2012.09.24

北海道_オソウシ温泉_鹿乃湯荘(温泉篇)

わたしが今回北海道で泊まったお宿のなかで
一番、いい意味で期待を大きく裏切ってくれたお宿

「オソウシ温泉 鹿乃湯荘さん」

数年前に閉鎖されていた温泉宿を何とか復帰させようと、
現在のご主人夫妻と秋田犬のけんちゃん(熊パトロール)
が移り住み、営業をはじめられたそう。

ダートの長い道のりをぐるぐる。
「まだか、まだか?」と期待にワクワクしながら進むと・・・
P1060751_R_20120924223711.jpg


そこは楽園 

極上のぬる湯と手造り料理
のおもてなしが待っています^^
P1060485_R.jpg


夕刻に到着。
「お待ちしておりました~!」
ご主人と女将さんは玄関で迎えてくださいました。
その笑顔からもホスピタリティが溢れているように感じます。
P1060493_R.jpgP1060492_R.jpg
※写真右:泊まったお部屋。2間続きの清潔な畳のお部屋です。

けんちゃん。
これまでに狸、鹿、キツネ・・・
色々な動物と格闘してきたオソウシの番犬です。
P1060745_R_20120922200141.jpgP1060488_R.jpg


; :*:・。,☆゚'・:*:・; :*:・。,☆゚'・:*:・; :*:・。,☆゚'・:*:・
温泉ですが、全部で3つの浴槽があり自分の好きな温度を楽しめます。

1つは何も手を加えない約27℃の源泉をそのまま掛け流しの露天風呂。
それと、加温した38℃ぐらいのぬる湯の露天風呂。
最後は、42℃ぐらい少し熱めに加温された内湯。

注目すべきはPHの高さ。
アルカリ性が高いので源泉浴槽ではキシキシしますが、
加温された内湯ではつるつるとした感触が味わえます。
; :*:・。,☆゚'・:*:・; :*:・。,☆゚'・:*:・; :*:・。,☆゚'・:*:・


【ぬる湯の露天】
ぬる湯好きにはたまりません(´ ▽`).。o
目の前は今にも動物が出てきそうな原生林。
森林浴と温泉の気持ちよさに、2時間ぐらい滞在した湯です。
P1060498_R_20120922194001.jpg
源泉名:オソウシ温泉、泉質:単純硫黄泉、泉温:26.9℃、PH10.0
成分総計:235mg/kg 浴槽温度:39℃


塩ビ管からゆっくりと注がれる湯。
湯口付近に手をやると温度がなま温かくなんだか有り難味を感じます。
P1060564_R_20120922224358.jpg


露天風呂の目の前は緑一色。
「はぁ~、幸せ。」
P1060569_R.jpgほいで露天風呂へ_R

この日は泊まりのお客さんがいらっしゃらなかったので、
男性専用の露天風呂にも入浴させていただきました♪
男性露天_R



【混浴露天風呂】
加温なしの源泉そのまま掛け流しなので、
少し肌寒いですが、新鮮な湯の感触と硫黄の香りが楽しめますよ。
湯船のすぐ隣は清流で、目の前は森♪
源泉塔2_R
※手前の塔は源泉を溜めている塔。頂上から白い温泉の成分が溢れています。

P1060518_R.jpgP1060519_R.jpg

毎朝4時になると、野生の鹿がこの源泉浴槽付近に
水を飲みにくる
んだって!おとぎの世界です。
湯口_Rオソウシ_R
浴槽温度:31℃


【適温の内湯】
源泉風呂やぬる湯に長湯し少し冷えたら、こちらへザバ~ンっと。
加温すると更につるつる感が増し、味わい深い湯になります。
オソウシ内湯_R
浴槽温度:42~43℃

女性内湯には源泉浴槽の白いポリバスが
置いてあります。こちらも蛇口を捻れば源泉どばどば。
P1060529_R.jpgP1060609_R.jpg

ポリバスの湯面には白いジェリー状の湯の花が
浮いています。半生・源泉!って感じなのね。
P1060685_R.jpg

内湯も、露天も、シンクまで掛け流し~!!!
とにかく、どこへ行っても極上湯ひとりじめ状態なので、
嬉しくって色々浸かり比べてみました=(*~▽~)ノ♪♪
P1060638_R_20120922194344.jpgP1060606_R.jpg

極上の湯(特にぬる湯)を時間を忘れて夜遅くまで独り占め。

しかも、
どこまでが原生林で、どこまでが宿の敷地なのか
分からないぐらいの自然に囲まれながら。

「もう~、泊まってよかった♪」
この一言に尽きます。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/510-0d12f378
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
なんて素晴らしい宿なんでしょう。
ヌプントムシに行くには最適な宿ですね(^^♪
来年ぜひ泊ってみたいと思います。
いい宿を紹介していただきありがとうございます。
Posted by きよちゃん at 2012.09.25 06:24 | 編集
ぬる湯が大好きなので、(熱いのが無理、、)ここめっちゃ惹かれます!!いってみたいなぁ。北海道素敵な温泉がいっぱいなんですね~。
Posted by arie at 2012.09.25 10:28 | 編集
おお~ココ行きたい!

単純泉で成分総計もそれ程濃くもないのに。源泉塔のツララが凄いですね。

それに、ポリバスの「半生・源泉!」…どんな感触か興味深々…(^。^)
Posted by くまのプー at 2012.09.26 06:32 | 編集
YOOMIちゃん、ご無沙汰~(^o^)/
誰もいないのをいいことにやりたい放題やってるね~

そうそう、牛の集団に追いかけられて流血したんだってね ウッシッシッ
男性だけでなく、牛にもモテるとはさすが人気者だわさ。 笑

また遊びにくるわね。
ぢゃ、また!
Posted by にゃんこ at 2012.09.26 19:28 | 編集
きよちゃん。

そうなんですよ。
ヌプントムラウシに行く前の日に
泊まったお宿です!車で30分ぐらいでゲートまで
到着しましたよ。

オソウシ温泉さんは、お湯もいいけどご飯も
美味しくて、ほんとにいいお宿でした。
ご主人と女将さんも優しい方ですよ~。
Posted by YOOMI at 2012.09.27 14:38 | 編集
arie ちゃん。

わたしも。熱い湯は苦手なんです。
ぬる湯だったから、余裕で2時間ぐらい浸かって
られましたよ!

目の前に森もあるので、
自然を眺めながらゆったりと時間を過ごせます。
Posted by YOOMI at 2012.09.27 14:40 | 編集
くまのプー さん。

源泉塔のツララすんごいでしょ。
オソウシの源泉は、九州で例えるならばですよ・・・
「寺尾野温泉」につるつる感をもっと
もう少し増した感じ!
ぬる湯浴槽は温度も似ています。

きっとプーさんも好きなこと間違いなし。

追伸:
七ツ石のお掃除の写真、見ちゃいました~(笑)
お元気そうで、何よりでごじゃります(^u^)

Posted by YOOMI at 2012.09.27 14:45 | 編集
にゃんこ さま

北海道で牛の集団に追いかけられた事件
を知っているとは、なかなかの情報ツウですな ( ̄ー☆

その時、着ていた青色の服が原因だと思うけど
しかし、ほんとにびっくりしたですよ。

次回はいよいよ熊の集団に追いかけられないように
気をつけなきゃ。

にゃんこさまも、気をつけてね。
Posted by YOOMI at 2012.09.27 14:50 | 編集
けんちゃんかわいい~~♪
動物と格闘するとは思えないほどのかわいさですね^^

温泉成分すごいですね~!!
極上のぬる湯、いつまでも浸かっていたくなりそうです♪

村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2012.09.28 06:39 | 編集
ココは知りませんでした。
この寂れ感がいいですねえ。
でも、露天の源泉風呂は、寒すぎて入れる期間は短そう・・・
次は食事編でしょうか!楽しみ♪

標茶のアソコに行かれたんですね!
チャーボーは元気でしたか?
Posted by 湯次 at 2012.09.28 07:59 | 編集
管理者にだけ表示を許可する