2009.12.06

岐阜_下呂温泉 _こころをなでる静寂みやこ

日本3大名泉の下呂温泉です!温泉街の真ん中を流れるのは飛騨川。

・・・不思議なんですけど、近畿に住んでいて実は初の下呂入湯。
岐阜には何回も行っているに。素通りでした。絵文字名を入力してください
P1050983_R.jpg

お宿の名前は「こころをなでる静寂 みやこ」さん。
昭和43年から旅館業を営まれていますが、もともとは大型の観光旅館で平成12年に全客室19室のこじんまりとした旅館に改築されました。


お宿のパンフレットの表紙に大きく「-ふぅ。- 決めた。今日はとことんがんばらない日。」
と書かれているところからも、お宿のコンセプトが分かります。

日常が忙しく何となく疲れたなと感じた時「身近な人と一緒に温泉に行こう。」
とふと思い、駆け込むおこもりの宿。
P1050976_R.jpg

和の庭が大きく写る窓の手前にヨーロッパ調のアンティーク家具が置いてあり、「大人の宿」を思わせます。
このロビーでお抹茶とゆずの羊羹をいただきます♪
P1050965_R.jpgP1050819_R.jpg

部屋に入る前に可愛い巾着に入った女性用のアメニティセットがサービスされます。
色とりどりの浴衣も選べ・・・そこには女性が喜びそうな心遣いがいっぱいありますえるも
P1050822_R.jpgP1050823_R.jpg

書籍の並ぶ談話室や心地いいリビング空間など、館内は至るところに宿泊者のリラクゼーションを意識したスペースが設けられています。
P1050950_R.jpgP1050868_R.jpgP1050931_R.jpg



さて期待のお風呂ですミッキー

みやこさんには4つの貸切露天風呂があり、うち2つが無料で一般の宿泊客が自由に入ることができ、うち1つが有料(1時間500円)、最後の一つは2回目以上宿泊のリピーターだけに開放されるというシステム。

これまで色んな温泉に行ったけど、リピーターにのみ開放するお風呂・・・というのは初めてで、
リピーター作りへの宿の熱い思いが感じられます。

これが陶器で出来た貸切露天風呂、無料。一般客も利用可能なほうです。
アルカリ性単純温泉。PH8.9。無色透明、程よいぬめり感があり、お肌に優しい泉質です。
温泉は42度に調節されていて結構熱かった~♪
P1050925_R.jpg

こちらが隣接しているも一つの貸切露天風呂。
P1050922_R.jpg

こちらは、岩風呂。有料のお風呂です。目の前に赤・黄色に染まった紅葉の木が1本あり、
それを眺めながらちょっと贅沢な湯浴みです。
P1050962_R.jpg


私のお気に入りNO1.は、大浴場の半露天風呂。


露天は夜間真っ暗にされており、外の庭から美しくライトアップされた紅葉が見渡せるんです。
これが良かったなぁ。

温泉に来て、単にお湯に浸かるだけじゃなく、心から落ち着くための演出があれば嬉しい限りです。
「ここへ来れてよかった」とか「夕食どんなのかな」とか・・・楽しいことばかり考える瞬間ですmoe
P1050854_R.jpg



そしてのお気に入りNO2.は、下呂の温泉街を一望できる夜景。

ある程度大きな温泉街に来て、夜旅館の窓から街を見下ろすと
間接照明のような柔らかい外灯の光が街一面を飾ります。この瞬間がお風呂と同じぐらい、好きです。
P1050870_R.jpg

夕食は、個別の食事処でいただきます。
飛騨牛のすき焼き、ホタテのパイ包み、サトイモとお肉の揚げ物、海鮮カクテルジュレあえ、鯛と飛騨牛のお刺身、黒糖プリン・・・など。種類も多く、味も洗練されていて、1つ1つのお料理に拘りが感じられます。

飛騨牛のお刺身は綺麗な霜降柄&トロトロの食感で、過去1年間に行ったお宿の料理の中でも上位に入る美味しさでした。すき焼きの肉も生で食べたかったほど新鮮ね。
やっぱ肉旨いんだなぁ牛
みやこ

部屋に帰ると竹の篭に入った笹寿司が置いてありました。
可愛い熊のイラストいり☆
そうそう、温泉に来ると夜食が食べたくなるんですよね。
P1050919_R.jpg








ちょっとした心遣いが溢れる宿でした。

ブログランキングに参加しています
下のボタンを2つクリックしてね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「こころをなでる静寂 みやこ」
住所:〒509-2202 岐阜県益田郡下呂市森2505
TEL : 0576-25-3181 
宿泊料金:¥20,940~ ※特別室 ¥32,490~
アクセス:
電車)JR高山線下呂駅下車徒歩15分、タクシーで3分。
車)中央自動車道・中津川IC~国道275号線経由車で約60分。
  高山~国道41号・約50分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/52-9771cf01
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんな素敵な宿、ありましたっけ?
おこもりにもってこい!の宿ですね。

夜食や入湯制限には、宿の細かい配慮がうかがえます。
良いですね。

YOOMIさんのおっしゃる、
部屋の窓から見える柔らかい外灯の…ってわかります♪
私も大好きですよ。
だいたいいつも嫁が先に眠りに就きます。
私は、ちびちび呑みながら、そんな景色を眺めています。
スケールは極小ですが、銀山温泉を思い出しました。

さすがYOOMIさん、いい温泉行でしたね☆
Posted by 如水 at 2009.12.07 20:07 | 編集
如水さん

いつもコメントありがとうございます!

部屋から見える夜景の情緒、共感できて嬉しいです♪
銀山温泉も夜景綺麗なんですね。
温泉はお湯に浸かるだけじゃなく、食事、夜景、自然、色んな楽しみ方があるから本当に飽きないですね。

下呂は何となく少し前の熱海の温泉街に見えました。
昔ながらの観光旅館や古い民宿が多く、タイムスリップしたみたいでしたよ!

またルポします~



Posted by YOOMI at 2009.12.08 17:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する