--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.23

栃木_老松温泉 喜楽旅館&那須高雄温泉 おおるり山荘

那須の温泉めぐり(つづき)です。
外湯巡りで、特にお気に入りとなった2湯

まず最初は、今回訪問を凄く楽しみにしていた超~~鄙び系の・・・

というか、今にも壊れそうな佇まいが、
・・・愛おしい。

(福島の二岐温泉 湯小屋旅館に初めて出会った時と
同じ衝撃がはしりました

【喜楽旅館】
P1180290_R.jpg
※上写真:浴室はこの家屋の階段を下りたところにあります。
側面がぼろぼろになって半壊状態でした。


屋根にはつららがぶら下がり、那須の木枯らしに吹かれて
1枚ガラスがカタカタ・・・と揺れます。
つらら_RP1180281_R.jpg
※写真右:那須の「珍湯」と書かれた石碑。自ら申告しているところもいい。


この辺りの温泉は酸性硫黄泉や明礬泉が多かったのですが
老松温泉はアルカリ性の硫黄泉です。
肌への刺激は少なく、とろ~んとした感触。
源泉は35℃ぐらいでしょうか、加温されています。
この木造の浴槽と乳白色の湯のコントラストが素敵!
P1180302_R.jpg
※分析表未掲載

窓の向こうは明るく、外は吹雪でした。
静けさのなか、雪見風呂を楽しみます♪
湯口_R老松はいる_R
P1180324_R_20130223182258.jpg
※上写真:湯船から観た景色。


浴室前の廊下を歩いていると突如、半壊部分に
洞窟のようなものがあったので、恐る恐る・・・そこをくぐってみました。
老松探検隊♪老松探検隊♪
母屋へ_R

すると・・・・
壁の隙間から源泉らしき、ぬるめの温泉が出ているのを発見!
周りは硫黄で白くなってます。家屋の中に居るとは思えない発見です。
岩の間から_R


次に訪れたのは。

【おおるり山荘】
那須温泉で何度か入浴した「鹿の湯源泉」とは、
また別の源泉「高雄源泉」をもち、違った浴感を楽しめました。
ここだけ、少し標高が高いためか、さっきまで晴れていた天候が
到着した時には突如吹雪に変わります。。
P1180366_R.jpg


開放感バツグンの露天風呂
真冬は湯温が39℃前後で、一度浸かったら二度と出れないぐらい
寒さとの戦いにはなりますが・・・・^^;
山を見下ろすような開放感が楽しめるんで、それも帳消し
P1180403_R.jpg
※源泉名:高雄温泉、泉温:40.1℃
泉質:含硫黄ーカルシウム・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉
PH:6.1 ※少し白濁した透明、硫黄の香り、肌あたりも優しい。成分総計:1330mg/kg 


露天風呂のすぐ裏には、「おおるり山荘」の源泉場
(宿が建つ前から「野湯」として存在していた所)があるため、
浴槽には、大きな湯華が混じった新鮮な湯が耐えず注がれます。
P1180415_R.jpg
※上写真:那須高雄湯川


塩ビ管の湯口からもドバドバと・・・
P1180378_R.jpgP1180373_R.jpg


露天風呂でも十分満足でしたが、
(極めつけ)更に感動したのは内湯でした。
長方形の広い湯船に豊富な湯(湧出量1000L/分で自噴している)
が掛け流されていているんです。
P1180367_R.jpg

どちらの温泉も湯、ロケーション、佇まいなど個性的で
那須の温泉を知るのに、いいきっかけとなりました。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンをぽちっとお願いします !
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

●「老松温泉 喜楽旅館」
住所:栃木県那須郡那須町湯本181 
TEL 0287-76-2235
営業時間:8:00~20:00
料金:500円(日帰り入浴)

●「高雄温泉 おおるり山荘」
住所:栃木県那須郡那須町湯本212-486
TEL:0287-76-6321
営業時間:10:00~21:00
料金:500円 (日帰り入浴)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/551-b80cf082
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
TVに出る場合、温泉ソムリエの資格とれば可能ですか
金さんはタレントに所属してるんですか?
教えてください。
Posted by 温泉LOVE☆ at 2013.02.23 21:59 | 編集
超鄙び系というか、一見、廃屋かと思っちゃいますね^^;

でも、おいらもこんな雰囲気は大好き!

那須の珍湯に入ってみたいな~^^

村ポチ☆


Posted by はたぼー at 2013.02.23 23:53 | 編集
老松温泉喜楽旅館にはまだ未入湯。
アルカリ性なら私の肌を優しく包んでくれるかな♪
次回の楽しみができました~

でも全壊にならないうちに行かないと(^^)

高雄の野湯はとても良かったのにな~
お湯はおおるり山荘のおかげで引き継がれていますけどね。
Posted by きよちゃん at 2013.02.24 09:03 | 編集
温泉LOVE☆ さん。

こんばんは。
私はご縁があってブログを通じてお声掛けいただいただけなんです。
事務所には所属しておりませんよ^^
Posted by YOOMI at 2013.02.24 22:59 | 編集
はたぼーさん。

>超鄙び系というか、一見、廃屋かと思っちゃいますね^^;
そうそう、そうなんです!
一見、廃屋ですよね!
でも、その見た目からは想像できないぐらいお湯は良かった♪
Posted by YOOMI at 2013.02.24 23:01 | 編集
きよちゃん。

老松の湯なら敏感なきよちゃんの肌には合うかもしれませんね♪
実は私も、強い那須の湯に何湯も入ったら首が真っ赤に
なっちゃいました。高雄の野湯、さすがですね!入ってたんだ^^
Posted by YOOMI at 2013.02.24 23:16 | 編集
野湯に目がないオイラ…
おおるり山荘の源泉場って浸かれるのだろうか(笑)
Posted by くまのプー at 2013.02.25 07:05 | 編集
老松温泉、東京にいた頃は通ってました。なんかえらいことになってる。。。今は福岡にいて九州の温泉まわってますが、自分のなかでは老松温泉が一番です!
Posted by deepfriedoyster at 2013.02.25 21:18 | 編集
初めてご挨拶させていただきます。

衝撃的な外観に驚き、初コメントさせていただきました^^;。

是非訪問してみたいです。
貴重なレポート、ありがとうございました(^^)v。

Posted by 現場監督 at 2013.02.27 00:01 | 編集
くまのプー さん。

たぶん、ぜんぜん浸かれると思いますよ!
段々になって小規模な湯川のようになっていました。

浸かるなら、もう少し暖かくなってからがお勧めです。
湯船から出ると、寒くて寒くて源泉場調査もできません(笑)
Posted by YOOMI at 2013.03.01 01:30 | 編集
deepfriedoyster さん。

こんばんは!
>>自分のなかでは老松温泉が一番です!
私もお湯は一番かなって思います。
あの佇まい、お湯質すべてツボに入りますね^^
Posted by YOOMI at 2013.03.01 01:32 | 編集
現場監督 さま。

現場監督・・・・いいネーミングですね^0^
ごくたまに、浴舎棟の玄関扉が開かなくなり
閉じ込められることがあるので、
要注意です!!( ゚Д゚)ノ 笑
Posted by YOOMI at 2013.03.01 01:36 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2014.07.30 15:15 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2015.08.02 02:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。