--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.23

和歌山_白浜温泉_露天風呂しらすな

次は海の温泉です^^

白浜の夕日はとっても美しいので、
ちょうど陽が沈む18時半ごろ白良浜へ向かいました。
P1050258_R.jpg
※写真:車を止めてシャッターをきってしまった程美しい円月島。


向かったのは、露天風呂「しらすな」。
白良浜海水浴場の真ん中にある水着着用の混浴露天風呂です。
しららはま_R
※写真:白良浜の夕暮れ。


露天風呂「しらすな」は、
子供のころから、皆が水着で浸かっている姿を目にしていたので
温泉ではなく、プールだとばかり思っていたのですが

実は、正真正銘の温泉。
源泉は「牟婁の湯」と同じで、歴史のある「湯崎七湯」の一つ
「砿湯(まぶゆ)2号」源泉を使用しています。


【露天風呂】
硫黄の香りと強い塩味のパンチのある濃厚湯です。
浴槽が広いためか「牟婁の湯」よりも、
温度がぬるめで香りも優しく感じました。
P1050274_R.jpg
※源泉名:砿湯(まぶゆ)2号、泉質:含硫黄ーナトリウムー塩化物泉、泉温:72.5℃
(浴槽内約42℃)PH:7.4、色:無色透明、香り:硫黄臭、味:強い塩味・微苦味
※(特記)成分総計:20.19mg/kg(ナトリウム:5458mg、
塩素イオン:10310mg、硫酸イオン:1313mg、炭酸水素イオン:1584mg)


まだ砂浜にたくさんのお客さんがいらっしゃいましたが、
囲いがあるので、貸切でゆったり温泉気分に浸れます。
P1050276_R.jpg

「しらすな」から眺める夕日はとっても美しいんですよ!
P1050288_R_20120823232805.jpgP1050269_R_20120823232826.jpg

*:.。ほら、湯船目線で撮った1枚*:.。.:*゜+.(≧∀≦)゚+.゚
P1050283_R.jpg
※写真:夕方のビーチは、一面オレンジ色に輝きます。


管理人のお父さんはね、もと「崎の湯」の管理人さんだったそうで、
温泉についても詳しくお話しが面白いので、ずっとお父さんと話してました。
P1050296_R.jpgしらはま2_R
※右上写真:しらすなの管理人のお父さんに撮っていただいた記念の1枚!


白浜温泉は、お湯は濃厚且つ、新鮮で、歴史もあり、景色もいい。
そして、何より魅力的なのは
一歩踏み入れるとリゾート気分に浸れるところ

ちょっと疲れたときに逃避行する
お気に入りの場所の一つです(*´∀`*)

♪おまけ♪
P1050313_R_20120823231524.jpg
※写真:地元の方御用達の「RAGUMAN 田辺店」のラーメン。
某温泉の番頭さんに教えてもらったとこ。最近、ハマッてます ブヒ 

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
海も好きなんだな♪♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「露天風呂 しらすな」
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町白良浜864
TEL:0739-43-1126
料金:100円 ※10月~翌4月=無料
利用時間:(10/1~4/30)10:00~17:00 ※毎週月曜日定休
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/501-2ffc89e7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
続けての南紀白浜ルポ…何だか煽られている気分♪

このブログを拝見し続けると、行きたい処が増えちゃって、
目の毒とは思いつつ…つい見ちゃうんだよね!

どうしてくれるぅ~~~(笑)
Posted by くまのプー at 2012.08.24 13:12 | 編集
確かにこんな広い湯舟で水着着用だったら、プールと勘違いしちゃいますね^^

水平線に沈んでいく夕日、綺麗ですね~!!

こんな綺麗な夕日を眺めながらの露天風呂なんて、めっちゃ素敵です^^


スープが美味しそうなラーメンですね~~♪(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪

村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2012.08.25 03:15 | 編集
夕暮れにこんな開放感のある温泉で、
のんびりできるなんて、贅沢ですね~
水着で入る温泉ってっどうなん、っておもってたけど、
オープンでいいっすねえ♪
Posted by 湯次 at 2012.08.25 15:58 | 編集
ある意味、近くまで立寄っているという点では白浜では一番多いかと思いますが、いつも数組の
カップルが足湯代わりに利用されていて、季節を問わず何度もチャレンジしていますが、実は未
湯のままとなっています。

夕暮れの白良浜を眺めながら歴史のある礦湯に浸かる、最高のシチュエーションですね。
私もいつかは入湯を果たしたいと思っています。
Posted by 単純硫黄泉 at 2012.08.26 12:13 | 編集
あれっ、水着姿は!?

じらすなぁ~┐(´-`)┌

…お粗末さまでした(汗)
Posted by 永遠の36歳 at 2012.08.28 22:45 | 編集
くまのプー さん。

そんな事言っていただいて、
ありがとうございます~^^
(嬉しいなっ!)

南紀は家からそれ程遠くないので、結構この夏行きました。
白浜周辺のお湯もなかなかいいですよ。

写真だけたまって未だ記事に出来てないので、
ちょっと焦ってます^^
Posted by YOOMI at 2012.08.29 12:54 | 編集
はたぼー さん。

夕日を海辺から臨む温泉なんて、贅沢でしょ?
しらすなは、人の少ない夕方頃がねらい目です!

温泉とラーメンはテッパンなんで、
はたぼーさんも、白浜に行かれたらRAGUMAN
挑戦してみてください♪
Posted by YOOMI at 2012.08.29 12:56 | 編集
湯次 さん。

こんにちは!
>水着で入る温泉ってっどうなん、っておもってたけど

そうなんですよね、同感です。
でもお父さんにお願いしたら湯浴み着でもいいよ
って言われたので、わたしはいつものMY湯あみ着で
浸かりましたっ♪

水着で温泉だけに、抵抗があったりして
近くまで行っても入らない人も多いかもしれませんが
改めてチャレンジすると、なかなかいいもんでした。
Posted by YOOMI at 2012.08.29 12:59 | 編集
単純硫黄泉 さん。

こんにちは!

やはり、皆さん同じ気持ちなんですね。
近くまで行くけど水着着用だったりとか、
他のお客さんが足湯がわりにされているとか。。。
なかなか躊躇してしまう場合が多いみたいです。
(私もまったく同じでした!)

でも、夕日の浜辺を間近に「まぶ湯」に浸かる幸せ
・・・・これはこれでたまりません。
ぜひ一度、近くまで行かれたらチャレンジしてみてくださ(^s^)
Posted by YOOMI at 2012.08.29 13:05 | 編集
永遠の36歳さん。

Excuse me !
誰がお粗末様ですってー!?(笑)

わたしの水着は「湯あみ着」なので^^;

最近プールも海もいってないので
水着は大変勇気がいるでございます~★
Posted by YOOMI at 2012.08.29 13:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。