2012.12.31

2012 今年の〆湯 愛知篇

今年の〆湯として、
愛知(主に知多)と三重の湯めぐりをしてきました。

海の見える湯あり、濁り湯あり、期間限定の湯あり・・・
日帰りで行ける範囲で、個性的な温泉が濃縮されたような。
そんな充実した内容でした^^



【冨吉温泉 テルマ55】
建物の老朽化で、本日12月31日で閉鎖。
地元のファンに愛され続け20年、とうとうその歴史にピリオドを打たれます。
ここのお湯だけには入っておきたかったのです。
P1170070_R.jpg
P1170011_R_20121231135948.jpgP1170010_R.jpg


テルマ55_R
※源泉名:冨吉温泉1号泉、泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉、泉温:50.5℃
PH:7.6、色:殆ど透明、淡い黄色。味:微塩、香り:微金気、藁のような芳ばしい香り


内湯は丸い浴槽が3つあり、うち1つが掛け流しです。
「テルマ55があるから、冨吉に引越してきた」
とおっしゃる地元のお母さんも居て、愛され続けてきた湯であることが分かります。
P1170037_R.jpgP1170024_R.jpg



【半田天然温泉 ごんぎつねの湯】
一見「小規模なスーパー銭湯」と言った印象ですが
こちらの湯、この辺りでは珍しいアブラ臭がして
凄く印象深いものでした!!
P1170247_R.jpg

ちなみに、この名前、半田市出身の新美南吉作『ごん狐』
にちなんで付けられたそうで、
愛らしいキツネのステッカーや人形が飾られていました。
P1170250_R.jpgP1170260_R.jpg

塩素イオンが1kg中14000mgの強塩泉で、舐めるとかなりショッパイ。
写真の向かって左にある「滝」が源泉になっており、
滝の真下にある小さい湯船が特に湯が新鮮です★
P1170258_R.jpg
※源泉名:ごんぎつねの湯、泉質:ナトリウムー塩化物強塩温泉、泉温:59.1℃
色:透明、香り:アブラ臭(薬品っぽい独特な香り)、味:かなり強い塩辛さ。
成分総計:25,680mg/kg(うちCl 14,000mg)



【坂井天然温泉 湯本館】
愛知県内でも屈指の歴史の長い温泉宿で、
おばあちゃんが一人で番頭をされていました。
写真は旧館。今は旧館の横に新しい建物がありそちらで入浴が出来ます。
P1170196_R_20121231115854.jpg

Oh !! ケチャップ色の湯
鉄成分豊富(43mg/kg)なこちらの温泉は、
空気に触れて赤くなり、浸かると体が全く見えないほどの濃厚色になってます。
P1170235_R.jpg
※源泉名:坂井温泉2号泉、泉質:含鉄ーナトリウム・マグネシウムー塩化物泉、
色:ケチャップ色、香り:成分の割りに鉄イオンやマグネシウムイオンの特徴がなかった
成分総計:7843.7mg/kg、特筆:手で湯をすくうと、細かい赤色の湯の花が舞い散ります。


この置物が妙に気になりました。
「蛙に乗った河童?」(^_^;)
P1170209_R.jpgP1170226_R.jpg



【南知多温泉 魚友】
さあ、知多半島の南にやっと辿り着きました!
海沿いの温泉宿で、昼食をいただきます♪
P1170071_R_20121231115834.jpg


宿の駐車場で出迎えてくれる温泉櫓。
温泉の成分がこってり付着し、湯気がもわもわとたっており
期待感を煽ります。
P1170185_R.jpg


知多半島から見渡す海景色、それと至福温泉♪
今日は天気がいいので、対岸の山も鮮明に見渡せて絶景。
P1170091_R.jpg
※源泉名:南知多温泉友の湯、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:48.5℃
色:透明、香り:金気臭、芳ばしい香り、味:濃いラーメン出汁のような適度な塩味。
成分総計:5587.2mg/kg(うちCl 2938mg)


少し金気臭と芳ばしい香りを放つお湯。
よく温まりますよん♪
海を眺めながら、今年1年を振り返ってみたりして・・・(笑)
魚友_R


さて、食事も入浴付きで1人3500円とは思えないぐらい
豪華な海の幸が出てきて最高でした。
シーサイドのテーブルで食べるから更に美味しく感じる。
P1170149_R.jpgP1170154_R.jpg

出るわ、出るわの大騒ぎ

お刺身に鯛の煮物。
鯛の頬肉は油がのっていて柔らかい。
P1170159_R.jpgP1170168_R.jpg

焼き貝に、愛知の名物(巨大)エビフライ。
P1170171_R.jpgP1170178_R_20121231120630.jpg

前菜の盛り合わせに、たこしゃぶ。
たこしゃぶは、ポン酢の酸味とプリプリ食感が
美味しくって、お気に入り
P1170169_R.jpgP1170158_R.jpg

赤だしとデザートのライチゼリー。
お出汁本来のいい味が出ています。
P1170180_R.jpgP1170181_R.jpg

そして、今回の湯めぐりの〆湯は
隣の県にて

今年の〆湯 三重篇に続きます♪

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンをぽちっとお願いします m(._.)m
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/538-73727e78
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Oh !! ケチャップ色の湯!

由布市下湯平温泉の「幸せの湯」も、
以前は、こんな色だったんだけどね。。。
Posted by くまのプー at 2013.01.02 07:03 | 編集
魚友は私も食事&入浴をさせていただきましたよ♪
食事は豪華ですよね。

ケチャップ色の温泉に入ってみたいな~
Posted by きよちゃん at 2013.01.02 11:23 | 編集
くまのプー さん。

幸せの湯、確かこんな色してましたね!
もう、今はここまでの濁りはないんですよね?

愛知にここまで赤い色の温泉があるなんて
知りませんでした。探せばあるもんですね。
Posted by YOOMI at 2013.01.02 23:56 | 編集
きよちゃん。

魚友、行ってましたか!?
私も知り合いの方から教えていただいたんですけど
お湯も掛け流しで、微かな金気臭がする塩化物泉で
なかなか良かったので、ちょっとした発掘でした。

家族を連れていってあげたい場所ですね。
Posted by YOOMI at 2013.01.02 23:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する