2013.07.31

岩手_見立の湯(野湯)

7月は、何かと忙しくてあっという間に過ぎてしまいました。

2週連続でBBQがあったり、灼熱の太陽の下ラウンドしたり・・・
いろいろありましたが、自分なりにとっても満足のいく月となりました^^

岩手県にも行ってきましたよ。

前から気になっていた岩手県 西和賀町の野湯「見立の湯」
旧鉱山職員宿舎の跡地だそうで、山の中にはコンクリート製の立派な浴槽が残っていました。
P1250974.jpg


よし、いくぞっ!!
この獣道からスタート
P1260084_2013073123475791e.jpg


登山道から10分ぐらい歩きます。
道はとっても歩きやすく藪こぎしたのは最初だけでした。
この時期の山の空気は格別!わたしにとって最高のリラクゼーションになります。
P1250978.jpg


徒歩10分ぐらい。遠くから見下ろすように右手に湯船が見えました。
「あった~ 
予想以上に早かった到着に感激。嬉しさの余り登山道を小走りで降ります♪
P1250990.jpg


湯船に辿り着くと、鮎釣りのお父さん二人がちょうど温泉から出て
荷物をまとめていらっしゃるところで、私を見て少しびっくりした表情で
話しかけてこられました。

「こんにちは~。あれ、ここどうやって知ったの?」
「いや、、、、知り合いから聞きました^^;」
「俺らちょうどあがったとこだから、ゆっくりしてきなさいね♪」

何はともあれ、優しいお言葉に感謝


湯船は思っていた以上に清掃されていて、快適な野湯にちょっぴり感激です
2つに仕切られた湯船の一方には40.2℃の適温の温泉が、もう一方には
沢水と温泉が混ぜられており、身体を冷ますのに良い28℃になっていました。
P1260079_20130731232900d77.jpg
※泉質:アルカリ性単純泉(?)無色透明で殆ど無臭ですが、少しだけ石膏っぽい香りもします。



どちらの湯船にも、ひたひたに溜まってるぅ❤❤
P1260074_201307312327376c9.jpg


真夏に入る40℃の湯は熱めですが、
隣の沢水と交互に入ることで、幾らでものんびりしていられる気持ちよさなのです。
P1260011.jpgP1260008.jpg



湯船に浸かりながら撮った一枚。
ここからは180度視界が緑です。あめんぼや虻も湯に浸かっていたりします。
P1260044.jpg



沢のBGMを聴きながら、緑に囲まれながらの入浴はこのうえなく幸せです。
P1260020.jpg


v(-∀-)v
P1260057_201307312307274e0.jpg

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンを押してね
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/602-19b65c61
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
緑の森の中の湯舟いいですね~♪
すぐそばを沢が流れて、沢の音を聞きながら浸かれるのも癒されそうだな~♪

村ポチ☆
Posted by はたぼー at 2013.07.31 23:52 | 編集
夏場は虻や蚊が凄いと聞いていますが、大丈夫でした?
Posted by くまのプー at 2013.08.01 06:03 | 編集
はたぼーさん。

超リフレッシュしてきました。
やっぱり、自然に囲まれたお湯が好き(>▼<)
Posted by YOOMI at 2013.08.01 22:23 | 編集
くまのプー さん。

それがね、全然いなかったんです。
蛇はいましたよー!
それぐらい。どうしてだろう快適でした。
Posted by YOOMI at 2013.08.01 22:24 | 編集
見立の湯へいらしたのですか
よく見つけられましたね。

数年前、私も三度目の正直で探し当てて
新緑の季節に訪れました。

ダートな山道を登って行ったら突然地元の方が現れ、
どーやら山菜採りの人と勘違いしたらしく
「入山料を徴収してます」なんて言われましたが、
「見立の湯に行くんだもんね~」と言ったら、
「ほ~よく知ってるねぇ」と驚いていました。

もはや全国区の有名な温泉である事があまり知られて
いないようでした。

そして「クマに食われんなよ」と笑ってましたが、
その言葉にコッチは笑えませんでした。
Posted by 公家新之助 at 2013.08.22 21:10 | 編集
公家新之助さん。

コメントありがとうございます。
やはり地元の方とのやりとりがあったのですね(´∀`)
私の時も、あゆだったかアマゴだったか釣り帰りのお父さんが先客だったので
会ったときは、どこで知ったか興味津々で聞かれましたよ!

藪に入るところが少々見つけにくいですね。
誰かがきっと管理されているのか、とっても入りやすい清潔な野湯でした。
Posted by YOOMI at 2013.08.24 11:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する