2013.05.14

鹿児島(屋久島)_屋久島温泉 JRホテル屋久島

屋久島で泊まったお宿。
3泊目までは、安価な温泉付きビジホや温泉宿を転々としていましたが、

最後の日だけは、(湯疲れ様会を兼ね)
ふんぱつしてオーシャンビューのホテルに泊まってきました。

「JRホテル屋久島」

屋久島でも歴史の深い「尾之間温泉街」の中に位置し
尾之間温泉の共同浴場へは車で1-2分、
湯泊温泉、平内海中温泉に行くにも車で十数分、とっても便利なロケーションです。
(湯泊に夜に星を見に行くのにも丁度よかった!)
P1220498_20130512093811.jpg
P1220502_20130514001328.jpgP1220499_20130514001358.jpg
※お宿のすぐ前にはモッチョム岳がそびえます。


エントランスホールは高い天井の吹き抜けになっていて、
1階には砂でつくったウミガメの飾りがありました。
南国のホテルらしいお出迎えに、ちょっと興奮
ロビーだよモニュメント
IMG_8668_20130514005613.jpg
※写真提供THANKS!!現場監督さん。


夕暮れ、と言っても午後7時ごろなんですが
海が一望できると言う露天風呂に行ってみました。
P1220394.jpg
源泉名:尾之間8号、泉質:アルカリ性単純温泉、泉温:34.7℃、PH9.7、
成分総計:302.9mg ※40℃弱ぐらい。ぬるめなのでゆっくり浸かれます。
※尾之間の源泉ですが余り香りは感じませんでした。微塩素臭、少しぬるつき。


マジックアワーじゃないけどね。
薄いピンクとブルーのグラデーションが一面に広がり神秘的な空間です。
島の夕暮れは、都会で見るのとはやっぱり違う
夕暮れ
きれいです。P1220410.jpg


朝は内湯の湯面と海が一体化して見えます。
P1220484_20130512093953.jpg

P1220478_20130514002904.jpg


余りにも空が広大で、しかも澄み切っているので
思わず数分無言でじっと見つめてしまいます。
P1220480_20130513222416.jpg


夕食もご当地ものを使った創作料理ばかりで、すべて美味しくいただきました
品数が多いので、中から少しピックアップします。

「チビキとキハダマグロのお造り」
とろとろでジューシーな「豚トロの燻製」♪
P1220425.jpgP1220433.jpg

鹿児島に来るといつも楽しみ「きびなご」の串揚げ
ふんわりお芋の風味の「紫芋うどん」♪
P1220431.jpgP1220428.jpg

朝ごはんにも、地元でとれたフルーツがいっぱい。
特産のたんかんジュースがまた旨いんだなぁ
P1220456.jpgP1220468.jpg

地元産の美味しい食事をたらふく堪能し、
東シナ海から太平洋に続く大海原を眺めながら、
ゆったりした時間をすごすには、最高のホテルでした。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加しています。
上の温泉ボタンを押してくださると嬉しいです

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆


「JRホテル 屋久島」
住所:891-4404 鹿児島県熊毛郡屋久島町尾之間136-2
TEL:0997-47-2011
料金:1泊2食(2名1室)15000円~、(日帰り入浴)1000円
営業時間:(日帰り入浴)15:00~18:00
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/575-a3ad4aa1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
思い切って奮発して癒されましたね(^^)v
それにしても天気に恵まれたようでなによりです。
日頃の行いが良いのでしょうね(^^)
Posted by きよちゃん at 2013.05.15 07:02 | 編集
きよちゃん♪

おもいきって奮発しちゃいました。
まあ、最後の日なんでいいかなと♪

日ごろの行いはさておき^^;
雨の多い屋久島で2日間とも天気に恵まれたのは良かったです。
Posted by YOOMI at 2013.05.15 23:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する