2010.01.12

長野_地獄谷温泉_後楽館(日帰り)

こーーんな広大な白銀の世界に来ております雪の結晶05*SbBlue(暗い背景用) †SbWebs†
P1060191_R.jpg


とある秘湯に向かってひたすら雪道を歩きます。
P1060202_R_R.jpg


ん?看板が見えてきました。ここがどこか分かりますか?秘湯マニアなら分かるかも。。
P1060206_R.jpg


ひや~あせ着いた、着いた。
P1060275_R.jpg



日本秘湯の宿を守る会。地獄谷温泉 後楽館!!!ここの温泉はね、日本で、いや、世界で一つしかないミラクルなお風呂なんです。何がミラクルって??それは言えません。
P1060268_R.jpg



ここは日本で唯一野猿を見ながら入れる(運が良ければ一緒に入れるハート)温泉「地獄谷温泉 後楽館さん」の露天風呂です。野生のお猿たちですが、近くにある野猿公園で餌付けに成功しているため性格も温厚です。人間慣れした優しいお猿たちばかりです。

オーストラリアをはじめ世界各国で「Snow Monkey」(雪の猿?)の愛称で有名になっている場所で、京都などの有名観光地を抜いて今、日本で人気NO1の観光スポットになっています。この日一緒に入浴していたお客さんの国籍比率も日本人:外国人=4:6(概算ですが)と、ここが一瞬海外にも思えるインターナショナルな空間でした。

お猿さん @ 野天風呂。
P1060210_R.jpg

「旨いなぁ・・・ ここの温泉は!ちゅうちゅう」  
※初公開。下の写真はお猿が温泉を飲んでいる光景です。
P1060212_R.jpg

「いい湯だな♪ うきき・・・♪ 」 お猿が湯船に入ってきました。
静かにお猿に接近、接近・・・
P1060239_R.jpg


至福温泉ルポ、遂にやりました。お猿さんとの雪見風呂! 
感動の1瞬です泣く
saruto33_R_R



見えますか?白い湯の花が舞っているのが。
お湯は透明で強い硫黄臭がします。「大きい湯の花」、そして「浴槽に付着する緑のコケ」「強い硫黄臭」そして・・・「湯気と共に舞うお猿さんの野生的な香り」。

この地獄谷温泉、上述のとおり強烈なインパクトを持つ温泉です。友人や同僚、恋人など周りに居る親しい人たちに、一生に一回はこの地に訪れて入浴体験をして欲しい。・・・とそんな想いが溢れ出る温泉です。

温度は70.5度とかなり熱めです。泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩温泉。湧出量 毎分134L。
PHは不明。ここの温泉、体がホクホクしてすごくよく温まります。
P1060237_R.jpg


生まれて初めての間欠泉も目にすることができました。
(※一定周期で水蒸気や熱湯を噴出する温泉のこと。)
お猿さんも間欠泉に見入ってました。
P1060251_R.jpg 
す・・・すげ~。うっきーサル
P1060242_R.jpg



お猿さんと入った後は、この内風呂でゆっくり自分だけの湯浴みを楽しみます。
こちらの浴槽も全て木造で落ち着きがあり、いい味出してます。源泉は、先ほどの野天風呂と一緒です。
P1060256_R.jpg





もう大興奮の一日でした。
あとで地元の人に聞いたところ、猿と一緒にお風呂に入れる事はなかなか珍しく、
すっごくラッキーみたいです。

「Snow Monkey おんせん」。  騙されたと思って ぜひ 味わってください。




ほんとに ほんとに ミラクルです。
P1060189_R.jpg



「地獄谷温泉 後楽館」
住所:〒381-0400 長野県下高井郡山ノ内町地獄谷温泉
電話:(0269)33-4376
料金: 日帰り入浴500円/宿泊9,000円~
    ※日帰りは8:00~21:00、12:00~15:00
アクセス:
【電車】
東京から新幹線長野駅→ 長野電鉄湯田中→バス上林温泉→徒歩約30分 名古屋から特急しなの長野駅→ 長野電鉄湯田中 →バス上林温泉→徒歩約30分※バス停より坂を登ると正面に看板があります。そこから入りあとは一本道です。
【車で】
東京から :上信越自動車道、信州中野IC名古屋から:中央道→長野道→上信越道、信州中野IC信州中野ICから、渋ルートで(右記)駐車場上林温泉、バス終点に無料駐車場

※冬期は地獄谷駐車場までの道路が閉鎖されるため、湯田中駅・渋温泉駐車場から地獄谷駐車場まで専用車「Snow Monkeyタクシー」(上部写真参照。)が運行されております。地獄谷駐車場から後楽館まで歩いて15分ほどです。

ブログランキングに参加しています
下のボタンを2つクリックしてね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/55-c479ab8b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
地獄谷温泉ならこの季節ですよね。
しかし!
そのお猿さんは羨ましいなぁ、色んな意味でッ♪

優しいお婆ちゃんが作るチマキはまだあるのかなぁ?
地獄谷温泉・後楽館は、予約をして出発前日にお悔やみごとでキャンセルした悲しい記憶が残っています。
あれから14年くらい経ちますが…

新年早々、良いお風呂に入ってきましたね♪
今年も絶好調のご様子で嬉しい限りです。
Posted by 如水 at 2010.01.13 13:09 | 編集
お風呂の入口で声をかけてもらったのに、気が付かなくてごめんなさい。(無視したわけではありません)

後楽館のお風呂、僕も行きましたよ!
猿は入浴していませんでしたが、近くに5~6匹。
微妙な距離を保ちながら入浴しました。
猿との混浴写真、よく撮れてますね。

私事ですが来月、北海道の氷上露天風呂に入ってきます。
すれ違うことはないと思いますが(笑)
Posted by のりさん@温泉ソムリエ at 2010.01.14 12:42 | 編集
>如水さん

やっぱりチマキ有名なんですかぁ・・・
一緒にお風呂に入ってたお客さんが15:00頃「チマキのラストオーダーだから急いで~」とか何とか言ってたんですよね。まさか、それが名物だとは知らなかった。

しかし、地獄谷いい思い出になりました。
猿と近距離で風呂に入ったら、猿ってこんなに可愛いのかと実感!

あとね、もう一つ発見です。湯船に入るとき猿も人間みたく片足から湯に浸けるのかと思ったら、「水泳の飛び込みスタイル」でした(笑)

勉強になったなぁ、、、
Posted by YOOMI at 2010.01.14 21:57 | 編集
>のりさん

日本大陸はこんなに広いのに・・・

まさか、のりさんと同じ日に同じ温泉で会うなんて、
びっくりです。のりさんはかなり軽快な足取りで男湯に入っていったよ!吸い込まれるように。

しかし湯田中の街は昔の湯治場の雰囲気満載で気に入りました。ほんと素敵。

北海道の氷上露天風呂に行くことは博士から少し聞きました。写真送ってくださいねー
Posted by YOOMI at 2010.01.14 22:03 | 編集
うわー。地獄谷!
昔、物心がつく前に猿と一緒に入ったよー。

関係ないけど、わたしは湯田中から近い信州中野で年越したよ。
あややとも会うなんて縁を感じるねえ。
それではKY!(今年もよろしくの略)
Posted by 永遠の16才 at 2010.01.15 20:55 | 編集
>16才ちゃんへ、

信州中野でこもってたんだ!?湯田中の地元の人は、ちょっと買い物したいとき信州中野に出るんだって。湯田中よりは都会らしい。

あややとは湯田中の某旅館で1泊して、日帰りで地獄谷温泉・・・ってゆうコースが完全一緒だった。(笑)

プチOff会計画いま考えちゅう。増富ラジウムか、福島奥会津の共同浴場なんてどうかな?
田舎の共同浴場に浸かりながらゆっくり喋りたい気分。

それじゃあKY!(今年も湯めぐり)
Posted by YOOMI at 2010.01.16 13:25 | 編集
私も以前、地獄谷温泉行きました!
猿はいなかったけど、夜明けとともに露天風呂に行き、空が白んでくる中であの自噴している源泉をみていると、地球は生きているんだなと感じました。

のりさんと会うってす・ご・い!!!
Posted by 百姓一年生 at 2010.01.26 20:22 | 編集
>百姓一年生 sama

いらっしゃい♪
みんな結構地獄谷温泉はチェックしてるのね!
百姓一年生さんは、かなりの秘湯マニアだから、絶対地獄谷も攻めていると思ったよ!!

のりさんと会ったのよ!!びっくりでしょ。
温泉ソムリエのテリトリーはカブっているのかな笑

Off会計画停止中でごめんね。
絶対近々集まろうね。
Posted by YOOMI at 2010.01.28 01:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する