2012.12.15

福島_横向温泉_中の湯旅館

愛すべき、鄙び宿「中の湯旅館」

今では珍しい湯治宿の象徴とも言うべき宿で、
食事もお布団も自分でやらなきゃなんないシステム。

予約を入れるとき、女将さんが
「あの~。うちは完全な自炊宿ですけどご存知でしょうか?」と、
何度も私に確認していたのを思い返します。
P1110026_R.jpg

館内もレトロな博物館のよう。
骨董品や昔の看板、使い古された味のある廊下など・・・
物珍しいものばかりで見ているだけでも飽きがきません。
これがわざわざ造られたものじゃない(ありのまま)
だから凄い!!
P1100889_R.jpgP1110018_R.jpg

訪問は冬に入ろうとする10月下旬。
標高1000mを越える横向温泉は当然肌寒い訳で、
お部屋の寒さと破れた障子を見て、湯治宿好きの私も
一瞬、シュンとなってしまいました(;ェ;`)(笑)
P1100816_R.jpgP1100875_R_20121213215334.jpg
P1100948_R_20121213221039.jpgP1100942_R_20121213220912.jpg
※写真1段目左:宿泊したお部屋。押入れ前に電子レンジがある。
※写真1段目右:浴場への道しるべ。昔のまんまです。宿泊したお部屋。


「うちのお風呂は温めだけど、よく温まるから、
まずはお風呂に入って温もってきたほうがいいわ!風邪引かないようにね。」

宿に着いて間もなく女将さんの強い勧めで、浴場へ向かいます。


【内湯】※混浴
こちらの内湯も、文化財並みに鄙びていて身体全体に感激が走りました。
ひび割れの上にガムテープで修正されているサッシと浴室全体の薄暗さ。
''侘びしさ''の中に''湯治場の趣き''を感じます。
IMG_2542①_R

浴室の張り紙。
「露天風呂は2日間を経ての全くの手造りですので、
すごいアバウトです。」と書かれています^^I LOVE アバウト!
P1100916_R.jpgP1100951_R.jpg

私が浸かっている湯船は近隣の「旅亭マウント磐梯」からの引き湯で39℃~40℃あり熱め。
反対側の湯船は自家源泉で38℃ぐらいで、温めですが大人気で
大勢の湯治客がこぞって自家源泉の湯船へ入られます。
体温より少し温かい心地良い湯に浸かると、もう出たくなくなる湯です。
IMG_2568①_R
※源泉名:中ノ湯、泉質:単純温泉、泉温:28.8℃、PH:7.0、色:透明、味:無味
※オレンジ色の湯の花、※湧出量:5L/分、香り:自家源泉は湯口に鼻を付けると微アブラ臭。
マウント磐梯の源泉は金気臭と微硫黄臭。
※成分総計:788mg/kg(Na 84.5mg、 HCO3- 358.5mg、メタケイ酸H2SiO3 190.9mg)


【女性専用内湯】
こちらのお湯は混浴と比べて大変熱かったです。
私は殆ど混浴に居たので、あがり湯だけこちらで利用しました!
P1100900_R.jpg


【露天風呂】
露天風呂は渓流のすぐ隣にあり、手造り感溢れるもの。
混浴の浴室からサッシをくぐり抜け、裸で露天風呂まで移動します。
超ワイルド~(´ε`*)ゝ
P1100921_R.jpg

ホースが張り裂けて、中からお湯がスプラッシュしています(笑)
P1100928_R_20121213220639.jpg

雨がシトシト降り湿った山の景色は格別。
特等席に居るような気分です♪
横向roten_R


女将さんが言ってらっしゃった通り、
こちらのお湯はぬるめだし、成分も決して濃厚な訳ではないですが
アブラ臭や金気臭など、しっかり主張していて
しかも、よく温まります。

ぬる湯好きの私は、2時間近くお風呂に入ったのですが、
お布団の中でもポカポカ身体が温まりよく寝れました♪

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンをぽちっとお願いします m(._.)m
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「横向温泉 中の湯旅館」(よこむきおんせん なかのゆりょかん)
住所:福島県耶麻郡猪苗代町横向温泉
TEL:0242-64-3341
営業時間:8:00~19:00
料金:(日帰り入浴)300円
宿泊:3450円~(自炊のみ) 
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/532-f417bd91
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは、國岡です。

横向温泉「中の湯旅館」は朝早くから開放して下さるので、吾妻小富士からご来光を見た帰りによく立ち寄りさせていただきました。

横向の3源泉、上の湯「M磐梯」・中の湯「中の湯旅館」・下の湯「滝川屋旅館」の中では「滝川屋旅館」も明治時代の木造建築の湯治棟や前庭の水車小屋がいい味を出しています。

モチロン泉質も太鼓判!オススメです!!!
Posted by 國岡 at 2012.12.17 16:13 | 編集
こういった湯治場ってなかなか行く機会がないのですが、
一日、ボーっと過ごすには良さそうですね!
東北も温泉自体を楽しむにはいいですね。
Posted by 湯次 at 2012.12.18 01:03 | 編集
國岡さん。

横向温泉「中の湯旅館」さんの内湯、いいですよね!
よく立ち寄り入浴なさっていた、という事を聞いて
あの独特の浴舎の風情を共有できて嬉しいです。

「滝川屋旅館」さんは、今回時間が間に合わずパスしましたが
木造建築や湯が良いと聞いてますので、近々福島に行った時に
入湯してきたいと思います(*・▽・*)
おばあちゃんが作ってくださるご飯も美味しいらしいですね!!
Posted by YOOMI at 2012.12.31 22:55 | 編集
お風呂には何度か入らせていただいていますが泊ったことはありません。
確かに一人でコタツに入っている姿は心細くて寂しそうですね(^^)
Posted by きよちゃん at 2013.01.02 11:08 | 編集
きよちゃん。

部屋に居ても隙間風を感じ、
最初はシュン・・・てな感じでいましたが(笑)

お湯は確かにいいので、本気で湯治するなら
泊まってみるのもいいかもしれませんね!

部屋の真ん中になんで電子レンジが置いて
あるのか不思議でした。
Posted by YOOMI at 2013.01.04 20:36 | 編集
温泉の経営者が一番温泉歩きしないものなのですが
此処の女将さんと私は例外中の例外(笑)

私は30年もかけて 全国の自炊湯治出来る宿ばかり
500軒ほど尋ね歩きましたが(現在内半数の宿は
閉館または自炊不可の観光旅館に姿を変えてます)
中の湯の女将さんもマニアックな湯治宿ばかり歩かれます

現在私は妻を癌で亡くし 父の介護と末っ子の世話しながら
4棟ある自炊宿たった1人で運営中ゆえ何処にも行けなく
なりましたが 同様に中の湯の女将さんも1人になっちまい
現在はなかなか湯巡りも出来なくなっちゃったようです

それでも先日女将さん鹿児島行かれたようで
私ん家の屋号と同名の焼酎を見つけたって
突然2本もわざわざ贈って下さいましたっけ(笑)


Posted by きくちゃん at 2017.08.27 09:14 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2017.08.28 09:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する