--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.15

鹿児島_薩摩硫黄島_東温泉

活火山の硫黄岳に隣接するようにして100人余りの人々が暮らす

「薩摩硫黄島」

フェリーのデッキから眺めるその山は、まるで今にも噴火しそうな程の荒々しさ。
山腹の山肌は硫化水素ガスで黄色く染まり、白い噴煙を上げています。
P1310843.jpg


そして、乗船から約3時間。
薩摩硫黄島の港は(鉄泉でしょうか?)海から湧き出る温泉で一面オレンジ色
に染まり海の青さと混ざってグラデーションになっています。
島に着いて早々の感動シーンです。
P1310478.jpg



船のデッキからは島の方々が太鼓を叩いて来訪を迎えてくださるのが見えます。
予想外の歓迎に心が暖かくなります。
P1310486.jpg



荷物を下ろしたらあの温泉へと向かいます。
弾むような軽い足取りで^^
P1310617.jpgP1310618.jpg
※写真左:お宿から借りた車



島一番、いや・・・国内一と言っても過言ではない
絶景を極めた温泉「東温泉」
3つの丸い岩風呂が大海原へとせり出すように並んでいます。
たて
※泉質:強酸性の明礬泉?(PH:約1.2)、強烈な酸っぱさ+少し渋さ
☆特記☆ 味は北海道の恵山温泉の酸味をもっと強くした感じです。
※上の浴槽:54.4℃、中央浴槽:42.8℃、下の浴槽:39℃(実測)



実はこの東温泉、強酸性なのでお湯に浸けかって5分もすると
肌や傷口がピリピリとして刺激を感じるのですが、そんなことが気にならないぐらい
周りの景色に気を奪われてしまいます。だって真正面は180℃海のパノラマ!P1310571.jpg



一番上の浴槽には源泉が直接流れこむため熱くて入れませんが、
そのうち半分は少し溜めて冷めてから浴槽へと注がれます。
で、その他は海へと捨てられるんです。
温泉が混ざった海は、ほら、淡い緑色に!これも神秘的な光景です。
P1310591.jpg海に入り混じる温泉


「大海原を独り占め
P1310551.jpg


お湯は透明ですが、少し緑っぽく見えます。
超より


足を浸けると底の足先までくっきりと見える透明度です。
P1310609.jpgP1310596_2013101521275857b.jpg
P1310613_20131015215359d6b.jpg


本土と比べると日差しは圧倒的に強く、日没までの時間も長いような気がします。
光が水面にキラキラと反射して綺麗でした
P1310583.jpg


この温泉ほど、なかなか上がりたくない衝動にかられる所は
ないのだと思います。

どれだけ入っても、「あともうちょっとだけ、このまま居たい。」
って、ついつい欲が出てしまうから。

島訪問、1日目。
感動続きのスタートダッシュでした。

,。・:*:・゚ '☆,。・:*: ☆.。.:*・°
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 
 ブログランキングに参加してます!
応援よろしくおねがいします。
,。・:*:・゚ '☆,。・:*: ☆.。.:*・°
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/626-57a1586c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
心配した台風も通過してお天気にも恵まれて良かったですね。

それにしても景観が素晴らし過ぎ…見入ってしまいました。

PH:1.2とは凄い強酸性! さぞかし全身殺菌ができたことでしょうね(笑)
Posted by くまのプー at 2013.10.16 16:41 | 編集
くまのプー さん。

ただいまですヾ(〃゚ω゚)ノ☆
低PHで全身殺菌されて帰ってきました!
1時間以上浸かっていたから、お肌がガサガサになるかと思ってましたが
意外に大丈夫でした。

お天気には恵まれて本当に良かったです。
楽しみにしていた東温泉が☂だったら、あの綺麗な青空も見れないし
透き通った緑色も見れないかもしれないですよね。感謝!感謝!
Posted by YOOMI at 2013.10.16 23:43 | 編集
東温泉♪
私も今までに入った中では一番印象に残っている温泉です。
穏やかな天気のいい日に入るのはもちろん最高ですが荒れた天気の中での入浴も迫力満点で楽しかったですよ(^^)
Posted by きよちゃん at 2013.12.15 16:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。