2013.07.06

もっきりや、合宿へ!

無駄をはぶいた一汁一菜!!
「来るなら来て見ろ もっきりや」

秋山郷の山の中にある、小さな民宿さんです。

なぜ、一汁一菜かというと・・・
天候や労働の厳しい土地で、きのこや山菜を採りながら生活する秋山郷の人々
の暮らしを少しでも感じとって欲しい、そんなご主人の思いからだそうです。
もっきりや1
もっきりや張り紙P1250326.jpg


和山温泉仁成館さんの対岸にあるお宿へは、
貨物用の野猿にのって10mぐらいの高さがある谷を渡って向かいました。
P1250309.jpgP1250308.jpg
「ひー、怖い
やえん


夜は仲間たちや、新潟からいらした横のお客さんたちと乾杯♪
もっきりやは、他の旅館とは違って「勝手にやっといてね」というのが基本方針なので
(自活の精神??)初対面であってもお客さん同士の連帯感が強くなる気がします^^
かんぱーいおかずいろいろ
たけのこごはんP1250344.jpg
※2段目写真左:もっきりやご主人が作る竹の子ご飯&野菜炒め。男の料理だけど味は繊細!
※1段目写真:仁成館さんからの、いなり寿司や蕗(ふき)の差し入れ。ありがたい!

ああ・・・既に一汁一菜を越えちゃった!

もっきりやさんのお風呂は「浴槽の中に浴槽」!!
ちょっと変わってます残念ながら温泉ではありませんが、
夜は静かで河鹿のBGMが流れ雰囲気は抜群です。
P1250411.jpg

なんだか、とっても濃い一日でした。
1泊2食3000円では絶対味わえない内容だと思います^^;

そのほかに秋山郷付近で廻った温泉♪


★和山温泉 仁成館さん
朝風呂は、また貨物用の野猿に乗って仁成館さんのお湯に浸からせていただきました。
ここで半年ぶりにご主人と女将さんに再会。
半年前の記録(http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/blog-entry-519.html
お二人が温かいから、ここに集まるお客さんもみんな温かい。
第2の故郷へ帰ってきたような・・・他の宿では体験できない独特な空間に毎回心が和みます。
じんせいかん
P1250389.jpgP1250396.jpg
※和山温泉のワンコたち。「おー!君達も元気だったかい



★兎口温泉 植木屋さん(ここだけ、新潟県です!)
舐めるとめちゃくちゃしょっぱい、33.4℃ぬるめ、加温43℃熱めの塩化物泉。
析出物でコーティングされイボイボになってる湯船が味があって渋いです。
前回電話でフラれて、やっと入れました。
P1250202.jpg
植木屋さんP1250200.jpg
※源泉名:庚申の湯、泉質:ナトリウム-塩化物泉、泉温:33.4℃、PH:7.3、成分総計:16020mg/kg


★野沢温泉 真湯
扉を開けた瞬間、強い硫黄臭が漂います。
ゆもみすると、黒と白の無数湯花が舞い、エメラルドグリーンのクリアな湯が
あっという間にグレー系のグリーンに一変するのが素敵でした。
P1250167_20130705005009.jpg
P1250177_20130702232721.jpgP1250175.jpg
※大量の湯花で、もしゃもしゃ。
※源泉名:真湯源泉、泉質:単純硫黄泉、泉温:60.3℃、PH:8.3、成分総計:775.5mg/kg


★百合居温泉
プレハブ小屋の温泉。微かなアブラ臭と浴槽から溢れるお湯が良い。
常連さんの中には、昔より臭いが弱くなったおっしゃる人もいらっしゃいますが、
この辺りで最も個性的、且つ大好きな一湯。
P1140430.jpg
ゆぐちぷれはぶ
※源泉名:百合居温泉、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:49.8℃


★上野原温泉 のよさの里
新湯ノ沢温泉の引き湯。鳥甲山と対面するような絶好のロケーションです。
P1250433.jpg
※源泉名:新湯ノ沢温泉、泉質:ナトリウムーカルシウムー硫酸塩泉・塩化物泉、
泉温:63.1℃、PH:7.7、成分総計:1457mg/kg


★逆巻温泉 川津屋さん。
洞窟風呂は、完全予約制みたいです。
この日たまたま空いていたので入れていただきました。
43℃で熱めで中の熱気が充満していました。硫酸塩泉独特のすべすべ感があります。
P1250236.jpg
※源泉名:逆巻温泉蛇の湯、泉質:ナトリウム・カルシウムー塩化物泉・硫酸塩泉、
泉温:33.4℃、PH:8.0、成分総計:1123mg/kg


今はもう閉鎖されていますが、
一応、こちらの状況も見てきました^^
securedownload.jpg

おやすみなさいませ。
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンを押してね
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/594-dd101037
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
沢山巡られて楽しそうですね~♪

気になるコトがひとつ。。。


野猿は、体重制限あるのでしょうか?
Posted by くまのプー at 2013.07.06 09:19 | 編集
くまのプー さん。

>野猿は、体重制限あるのでしょうか?
たぶん、体重制限はないのだと思います!
そもそも荷物用だということなので^^;
野猿からの川と山の眺めは最高でしたよん。
Posted by YOOMI at 2013.07.10 00:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する