2013.05.12

鹿児島_開聞温泉

ここは、今回の鹿児島遠征で入りたかった一湯。

「開聞温泉」(かいもん おんせん)

ここ数年、機械の故障により休業されていて、
きっと今回も浸かることは出来ないんだろう。
とばかり思っていたのですが、

偶然、近くの共同浴場に立ち寄った際、
女将さんから、この温泉が去年の9月頃から再開していることを告げられ
早速行ってみました。

「今の時間だと、湯船の周りに寝転がってる人たちがいっぱい
いらっしゃるんじゃないかしら?(笑)」
と女将さん。

そう、こちらの温泉は常連の方々が湯船の周りに横たわるスタイル
(トドスタイル)が定着しているらしいのです。
P1210903.jpg


駐車場に地元の軽自動車が止まっているのを見てにんまり。
「ラッキ!やってる。」
P1210906.jpgP1210918.jpg
P1210902.jpgP1210913_20130512122531.jpg


夕暮れ時、オレンジ色の日差しが差す脱衣所。
そこらじゅうに、あの、名物の「張り紙」が
P1210895.jpgP1210893.jpg
P1210899.jpgP1210900.jpg
写真2段目左:読んでいたら、笑えるものから中には心にグッとくるものもあります。



お風呂の中まで、ほら!
ぺたぺたと、張り紙^^
P1210880.jpg


「みなさま、ねんねする所はここ。どこでも、ねませんよ。
せまいから、仲良くここにね。」

と書かれています。どうやら、ゴロリンする場所についての指示なのでしょう。
P1210873.jpg


黄土色に輝く湯
壁も黄土色に色がついているのが、また年月を感じさせます♪じゅる・・・
P1210844_20130512125653.jpg
源泉名:開聞温泉、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:70℃
(浴槽内はかなり温めで40℃弱ぐらいでした。)、pH6.2、成分総計:5.558g、
黄土色、濃いめの塩味、金気臭 ※分析表非掲載のためパンフレット参考。



湯口のバルブが数時間、閉まっていたのでお湯はかなり温めでした。
お湯は(肌にピリピリするような刺激はありませんが)濃厚な食塩と金気の特徴を感じます。
P1210853_20130512124217.jpg
P1210851.jpgP1210887.jpg


「あ、あれが食べたい!」
と思った時に食べる「あれ」が、いつもに増して幸せに感じるように

開聞温泉は「入りたい!」と心に抱きながら湯めぐりをしていて
実際浸かることが出来たので、その満足感は大きかったのです。

・・・余りに嬉しすぎて、
脱衣所に忘れ物をしたというエピソードは内緒で( *`艸´)

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加しています。
上のボタンを押していただけると励みになります

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「開聞温泉」(かいもんおんせん)
住所:鹿児島県開聞町岡児ヶ水1446
TEL:0993-35-0457
料金:300円
時間:10時~18時
定休日:不定休
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/577-1b73323c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
よねっすー
えっっ 再開しているのですか!! それはうれしいですねー。
以前泊まった開聞荘とここはすばらしかったので、なくなっちゃったときはすごくさびしく思ったものです。
レポートありがとうございます!!!
Posted by よね at 2013.05.12 18:32 | 編集
ん~近くのペンション菜の花館の混浴露天風呂にばかり気をとられてここは取りこぼしてるな~
今度行くときまで営業してるかな?
Posted by きよちゃん at 2013.05.12 20:18 | 編集
名物の張り紙は以前のままですね。
中には意味のよく分からない文章もあったりしますが…(笑)

ココ独特のトド寝スタイルは面白いですよね。
湯舟の渕を枕にして、足は壁に持ちあげるスタイル…(男性だけかな?)
オイラも地元の方を真似てやってみました。

(YOOMIさんのトド寝画像が無いのがちょっと残~念!…笑)
Posted by くまのプー at 2013.05.13 06:18 | 編集
よねさん。

そうなんです。再開されていたんですよ!
どうやら、故障が直ったとか。
Posted by YOOMI at 2013.05.13 21:01 | 編集
きよちゃん。

ペンション菜の花館の混浴もいただきましたが、
開聞温泉とお湯の質感は似ていました。
ペンション菜の花館の方がピリピリするぐらい塩分が濃かったです。
Posted by YOOMI at 2013.05.13 21:03 | 編集
くまのプーさん。

> (YOOMIさんのトド寝画像が無いのがちょっと残~念!…笑)
オーバーフローしていたら、やっちゃおうかな♪って思ったけど(笑)
こちらの温泉のトド寝シーンは結局見ることが出来なったんですよね。
ぜひ、見たかった(><)
Posted by YOOMI at 2013.05.13 21:05 | 編集
2014.7.16
開聞岳登山の後、行きました。現在も続いております。
状況も変わらずですが。おじさんがいないので、500円を番台に置いて来たよ。
入っている人々に、おじさんがいないことやちょうどがないことを言っても会話は成立せず^^;
Posted by へたれランナー at 2014.07.16 15:50 | 編集
へたれランナー さん。

コメントありがとうございます。
そして、ご返信が遅くなりました!
開聞温泉行ってこられたのですね!
わたしが行った時も、番頭さんはご不在でした。

鹿児島弁なまりの常連のお母さん達とおはなしするのは
すごく楽しかった記憶です。
独特な雰囲気の浴室なので、これからも続いて欲しいですね^^
Posted by YOOMI at 2014.08.05 08:31 | 編集
こんにちわ。
開聞温泉の記事を探して辿り着きました。

家の地元でよく行きますが、かなり面白いですよね~~☆管理人のおばちゃんと仲良しです♪
Posted by アンジェラ at 2014.08.07 10:33 | 編集
アンジェラ さん。

こんにちは!コメントありがとうございます。
壁の落書きが何とも言えないいい味出してます♪
開門温泉が近いなんて、羨ましいです★
Posted by YOOMI at 2014.08.10 19:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する