2013.10.20

鹿児島_薩摩硫黄島_坂本温泉

干潮になって、
湯船が顔を出す「坂本温泉」


絶えず大量の湯が底から出ているのと、予め岩造りの湯船があるため
干潮ぴったりでなくとも、ある程度潮が引けば浸かることができます。
(お湯自体が熱めなので、むしろ海水がブレンドされている方が適温かも!)
坂本海岸


坂本温泉付近の海岸から臨む夕日!
こんなにまん丸で真っ赤な夕日は見たことがありません。
本当に、本当に綺麗でその場で立ちすくんじゃいました( ;∀;)
IMG_0096.jpg


この時は、ご覧の通り、坂本温泉は未だ海の中・・・
「早く出てきて~」と、心の中で叫びながら湯船が出てくるのを待ちました。
P1310656.jpg


そして待つこと、約30分・・・・
うっすらと、二つに仕切られた石の枠組みがみえてきます。
待望の湯船登場です!!!
P1310657.jpg


水面と、湯船の高さが水平になったその瞬間浸かってみました。
手前の湯船は、ちょうど37℃ぐらい。ちょうどぬる湯の温度です。
手すりの近くに1ヶ所、大量に熱い湯が湧出している部分があるのですが、
その付近だと海水と混ざって、丁度40℃を超えるぐらい。かなり温かいです。
坂本はいった


足元にワカメや藻が舞うワイルドな温泉!足元はぬるぬる(わらわら)しています。
なんだか、見た目、北海道の「水無海浜温泉」を思い出しませんか?
たて (2)

いろいろ自然の混在物があるので、温泉としての快適さは余りありませんが、
波が打ち付けるたび、覆い被さってくる海水を肌で感じながらの入浴は
自然と一体化しているようで、なかなかのものでした。

薩摩硫黄島の旅・・・まだまだ続きます♪

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンを押してね
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/629-2433082b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
波間の湯茜(長崎県 小浜温泉)よりさらに海の近くにあるね!というより海そのものでもあるね!!
Posted by なかおっち@長崎 at 2013.10.22 01:21 | 編集
なかおっち@長崎さん。

「波間の湯茜」いいですね~!
ついつい、動画を撮ってしまったほどワイルドでした。

坂本温泉は、波除けの囲いがあるので、意外と波は穏やかに感じ、
よりワイルドに波が打ち上げてくる感じは、「波間の湯茜」のほうがあるかもです。
Posted by YOOMI at 2013.10.22 17:37 | 編集
先日、硫黄島「島宿ほんだ」さんで御一緒させて頂きましたハゲ3人組の中の一番強面の者です!(笑

「東温泉」で検索したらhitしたので「もしかしてあの方では?」と思い拝見させて頂きました~

いや~半端じゃない位に世界中を温泉巡りされてますね!
読んでいて楽しかったです。

久しぶりに達人に会ったと思いましたよ(笑

我輩、熊本の山鹿温泉郷(特に平山温泉が有名ですが)に住んでおりますので、いつか熊本にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。
秘湯ではありませんが、地元民しか来ないコアな場所もありますので・・・

当方も先日の旅行記をUPしておりますので、よろしければ是非御覧下さい!(まだ途中ですが

ブログ「ぷち怒涛」↓
http://gotu.exblog.jp/
Posted by ごつ at 2013.10.22 20:52 | 編集
ごつさんへ。

どうも、先日は楽しい時間をありがとうございました!
まさか見つけてくださるとは・・・びっくりしました。

早速「ぷち怒涛」拝見しましたよー。
坂本温泉のシーンで「この日の干潮は真夜中になるのであえて入浴?を強行することにします!」
と言ってるのと、強行入浴している写真が良かったです。
私は、結局、3人が入られた後に入浴しました。
硫黄島は、滞在時間が限られるのと干潮時間との兼ね合いで温泉に入るのも駆け足になっちゃいますね~

山鹿温泉卿にお住まいなんですね!周辺の熊本市や菊池市の温泉には幾つか行ったのですが、
まだ山鹿の温泉には入ったことがないので、ぜひ行ってみたいです。
地元民しか入れないコアな温泉も良いですね。その際はヨロシクお願いしますね♪

引き続き、ブログ楽しみに拝見します~!
Posted by YOOMI at 2013.10.23 13:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する