2013.01.21

秋田_大湯温泉_阿部旅館

秋田県 小安峡温泉卿の最奥に位置する
「大湯温泉 阿部旅館」
宿の脇を流れる大湯沢のあちらこちらから、
98℃の温泉が湧き湯煙をあげています。

そのロケーションや自然環境ともに秘湯感たっぷりでした。
阿部旅館ひき_R


ちなみに、阿部旅館前の道路はこんな感じ。
一軒宿で周りには建物がなく山ばかり。
雪の日だと尚更「えらい奥まで来たな~っ」って感じます。
阿部旅館の前_R


お宿は平成15年に改築されたらしく、
九州の黒川温泉卿や宝泉寺温泉卿にあるような
「秘湯の宿」だけどちょっぴり洗練された佇まい。
阿部旅館外観_R


ほら、可愛い石像が居たり(雪に埋もれぎみですが 笑)
とうもろこしの装飾があったり女性好みな雰囲気なのです♪
P1160248_R_20130113233745.jpgP1160247_R_20130113233813.jpg
P1160245_R_20130114000754.jpgP1160242_R.jpg


わたしが一番好きなのは、
男女別の内湯を抜けて露天風呂に出たらある・・・ここ。
P1160239_R.jpg


かじかの湯
川にへり出した、自然と一体になれる露天風呂です。
さすが98℃の源泉から出る湯煙はすごい、
高温の湯煙で、この大雪でも土手下には雪が積もらないっ
P1160202_R.jpg
源泉:大湯温泉、泉質:単純硫黄泉、泉温:98℃、PH:7.2、湧出量:980L/分(すごい。)



湯船から眺めると、視界は湯煙なのか吹雪なのか
もう訳わかりません(笑)とにかく、ワイルドで楽しい♥♡
abe_R_20130113235520.jpg


サービスショットです[♥óܫò]
山の上の方は一面雪に覆われて、
生クリームのケーキみたいになってますよ。
P1160153_R.jpg


お湯は、しっかり硫黄の香りがしてつるつるします。
黒い湯花もたくさん浮いてます。
内湯よりも、露天風呂のお湯の方が源泉に近く浴感がイイ!
P1160189_R_20130114001856.jpg

フレッシュなお湯、
ワイルドな景観に大満足です。
abe3tate_R.jpg


源泉が溜まっている所は、まさに露天風呂の真下の川岸にあります。
露天風呂から簡単に下りられるため、周りの石に
「岸から高温 ヤケド します!98℃」と、
注意書きが赤字で記載されていました。
gensen_R.jpg

物凄い湯煙で余りよく見えませんが・・・
地獄っぽい雰囲気です。
gensenido_R.jpgP1160233_R.jpg


6月~9月の天気のいい日に川をせき止めると、
川底の源泉と沢水が混ざり''天然川風呂''が出来るんです。
kawakara_R.jpg


主人手づくりの半屋根付きの露天風呂「せせらぎの湯」
お湯は「かじかの湯」と同様、フレッシュだったのですが
開放感としては、「かじかの湯」の方が好きです。
P1160141_R.jpg


内湯「今昔風呂」は、天井が高く素朴な湯小屋の中にあり
その名の通り昔の湯治場のような風情がありました。
P1160136_R_20130113235726.jpg


そして、内湯から「かじかの湯」へ向かう途中にある、
十和田石と多古石で作られた露天風呂。
(私は結局かじかの湯ばっかりでしたが(^_^;))
P1160236_R.jpgP1160237_R.jpg

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ちょっとブログお休みしてましたが・・・
また至福温泉、よろしくお願いします (*´∇`*)
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「大湯温泉 阿部旅館」(おおゆおんせん あべりょかん)
住所:秋田県湯沢市皆瀬字奥小安国有林34
TEL:0183-47-5102
入浴料:400円
営業時間:8:00~20:00
定休日:不定休(混浴露天は6月~9月)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/545-945229f4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
源泉の湯気、毎分980Lの湧出量…、地球のダイナミックなパワーみなぎる温泉ですね。
硫黄の香りに抱かれての雪見露天、大自然と一体化したYOOMIさんの至福感がよく伝わってきます ^^
このあたりは新緑や紅葉が素晴らしいですが、雪景色も良い所なんですね。
Posted by kate who at 2013.01.21 19:09 | 編集
ここは、秋田で行きたい温泉の一つなんです。

確か、天然川風呂は混浴だったような…?
Posted by くまのプー at 2013.01.21 20:23 | 編集
kate who さん。

こんばんは
至福感伝わりました?良かったです^^

川底からモウモウと上がる湯気、凄くパワーを感じる温泉でした!
雪の日も格別でした~。紅葉のシーズンはお店もやっているけど
冬期間は周りのお店が休業が多いので、一層秘湯感がありましたよ。

Posted by YOOMI at 2013.01.22 00:55 | 編集
プーさん。

さすが、要チェックされてるんですね。
お湯も硫黄の香りがしっかりして良かったですよ!

> 確か、天然川風呂は混浴だったような…?
そう正解。露天風呂の下が天然の川風呂になります★

ところで、話は変わりますが・・・
「泉人限定桶」かわいいですね~(日記拝見しました♪)
写真見てちょっと欲しくなってしまいました。
Posted by YOOMI at 2013.01.22 01:00 | 編集
阿部旅館は去年の3月に湯治プランで2泊しましたが私の身体には泥湯温泉奥山旅館よりも相性が良さそうなので今度は3泊したいと思います(^^)

かじかの湯は私が泊った初日は男性で女性はせせらぎの湯でしたのでYOOMIさんはラッキーでしたね。

誰もいなければ川原から上がってきて入れますけどね(^_-)-☆


http://kiyo121.blog6.fc2.com/blog-entry-764.html
Posted by きよちゃん at 2013.01.26 17:30 | 編集
きよちゃん。

湯治パックいいですよね~!
私も2泊3日4食付いて税込み12,900はお得ですよね。しかもきよちゃんブログ見てると、素朴で丁度いい量の食事が出るみたいですね。

阿部旅館はお湯もいいし、お宿の方も気さくで、
親しみやすい方ばかりなので、
きっと旅の出逢いにも癒されそうな気がします。

かじかのすぐ前が源泉なのですね!
あそこの湯船に入れたのはラッキだぁぁー^^
Posted by YOOMI at 2013.02.02 11:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する