2013.10.16

鹿児島_薩摩硫黄島_穴の浜温泉

「海の底から温泉が湧いていて、一面ミルク色になってるの。
 一見の価値はあるから行ってみるといいわ。
 温泉が砂浜に顔を出すのは干潮の午前7:54前後一時間だけだから浸かれればラッキーよ!」




女将さんが電話で話していた「一面ミルク色」という言葉が頭から離れなかった。
何とか、その光景を見てみたい。そして温泉にも浸かってやるゾ!!
島について二日目の早朝、眠たい目を擦りながら現地へ向かってみた。

「穴(ケツ)の浜温泉」

平家城展望台へ行く途中の道を少し折れると「穴の浜温泉」と記された壺があります。
これが入口の目印。ここから徒歩1分の広場へと下ります。
いりぐち


温泉で海が一面ミルク色に。
目の前にあるのは、まさに女将さんが話していたミルク色の海だったのです。
ミルク色とブルーのグラデーション。それは今までに見たこともないような神秘的な光景!
ぷかぷかと波乗りするウミガメの姿も見られまさに別世界なのです。
海のみるく
P1310745.jpg穴の浜入口


海が見える広場からは、昨年末、島民の方々の手で造られた道を辿って
温泉が湧き出る海岸へと下っていきます。
この道ができるまでは藪こぎをしなくては海岸へ下りれなかったそう。
新しい道


AM6:00
水平線から朝日が上ろうとする瞬間、シャベルを持って掘る場所を探します。
P1310705.jpg


穴の浜温泉では海岸の至るところに温泉が湧いており、
石を退けると砂の間から60℃ぐらいの熱い湯が湧いてきます。
場所によっては、自然湧出している場所もあります。
P1310735.jpg
※温泉が気泡となって湧いている。



思いのほか岩盤が硬かったのと、波が高く掘ってもすぐに水没してしまうことで
なかなかスムーズに湯船をつくることが出来ませんでした。
そして、奮闘してながら約40分経ち・・・




穴の浜温泉♨ 手造り露天風呂 完成~~(*^^)v
やりました~!温かいお湯が湧く自分だけの湯船が完成したのです。
やや浅いのは愛嬌で☆
できた!


AM6:40
初入湯!ようやく出来た湯船に入ります。感動の一瞬。
(浸かってるより掘っている時間の方が長い?・・・ですよね
けつのはま


砂浜をたったの10cm~5cm手で掘ると地面がとっても熱い。
だから、波が被ったってまた掘ればいいんです。
P1310733.jpg


温泉は特に強い香りなどはなく、塩化物泉のように肌にペとペとする感じもありません。
''さらっとした感触の熱い湯'' の印象でした。
穴の浜


この日の朝の出航がなければ、干潮の時間ピンポイントに訪れ
もう少し、簡単に掘られたのかもしれません。

しかし、フェリーとの時間合戦はある程度想定内だったので、
干潮時間よりもかなり前倒しで訪れなくてはいけず・・・・
とにもかくにも、掘って掘って掘りまくりました。

今から振り返っても「穴の浜温泉」は、薩摩硫黄島で廻った温泉の中で
最も体力を要した温泉だったのだと思います(^^;)

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンを押してね
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/627-cc0e8dc0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
一瞬、まぁなんとお下品な温泉かしらと思っちゃったぢゃない…(*´ェ`*)ポッ

だいたいの察しがつくと思うからあえて触れないわw

ぢゃ、またね!
Posted by にゃんこ at 2013.10.17 19:26 | 編集
ミルク色とブルーのグラデーション…直に見るともっと綺麗なのでしょうね。

ココにも常設の浴槽を造ってくれないだろうか…
掘ってまで浸かる気力が無くなりつつある「ジジイ」です。
Posted by くまのプー at 2013.10.18 13:52 | 編集
にゃんこさま。

お久しぶりです。
あ、ルビふらない方が良かったかしら(^^;)
あとはご想像にお任せするわ!
Posted by YOOMI at 2013.10.20 11:57 | 編集
くまのプー さん。

>>掘ってまで浸かる気力が無くなりつつある「ジジイ」です。
ここウケちゃいました!結構体力いるんですよねー掘って入る系の温泉。
しかも、時間が限られているし。

穴の浜は、このグラデーションを見に行くだけでも価値があるかもしれませんよ。
直で見ると、声をあげてしまう程綺麗です(^-^)海のミルク万歳!
Posted by YOOMI at 2013.10.20 12:00 | 編集
私が硫黄島に行ったときには道はなく行けなかった所。

今度もしまた行く機会があれば必ずスコップ持参で行こうと思います(^^)
Posted by きよちゃん at 2013.12.15 16:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する