2013.02.20

栃木_那須湯本温泉_民宿 新小松屋&共同浴場めぐり。

那須、塩原の湯めぐりに行ってきました。

宿泊先は、鹿の湯源泉を引いている「民宿 新小松屋」
客室全部で7室の小さなお宿さんです。

泊まった周りの方からの評判が良かったのも決め手でした。

鹿の湯源泉を引いているお宿や共同浴場を何軒かめぐりましたが、
浴感がよかったのもここ。
P1180277_R.jpg
P1180278_R.jpgP1180279_R.jpg
※鹿の湯まで徒歩3分のところに宿があります。


館内は新しく清潔感に溢れています。
女性でも気軽に一人泊が出来そうな・・・
P1180154_R.jpgP1180262_R.jpg
※写真左上:お部屋で出されたお饅頭も上品なお味。

男女別に各1つづつある内湯。
少し熱めで青白く濁ったお湯が木造の小ぶりな湯船に
耐えず注がれ、鮮度もバツグンでした。
IMG_0081_R.jpg
源泉名:鹿の湯、行人の湯混合泉、泉質:単純酸性硫黄泉、泉温:57.2℃(浴槽内44.5℃)
PH2.6、成分総計:899mg(遊離硫化水素 56.3mg/水素2.5mg/マグネシウム22.1mg)


肌がびりびりする酸性の刺激的な湯。
舐めると苦味と酸味があり、硫黄の香りもしっかりします。
IMG_0078_R.jpgIMG_0080_R.jpg


食事も一つ、一つ手がこんでいて美味しいんです
お出汁の味が効いた茶碗蒸しと、甘いお米は一番のお気に入り。
P1180158_R.jpg
隣に座っていた超(30回以上)リピーターのお父さん・お母さんは、
新小松屋さんのご飯を温泉と同じぐらい毎回楽しみにしているそう。


そして、もうひとつ楽しみにしていたのが、共同浴場めぐり♪
小松屋さんに泊まれば鍵を借りて、徒歩5分ぐらい先にある
地元専用の共同浴場「滝の湯」と「河原の湯」共に入浴することが出来ます!
P1180254_R.jpg



【共同浴場 河原の湯】
まずは、坂の一番下にある河原の湯から。
この素朴な共同浴場の姿を見るなり「渋っ∑( ̄[] ̄;)!
歓びがぞくぞくとこみ上げてきます。
P1180179_R.jpg


お湯はある旅館さんの余り湯(行人の湯源泉のみ)
冬は温めなことが多い、と地元の方はおっしゃいますが
熱めの那須の湯に免疫のない私にはすっごい適温でした!
P1180198_R.jpg
源泉名:行人の湯、泉質:酸性明礬泉、泉温:69.9℃(浴槽内41℃)、酸味・微苦味、硫黄臭 



【共同浴場 滝の湯】
こちらは坂の上にあり、河原の湯に比べて混雑していた共同浴場です。
P1180175_R.jpg


浴室の造りも味のある総木造、湯もみ棒も立てかけてあり、
昔ながらの共同浴場の趣きを感じます。
お湯は鹿の湯に鉱泉を混ぜているものだそう。
P1180227_R.jpg
源泉名:御所の湯、泉質:酸性ー含硫黄ーカルシウムー硫酸塩泉、泉温:57.8℃
PH:2.53、酸味・微苦味、硫黄臭、成分総計:1031mg 

P1180219_R_20130214005739.jpgP1180231_R.jpg
P1180224_R.jpgP1180222_R.jpg

改めて感じたこと。

「宿泊+共同浴場巡りはやっぱり、ええなぁ~」ということ。

素朴で小規模だけど極上の湯を味わせてくれる新小松屋さんで宿湯を楽しみ、

夜は共同浴場の湯と風情にまったり浸る・・・

この組み合わせが、
至極のひと時なんですよね(*´∀`*)

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンをぽちっとお願いします !
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「民宿 新小松屋」(みんしゅく しんこまつや)
住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本178−3
TEL:0287-76-3633
料金:(宿泊)6,650円~ (日帰り)400円(とちぎにごり湯の会の湯巡りのみ 11-14時まで)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/550-71e7797f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
3年前に鹿の湯に行った時は人が多く芋の子洗い状態にビックリ!
ココに泊まれば湯っくり出来ますね。
しかも、宿泊料金もお安いし共同浴場にも入れるなんて…
しっかりメモらせて頂きました(笑)
Posted by くまのプー at 2013.02.20 06:02 | 編集
三月に温泉ソムリエの資格をとるんですこど、取得してから活動するにはどうしていけばいいですか?
教えてくださいo(^_-)O

四月の下旬にの半の湯が新たに滋賀の温泉施設が買収したんで名前変わってリニューアルオープンしますよ!
Posted by 温泉LOVE☆虎 at 2013.02.20 06:21 | 編集
ここもすごい良さそうですねー!!YOOMIさんのブログみてると行きたい候補がでてきすぎちゃいます(笑)
Posted by ☆arie☆ at 2013.02.20 20:45 | 編集
くまのプーさん。

鹿の湯行ってらしたんですね!
今回は改装で3月までお休みでした。

新小松屋さんはトータルして良かったです。
共同湯も風情があってお湯も良く那須の印象が変わりました。
Posted by YOOMI at 2013.02.20 22:18 | 編集
温泉LOVE☆虎 さん。

はじめまして。
近畿の温泉中心にたくさん廻られてますね~!

>取得してから活動するにはどうしていけばいいですか?

特に活動はしてないです^^
行きたい温泉にたくさん行くこれが一番かと!

野半の件、ありがとうございます。
私も復帰の日を待ちわびております♪
Posted by YOOMI at 2013.02.20 22:21 | 編集
☆arie☆ ちゃん。

こんばんは^^
ココのお宿と共同浴場セットで行ってみてください。
arieちゃん好きそう~な感じデス!!
ご飯も美味しかったよ。
Posted by YOOMI at 2013.02.20 22:23 | 編集
こんばんは。

拙サイトのトップページの写真ですでにお気づきと思いますが、私も昨秋に那須湯本を
訪れ、その際に泊ったのが新小松屋さんでした。
青磁色の温泉はもちろん良かったですが、食事の方も品数はさほど多くはないものの、
YOOMIさんが紹介されたようにとても美味しく、何より鹿の湯に近くてリーズナブルと
いう点が最高でしたね。

共同湯については、インパクトの強さでは朝夕2回も足を運んだ鹿の湯ですが、河原の
湯も滝の湯もそれぞれ趣があって、拾いものをした気持ちになりました。
Posted by 単純硫黄泉 at 2013.02.21 00:00 | 編集
はじめまして。
那須に宿泊するところはあるので、なかなか宿泊する機会がなく、この共同湯に興味はあれど入る機会がなかったので
詳しく知れてよかったです~♪
滝の湯の前を通って老松温泉に入りに行くばかりで・・・。
いつか、入りたいです(笑)
Posted by みゆ at 2013.02.21 22:38 | 編集
私は民宿ますやさんに仲間と泊り鍵をお借りして共同湯に入らせていただきました。
新小松屋さんは通常日帰り入浴ができませんがこれを利用すれば入れるんですよね♪

http://www.tochigi-nigoriyu.com/guide.stm

今度は新小松屋さんに泊って湯めぐりしたいけどね~
お湯が肌にきつく当たるからな~
Posted by きよちゃん at 2013.02.23 14:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する