2012.08.28

愛媛_小藪温泉

愛媛の大洲。

松山から約1時間半ほど車で走ったところにあり、
城下町として発展し、今でも古い町並みや家屋が残っていることから
「伊予の小京都」とも言われています。

道中、エメラルドグリーンに輝く「肱川(ひじがわ)」を眺めては
心を弾ませ、目的地に向かいました♪♪
小藪看板_RP1050332_R.jpg
※写真右:道中に出逢ったレトロな酒屋さん。どこか時が止まった雰囲気の町並み。


その目的地とは、「小藪温泉」さん。
大正時代に建てられた木造3階建てのその家屋と温泉に魅せられ、
遥遥会いにやってきたお宿。
国の有形文化財でもあり建物だけでも見応えたっぷりです。
小藪概観2_R


太っちょで逃げ足の速い猫ちゃん、そしてお地蔵さん。
何なんでしょう!?ここだけ時が止まったような長閑な空気。
大洲サイコ~!
ねこ。_Rおじそうさん。_R

私が小藪温泉を訪ね、一番こころに刻み込まれたもの。
それは欄干の付いた回廊、その向こうに見える里山の風景でした。
までに映画の1シーンでありそうな美しい田舎の景色。
縁側_R囲炉裏_R
広間縦_RP1050439_R_20120827230450.jpg
※2段目左写真:休憩室でもある広間。
※2段目右写真:廊下に飾られた「ゆり」。四国でよく見かけます。
※1段目右写真:囲炉裏のお部屋。夕食はこちらでいただくそう^^

P1050426_R_20120828003557.jpgP1050430_R.jpg

【檜風呂】
簾と山の緑が涼しげな木造の内湯。
窓を開ければ、すぐ横は清流というのもまた嬉しいんです。
小藪男風呂_R
P1050409_R_20120827225325.jpgP1050406_R_20120827225421.jpg
(分析表非掲載のため書籍を参考)
※泉質:アルカリ性単純泉、泉温:17℃(浴槽内43℃)、湧出量:30L/分
成分総計:346.1mg/kg、※独自源泉・加温・掛け流し・循環併用
※色:透明、香り:僅かに鉱物臭、味:基本は無味(薄っすら甘く後味が少しほろ苦い。)


【岩風呂】
檜風呂に比べて少しぬるめで長湯向き。
蛇口から源泉である冷鉱泉をジャバジャバと注ぎ、
源泉そのものの香りを楽しみました。
小藪女子風呂_R
P1050385_R.jpgP1050414_R.jpg
※写真右:凛々しい龍の湯口。瓦を彫ったような精巧な造りで渋い。


小藪温泉さんは、
温泉だけでなく、木造建築の趣きや、自然の美しさ、静寂など
日本の古き良き温泉宿の魅力を再認識させてくれる場所。

湯上りに、畳の上で外の風を浴びながら休憩していると
余りに和むので、帰りたくない衝動にかられます。

今回はお宿が満室で宿泊することは出来ませんでしたが
「日帰り入浴だけでは本当にもったいない!」
そう強く思いました。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
泊まってみたいお宿でございます。
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「小藪温泉」(おやぶおんせん)
電話: 0893-34-2007
住所:大洲市肱川町宇和川1433-1
営業時間:10時00分~19時00分 (入浴のみ)
料金:(1泊2食)10,650円~、(日帰り)500円
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/503-c0943919
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
古きものを求めてしまうのは何でなんでしょうね~。

おいらもこんな雰囲気のお宿は大好きです♪

日本の文化、風情を感じられる素敵な建屋!!

こういうお宿に行くと、ほんと心癒されますよね♪

村ポチ☆



Posted by はたぼー at 2012.08.28 05:49 | 編集
YOOMIさん、毎度で~す♪
なんか、のんびりしたムードが漂っていますね
竜の湯口も珍しいです
この感じだと温泉貸切状態かな

日帰りではもったいないかも・・・・・メモメモです。
Posted by バカボンパパ at 2012.08.28 06:59 | 編集
ヒノキ風呂の雰囲気いいですね~

こんな感じ大好きです。

いったいドコから見つけてますねん!

Posted by nospa nolife at 2012.08.28 16:39 | 編集
ついに行ってきたんですね♪
二つの湯船に入るなんて、さすがですね。

こんな広間で大の字になって昼寝をしてみたいですねえ!!

久しぶりの四国の登場。ということは・・・
次のルポが楽しみです~
Posted by 湯次 at 2012.08.29 00:18 | 編集
はたぼーさん。

こんにちは^^
>古きものを求めてしまうのは何でなんでしょうね~。
やっぱり、心が和みますし少なくなってきているからでは
ないでしょうか。
最新のデザイナーズホテルや旅館よりも、
やっぱり原点に帰ってしまいます。。
Posted by YOOMI at 2012.08.29 12:41 | 編集
バカボンパパ!

パパ、こんにちは。
竜の湯口珍しいでしょ!?色々見たけど「ライオン」
とかが多い中で、瓦で造った竜は渋すぎました。

建物は少し微湯温泉の趣にも共通するものが
あるかもしれませんね!

泊りで行きたい宿です、ぜったい。
Posted by YOOMI at 2012.08.29 12:44 | 編集
nospa nolife さん。

ヒノキのお風呂は男性用だったんですけどね^^
こちらがメインの浴槽なんで、
女将さんにお願いして、岩風呂とどちらも入れて
もらったんです。やっぱりヒノキの香りもいいです。

小藪温泉は、ずっと存在はしっていて
行きたかったんですよ!だからご満悦(笑)
Posted by YOOMI at 2012.08.29 12:46 | 編集
湯次 さん。

そうそう、久々に愛媛に行ってきました!
あの広間いいですよね~。
整体師さんもに湯上がり、
整体もしていただきました(笑)

湯次さんが小藪に泊まられてのは、うらやましいです。
今回は余り時間がなかったので、
全ての目的地に行くことができなかったのが心残り。

四国旅はこれからも、定期的にいきますよん♪
Posted by YOOMI at 2012.08.29 12:50 | 編集
渋い!
建物も素晴らしかぁ~♪
Posted by sugimokkei at 2012.08.30 02:12 | 編集
ここ6年前に四国に行ったときに郡司さんの本を見てどうしても入っておきたくて入ってきました(^^♪

お湯もさることあの建物はほんとに趣があっていいですよね~
私も一度泊まってゆっくりお湯に浸かっていたいです。
Posted by きよちゃん at 2012.08.30 07:24 | 編集
Sugimokkeiさん

北海道に遠征してました~。
(返事遅くなってごめんなさい!)

小藪は、建物の美しさだけでも
十分満喫できます。
まさに、素晴らしかぁ!でしょ^^

Posted by YOOMI at 2012.09.09 10:37 | 編集
きよちゃん

さすが、きよちゃん。行かれてましたか?
私は前回の愛媛旅行でLostしていたので、
ピンポイントで今回行ってきました^^

建物の中に居るとタイムスリップしてような気分♪
ほんとに泊まるに値する温泉旅館です。
Posted by YOOMI at 2012.09.09 10:39 | 編集
虫がすごいので、泊まるのは、やめたほうがいいです。

布団でねたら、朝おきたら、
かぶれまくり。

Posted by まき at 2013.04.17 02:54 | 編集
まきさん。

泊まられたんですね!
そんなことがあったんですか。

じゃあ、春とか秋ごろに行くのが
ちょうどいいかもしれませんね。
情報ありがとうございます^^
Posted by YOOMI at 2013.04.21 21:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する