと分かりました。




奥出雲で朝を迎えました。
青々と茂った木々の間から覗く朝日がほんとに綺麗です。
P1010149_R.jpg




料理が美味しく、のんびり森林浴も楽しめる・・・
森林浴の後は美肌の湯で体を癒す。
民宿たなべさんは素敵な出会いでした。
雑誌に載っていない素敵な宿はまだまだあるもんですね。

ブログランキングに参加しています
下のボタンを2つクリックしてね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「かたくりの里 民宿たなべ」
住所:島根県奥出雲町船通山登山口
Tel: 0854-52-0930
Fax:0854-52-2218
アクセス:出雲横田駅→斐乃上温泉行きバス、約25分→終点斐乃上温泉
料金:(宿泊)通年7,800円(1泊2食、消費税・入湯税別)・水曜定休(昼休憩と水曜夜の宿泊)
    (日帰り)大人400円 10:30~17:00、貸し室料:6畳1000円・8畳1500円(3時間)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/49-5c786ab3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
まぁこさんの記事で、すでに「納得の宿」であるのだと確認していましたよ。風呂の風情から温度・泉質、また食事が良いね。一度行ったらリピートしたくなる宿でしょう、きっとね。

それにしても島根、いいですね。
それから、飛び込みで行けるっていうYOOMIさんたちのフットワークと根性…絶賛申し上げます。
Posted by 如水 at 2009.11.03 08:14 | 編集
>如水様

ホントは飛び込みの予定じゃなかったんですけどね。。。
色々予期せぬハプニングが起こりまして。
まぁでも結果オーライでした!

たなべさんみたいに雑誌に掲載されていないような素敵なお宿を発掘したいですyyy
Posted by YOOMI at 2009.11.05 19:38 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2014.01.01 19:36 | 編集
 YOOMIさん、新年あけましておめでとうございました。
 今年の初湯は島根県安来市の比田温泉「湯田山荘」です。
 安来市から車で奥出雲町に向かう途中にありますが、国道から逸れて行きますので、看板を要注意で確認する必要があります。
 以前、YOOMIさんが報告された斐乃上温泉に近い泉質だと思います。湯上り後の肌のしっとり感を味わえる湯です。
 湯田山荘は湯治場として歴史を歩んできた唯一の温泉施設ですが、近年建物を改装されたようです。
 また、食事から大小宴会、宿泊もできます。
 肌のしっとり感は湯上り三時間後でも効いています。
 年末の雪が残る、安来節が聞こえてきそうな温泉宿でした。
Posted by ヤマタノオロチ at 2014.01.01 19:42 | 編集
こんばんは~
今、囲炉裏付きのテーブルから、コメント書いてます(笑)
今回の島根出張はさんざん悩んだ末、
YOOMIさんのこの記事みて決めたんけど・・・
明日9時に出雲駅で待ち合わせなのでタイトですが、
来てよかった!
今年、1番のお気に入りになりましたよ~
今年中に記事になるか微妙ですが(^_^;)
では!では! おやすみなさい(笑)
Posted by 湯次 at 2015.05.26 21:39 | 編集
湯次さん。

ここ、いいでしょ~!
つるつるのお湯とた川魚の玉子をいくら丼のようにして食べたのが
今でも忘れられません。
島根って言うと三瓶あたりのコテコテな秘湯が思い浮かぶんですけど
(民宿たなべさんは)っぽくはないところも良いですね。

ペンション風というか、雰囲気も素敵で。
湯次さん、これからはヘビーローテーションになりそうですね!
常盤さんみたいな存在になりそう^^
Posted by YOOMI at 2015.06.02 22:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する