--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.02

山形_赤倉温泉_ひやま温泉 お湯センター

雪がしんしんと降り積もる
赤倉温泉街を横目に橋を通り過ぎると、少し外れたところにポツンと一軒
日帰り施設兼お宿の「ひやま温泉山荘 お湯センター」さんがあります。

ここへ来るときは、何故か毎年「真冬」。
私の頭のなかの赤倉温泉は、豪雪の景色以外ありません
小国川沿い_R
※橋から見渡す赤倉温泉街


厳密には「ひやま温泉」という名前ですが、
赤倉温泉の一部のお宿さんなんです。
すぐ近くには赤倉温泉スキー場もありゲレンデ帰りのお客さんも
よく温まりに来られるそう。
ひやま山荘_R
※上写真:玄関。てか、雪で何もかも真っ白!!(笑)


見てください!車に積もった雪の層!
デッカイ雪の帽子みたいに、ん~1m以上はありました。
玄関に入ると寝起きの番犬ナナちゃんが出迎えてくれます。
P1170465_R.jpgななちゃん_R

で、これがお目当て。
むひひ(*´艸`*)(*´艸`*)
P1170456_R.jpg

全長約20mの泳げる露天風呂
さすが、「お湯センター」と言うだけある!スケール大。
ぷーる_R


もともとホテルのプールだった所を今のオーナーが買い取り、
岩魚を飼うための生簀にして、その後、人間が入る温泉に進化したとさ。
人間(プール)→魚(生簀)→人間(温泉)という深い歴史を持つ温泉でございます。
頭に雪_R


お湯はね、しっかりとした石膏臭と微硫黄臭
のする新鮮で、柔らかいお湯。
お水を一切加えずにこの広い露天風呂を埋めてるのがすごい。
P1170419_R.jpg
※源泉名:日山温泉2号源泉、泉質:カルシウムー塩化物・硫酸塩泉、泉温:66.7℃(浴槽内40℃弱)、
PH:8.4、優しい印象の赤倉のお湯のなかではしっかりと香りや味を楽しめます。


特に、この消化ホースのような珍湯口から出てくるお湯の香り!
最高でした。アチチだけど、手にすくって飲泉すると少~し塩辛い。
P1170402_R.jpg湯口_R


この日は東北でも珍しいぐらいの猛吹雪だったので、
ちょっと景色に目を奪われると頭には白い綿帽子ができます
手で払っても払っても、また帽子ができる・・・そんな感じ。
プールから見上げる_R


露天風呂で遊んだ後は、身体を暖めに43℃の内湯です。
浴室内は温泉のアロマが効いたスチームが充満してほっかほか。
内湯_R

さらさらと湯船から耐えず透明のお湯がオーバーフロー
気持ちいいぐらい綺麗なお湯です。
P1170411_R.jpgさらさらとオーバー_R


オーナーのお母さんは山形は尾花沢生まれの大阪にも長く住んだことが
ある方。と~っても気さくな方で話が盛り上がりました。

ご夫婦で東北旅行中に赤倉温泉のお湯に恋して
こちらの山荘を買い取ったそう。

試行錯誤して出来たプール風呂は、
豪雪の東北では珍しい冬期もやってる開放感抜群の露天風呂
貴重な体験が出来ました。

ありがとうございました(o゚∀゚)ノ
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンをぽちっとお願いします m(._.)m
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「赤倉温泉 ひやま温泉 お湯センター」
住所:山形県最上郡最上町富沢834-5
電話番号:0233-45-2816
料金:500円
営業時間:10:00~17:00
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/547-7caaaed0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あーた、なんでもいいけど男湯でやりたい放題やってるって小耳にはさんだわよ!(笑)
Posted by にゃんこ at 2013.02.09 00:16 | 編集
昨日、行ってきましたよ♪
ライブじゃないけど・・・
YOOMIさんのおかげで、
でっか~いプールでしっかり泳いできましたよ~
ナナちゃんも元気でした(笑)
Posted by 湯次 at 2014.03.14 20:36 | 編集
湯次さん。

こんばんは~
また遠くまで行って来られたんですね(^^)
すごい雪だったんじゃないですか?
私が行ったときは、積雪でお宿までの細い路
両側を雪の壁に挟まれて運転しました。
ナナちゃんも元気でよかった!
Posted by YOOMI at 2014.03.18 23:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。